ゴロゴロしあたー
<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
サイレント・ワールド セカンド・アイスエイジ
家族がレンタルしてきたのを便乗で鑑賞。なんでこんなのを借りてきたのか。
本編が始まる前の予告編集が猛烈にいっぱい入っていて、どれもこれもクソ映画ばっかり。ていうかアルバトロスやんけ。
アルバトロス映画、私が借りるとバカにするくせに・・・。私アルバトロス好きですよ?でもゾンビとか怪獣とか、完全にネタに走ってるクソ映画が好きなだけで、こういう一見まじめに作ってて駄作っていうのは許せない。

期待通りチープなのはさておき、どうも編集に違和感がある。テレビ映画なんじゃないかと思うけど、調べるのも面倒なほどのクソ映画。
完全にデイアフタートゥモローのパクリ映画だけど、作り手が違うだけでこうも変わりますか!

一点だけ良かったのは、子供がとてもお利口さんなこと。
子供が足を引っ張ってイラつく映画が多いのに、本作では登場人物中もっともマトモ。イイ子。勝手にどっか行ったりしない。子供という材料を上手く料理できなかっただけかも('A`)
[PR]
by bi_ka | 2012-05-30 23:12 | 映画(感想) 
28日後...
続編の28週後だけ先に劇場で観てて、今回1作目を鑑賞。
予想通り一作目を観てなくても続編OKな作りだったんだな、とあらためて思いました。
何のウイルスがどういう状況で発生したのか、というのだけが収穫。でもゾンビ映画なんだから、そんな事どうでもいいですよね。

主役がキリアン・マーフィーって途中まで気づかなかった。相変わらずカメレオン俳優。
髪の毛を切ってこざっぱりしたところで、お?とようやく気づいた。そして、ああまたダニー・ボイルとのタッグ作品だったか!と納得してめっちゃスッキリ。

音楽が大変印象深いですなぁ。続編もそうだったけど、一作目のほうが追い詰められ感が半端ない。
序盤の廃墟シーンがとても良いです。詩的。

お話の内容は思ってたのとかなり違ってました。
パニックものというよりはロードムービー?自分探し?っぽい。終盤はもはやゾンビ映画ですらなく・・。これが隠されたテーマなのかしら~。
って元々ゾンビ映画ではなかったのかもしれません。私の思い込みかも。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-29 23:17 | 映画(感想) 
ソルト
アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイアクション映画。

今さら感ただよう東西冷戦時代ネタか~。スパイ映画は冷戦時代が一番おもしろいとは思うけど、やっぱり古臭いというか陳腐ですな。
今の悪者トレンドはやはり中近東!核戦争なんていう壮大な情報戦争じゃなく、自爆テロ系。局所的。
もしくはネオナチのほうがまだリアルに感じたかな。アンジーがロシア人役やるならドイツ人でも何でもありでいいでしょう。

アクションシーンは・・・もっさりしてて凄腕スパイって感じはなかった。周囲がバッタバッタ勝手にぶつかって倒れていってくれたというか。カメラワークでスピード感を出そうとしたけどアンジー動けず、みたいな。
序盤の自作爆弾を作るシーンは面白かった。専門:爆弾、得意技:近接戦、みたいな紹介があったっけ。その後、爆弾スキルはあんまりいかされてなくて残念。ロシア副大統領暗殺の時仕掛けてただけかな?

レンタルDVDにもう一つのエンディングっちゅうのが入ってて観たけど、どっちでもいいや、みたいな。
本来のエンドのほうがアクション大作っぽい終わり方でした。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-16 23:52 | 映画(感想) 
シティ・オブ・ゴッド
なかなか良い映画だという評判を聞いていたので、観てみたいと思ってた映画。
人の命がゴミ同然。日本に生まれてよかった~。

構成がしっかりしてて重厚感のあるドラマ。
個人的に人の見分けがちょっとつきづらくて大変だった。特に少年時代は登場人物が多い上にみんな同じ顔に見えた(^^;
顔面が黒いから見分けが困難ってのもある・・・。

出演者がみんな無名の人たちなので、とてもリアルに感じます。演技めちゃめちゃいいんじゃないの!?人生投げてるくせに生命力にあふれてる感じとか、普通の役者に出せるもんかね。
小学生くらいの子供たちもたくさん出てたけど、あの子たちなんなの。もしかしてホンモノの人たち?現地調達のエキストラ?

