ゴロゴロしあたー
<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
まりも●
b0047061_1929328.jpgいただきものの北海道のお土産まりも。
かわいい・・・。
お世話の仕方とか検索したら、夏場は冷蔵庫に入れておくのがいいらしい。
今のところ、昼間はリビング、夜間は寝室、と毎日涼しいところに移動中。流浪のまりも。
1~2週間に一度、お水を入れ替えてそーっと手洗いしてあげるといいらしい。がんばる。

ところでロンドン五輪の開会式、再放送で見たけど、聖火台がよかったなぁ。
ポール・マッカートニーの生演奏&生歌声も、イギリスありがとーって感じ。エリザベス女王がボンドガールになったらしいけど、そのシーンは見損ねた。ミスタービーンは数分だけ放送してくれた。
どうもピストルズやらクラッシュやらのブリティッシュパンクが流れたらしいけど、それも聞き逃した。
やっぱり衛星生中継とかで見るべきなんやろうなー。
あと選手入場の各国の衣装見るの楽しかった!クウェートの衣装が気絶しそうなほどかっこよかったし。

[PR]
by bi_ka | 2012-07-29 23:28 | 日記+その他 
20世紀少年<最終章>
第一章と二章は劇場で観たけど、最終章はけっきょく劇場まで行けませんでした。
で、今になってやっとレンタルで観た!
ネタバレ含みます↓

劇場公開当時、ともだちの正体が原作と違うとかなんとか噂で聞いてたけど、結局どうなんだろうあの終わり方は。
確かに違うとも言えるし原作通りとも言える。ていうか・・・フクベエが子供の時に本当に死んでた設定になっててショック。
ともだちの正体設定に関して言えば、原作のほうがドラマチックだと思う。映画版は、カツマタ君が少年時代から現在にいたるまでイケメンなのが特にダメ。あのレベルの美少年、完璧に勝ち組でしょうが!

エンドロールの後、バーチャルアトラクション(VA)でケンヂがカツマタ君に会いに過去にいくシーンがあるけど、あれはかなり微妙だと思う。リアルタイムで原作を楽しんできた私としては、VAの設備は本当にバーチャルなだけのツールとして受け取っていたので、映画ラストでさも本当にタイムスリップしたかのような設定になっているのは、それまでの物語を全て否定しているように感じていやだった。
仮にタイムマシンじゃなく単なるバーチャルマシンである設定ならば、なおさら少年カツマタに会いに行く意味がないよ。ケンヂの自己満足にしか見えないあんなシーン入れるなよー。

人間誰しも、過去に戻ってやり直したい苦い体験をしているはずで、本当にやり直してしまうなんて興ざめもいいところ。
色んな体験をして成長していくのが人間なのに、最終章のケンヂは最初から最後まで何がやりたかったんだか、よくわからないヘンな人止まりだった。少年カツマタに会いに行ったのも、決して謝罪したいからじゃなく、自分の為だったんじゃないかね?偽善者め!

そして2章でもっとも輝いていた小泉がまるっきりの脇役、その他大勢になり下がってて残念だった。カンナより目立ってたもんねぇ、さすがに最終章でも主役を食ったらまずいか。
でもボウリングの女王姿ちょっとでいいから見たかったな。

原作の中でもかなり好きなキャラだった万丈目。高須とのあれやこれやもキレイさっぱりカットされてたなぁ。挙句の果てにあの死に様。ロボットに押しつぶされてるのに誰も駆け寄ってくれないという。最後までチンピラレベルの扱いで、けっこう良かった(笑)

あと、撮影時にエキストラを募集していました。http://bika.exblog.jp/9511572/
なるほど、終盤のあのロックコンサートのシーンだったわけですな。早起きがいやとか言ってないで、やっぱり参加しておけばよかった。

[PR]
by bi_ka | 2012-07-26 23:20 | 映画(感想) 
ネイキッド 狩猟解禁
まーた性懲りもなくアルバトロス映画を借りてきやがった、家族が。

どんな内容か全然知らなかったけど、どうやら特撮系じゃなさそうなので、普通のドラマとして時間つぶし程度に楽しめればいいか、と思って鑑賞。
おおっ、すっごく低予算!しかも主役がとても微妙な美・・・人・・?

結果から言うと、嫌いじゃないです。
ちょっとダラダラしてグダグダになってしまったけど、悪くないと思う。
きっと、「よし!大自然の中を全裸美女が逃げ惑う映画を作ろうっ!」って思いつきでてきと~に作ったんだろうなって印象。

全裸美・・・女?がこれまた意味もなく狡猾で、設定に難はあるけど、アメリカの広大さを感じさせる山中でのお色気を楽しむ映画としては合格!男性視点だと合格じゃないかもしれないけど。
完全なるマッパ状態と、なぜか唐突に落ちてるボロボロのTシャツによるチラリズム?を楽しんでください、と言わんばかりの映像の数々。女性がTシャツを発見して大慌てで着込むところで若干ガッカリさせつつ、あるアイテムを作るためにそのシャツをビリビリにしてチラリズムを完成させるところとか、企画をした人が得意になってる様が容易に想像できるという。

エンディングがとても残念でした。完全に違う映画になってるし、キャラも変わりすぎ。
まさか続編を狙ったわけでもあるまいし、なんでもっとセオリー通りのエンドにしなかった!
見てる間なんとなく、ハル・ホルブルックのウィークエンドを思い出したのでした。
[PR]
by bi_ka | 2012-07-24 23:11 | 映画(感想) 
狩猟キリ番その2
b0047061_23503416.jpgモンハンG級クエスト★8個の「緊迫した渓流にて」
けっこう好きで気が向いたらやってるクエスト。
ナルガクルガ・リオレイア・ジンオウガの3匹が出てくるんだけど、宝玉系がけっこう出やすい気がする。そして何と言っても狩っていて楽しいモンスター。

その3匹がたまたまキリ番の狩猟数になったのでちょっと嬉しかった。モチベーションを上げるのが難しくなってきた今日このごろ、こういう些細な出来事があるとちょびっとアガル。

ちなみに次にやったグランミラオス、光炎の大龍玉が出てます。なぜかうちのグランさんはとても大盤振る舞い。9匹狩って5個出たという。エエ子や。
実際のところは、剥ぎ取り回数が多いからかな?まだ9回全部剥ぎ取れたことないけど(^^;

b0047061_2357349.jpg駄菓子菓子、ドボルベルク、テメーはダメだ。
まさかの尾骨が出なくてへこむ。上位素材なのに、レア扱いでもないくせに。
2匹同時クエストをまわしてるけど、ほんとーーーに出ない!尻尾はきっちり叩いて掘っての作業をしてるのに。70匹以上狩ったけど、多分これまでに出たのは1個だけ。尾骨出せ尾骨。
前作MHP3では仙骨に泣かされたけど、つくづく相性が悪い。
今回は仙骨たっぷり持ってるよ~10個以上ある。ドボルストーンもけっこう持ってるし。尾骨をゲットできたらいっきに作成が進むのにな。

写真はカプコンフィギュアビルダーシリーズのドボルさん。
可愛いともかっこいいとも思ったことはないけど、ズッシリしてて重厚感があって、フィギュアとしてはとても見ごたえがあって気に入ってます(^^)

[PR]
by bi_ka | 2012-07-17 23:50 | ゲーム 
アンストッパブル
レンタルで鑑賞。
予告編はものすごくハラハラドキドキのパニック大作!って感じだったのに、実際は意外にこじんまりした映画だった・・・。

暴走列車系の映画はたくさんあるし、かなり好きなジャンルなんだけど、今回は見事に裏切ってくれたな~。
暴走列車映画だと、古い作品になってしまうけど、カサンドラクロスが一番好き。やっぱりCGに頼らないのであらゆる創意工夫がなされていて、危険度も桁外れ。迫力が違いますよもう。

主演のデンゼル・ワシントンが渋すぎて、しかも見せ場もイマイチだった。
クリス・パインとのペアで世代交代的なストーリーをからめてたりして、ちょっと哀愁漂う家族ネタも盛り込んであるんだけど、どうもどれもこれも中途半端。

全体的に盛り上げ方がとてもへたくそだったと思う。
監督は誰やねん!・・・トニー・スコットかよ。映像にちょっとクセがあるけど平均的で無難な映画作りの人ってイメージ。そして今回は微妙にハズレの部類ですかな。90年代はいい映画連発してたのに。

一つどうしても突っ込みたかったのは、殺人急カーブ?スピードオーバーすると脱線するようなところ。あんな高架下に爆発物だっけ?可燃物がたくさん敷き詰められてるところはギャグかと思ったよ。
[PR]
by bi_ka | 2012-07-15 23:34 | 映画(感想) 
RED
ブルース・ウィリス主演の・・・アメコミ系?
公開当時を覚えていないので、鳴かず飛ばずな映画だったのかなぁ?

それにしてもOPクレジットを見てて思ったのは、出演者の豪華なこと!
しかもやたら渋くて、浮いた感じがこれっぽっちもないキャスティング。
残念ながら数日前にお亡くなりになってしまったアーネスト・ボーグナインも出てました。CIA資料室をジっと守り続ける古きよき時代の人。
真のヒロイン、ヘレン・ミレンもかっこよかったですな~。彼女が若かりし頃のロマンスネタはとてもいいアクセントでした。

肝心の主人公、ブルース・ウィリス・・・。どんな映画に出ていてもブルースはブルース、という点ではこの作品も同じだったけど、ブルースならではのかっこよさはあまり感じられなかった。
アクの強い人たちに囲まれてたせいもあるのかな?でも正直なところ、ミスキャストじゃないかとも思ったり。

全体的にオチャラケすぎているので、とても軽い。娯楽作品なのでそれでいいのかもしれないけど、もうちょっとハードボイルドな味わいも楽しみたかった。
[PR]
by bi_ka | 2012-07-11 23:54 | 映画(感想) 
三日月氷菓店
b0047061_23572536.jpg柏駅から徒歩5分くらいのところにあるかき氷やさんに行ってきました。

天然氷を使っている珍しいお店ということでけっこう人気なんだそうですが、私は全然知らなくて。
細い階段をのぼった2階が店舗なんですが、その階段にずらーっとお客さんの行列が・・・。
一人すれ違うのがやっとの細い階段、一段一段に人が乗っかってて、ちょっとオマヌケな光景が微笑ましかったです。もちろん私もそこに並びました。

かき氷なんてものすっごい久しぶりに食べました。
ちょっと珍しいほうじ茶味にしました。奥のほうにバニラアイスが入っていて、それがとってもおいしかったです。

店員さんがかき氷を一つずつ丁寧に形成していたので、お店の回転があまりよくないのでしょうな。店内もそんなに広くなかったし。
一山当ててやろう!的な気持ちで始めたお店じゃないのにキャパ以上のお客さんが来てしまっている、そんな状態なんでしょうかね?

[PR]
by bi_ka | 2012-07-10 23:56 | おやつ&B級グルメ 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