ラテン系のせいなのか、重いテーマなのに意外と軽快な作風。
おもしろかったけど、繰り返して見たい類の映画ではなかったです。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-14 23:04 | 映画(感想) 
ゴシカ
ハル・ベリーのホラーもの。
おそらくタイトルはゴシックホラーから来てるんでしょうな。精神病院が舞台なのもいい感じ。
ところが、何もかもが妙に中途半端で、ホラーとしてもミステリーとしても微妙でした。

ハル・ベリーの頑張り演技が空回り。
ロバート・ダウニーJrなんかも出ちゃってますが、こちらも微妙。もっといい立ち回りというかキャラ設定があったでしょうに、と思う。

良かったというか面白くなりそうなワクワク感があったのは、ハル・ベリーが事故を起こすところまで。

設定もアラが目立ちますね。最後はキョトーンって感じ。
幽霊の存在が認められて裁判に勝ったということでよろしいので?
[PR]
by bi_ka | 2012-05-12 22:12 | 映画(感想) 
モンハン3G進捗状況
b0047061_1956493.jpg現在のハンターランク82。
ヤバイ、すれちがいのギルドカードを見たところ、ランクは100以上存在してるらしい・・・。

気づいたらクエストが増えてるので、ランクが関係してると思われ。ランク100になったら恐ろしいクエストが出るのかなぁ。
今出てるクエストでまだクリアしてないのは3つ。ベリオロス原種&亜種ペアの同時闘技場と、アグナコトル原種&亜種同時闘技場。あともう一個なんだっけ、、ナルガ&ベリオ+ナルガ亜種&ベリオ亜種の4匹同時闘技場だっけ?
モッサリ系の同時対決はだいぶコツをつかんだけど、動きが早いモンスター複数は厳しい。
オトモ2匹にはひたすらオトリと回復に徹してもらう。いよいよソロでスラッシュアックスクリアも詰んできたかな?頑張るけど。

b0047061_19581269.jpg勲章一覧。
真ん中二段は全部取ったどー!

残りは多分、クエスト全クリアと、最大金冠・最小金冠、竜職人のトンカチ。一つの武器種500回はスラッシュアックスでクリアしてるので今回は勲章ないっぽい。残りまだいっぱい空いててこわいー。


b0047061_2025934.jpg武器使用頻度一覧。
メインにスラッシュアックス、サブでハンマーで来ました。
その他の武器は主に闘技大会で仕方なく使用。
片手剣の使いやすさにちょっと感心しましたが、火力が微妙。ヘビイボウガンは愛用してる人すごいと思いました。扱いづらかった。

闘技大会で全部Aランク以上を取るにあたって、一番つらかったのは意外にもロアルドロス亜種。
時間の壁にはばまれ、慣れないライトボウガンでなんとかクリアー!もっとタイムを縮めようなんてこれっぽっちも思わないどころか、二度とやりたくない(笑)

[PR]
by bi_ka | 2012-05-11 20:09 | ゲーム 
ドッペルゲンガー
役所広司主演の邦画。家族が借りてきて便乗鑑賞なので、前情報とか何も知らず。
最後までどういう見方をすればいいのかわからなかった(^^;

ドッペルゲンガーを見たら死ぬという都市伝説は有名ですが、この映画そんな噂なんかそっちのけ状態。
かなり早い段階で役所ドッペルが出てきてビックリ。しっかりした一人の人格まで持ってる始末。
役所の一人芝居というか、ドッペル側のチョイワルが新鮮だったな。

どんどん話が展開していって二転三転、落としどころがわからないまま映画が終了。
最後までお尻がモゾモゾするというかなんとも落ち着かない作品でした。
とても低予算っぽいけど、邦画はこういうのをもっと作ればいいと思う。ハリウッドのマネは似合わない。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-10 23:24 | 映画(感想) 
シャーロック・ホームズ(2009)
ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウがコンビのホームズ映画です。

こ、これは・・・想像していた映画と全然違ってちょっとショックでした。
スタイリッシュで真面目、硬派な推理探偵ものと思ってたら、まさかのオフザケ映画。しかもホモ臭さが半端ない。
ホームズがカンフー映画よろしく武闘派でひっくり返りそうに・・・。ダウニーjrの演技もパっとしないというか、手抜き?
ワトソンってもっとモッサリしたおやじのイメージだったのに、えらく垢抜けちゃって。

キャラ設定や映画の方向性なんかは新しい切り口でもいいと思いますが、全体の作りが平板な感じがしてとーっても退屈でした。
たいした盛り上がりどころもないまま終わってしまって、満足感がなく、すぐに忘れ去られそうな映画って感じ。

近代ロンドンのセットは悪くなかったです。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-09 23:36 | 映画(感想) 
硫黄島からの手紙
かな~り長い映画だったけど、最後まで飽きずに鑑賞できました。
もはやイーストウッドの監督作品にハズレなしで間違いないですなぁ。ただ、ウッド作の中でもこれは平均的なレベルにとどまってると思うけど。

一つ難を言えば、役者のセリフが聞き取れない部分が多かったこと。早口でもきちんと発声できてる人もいたけど、ほとんどがこもっててダメだった。レンタルだから?劇場で観てたら大丈夫だったのかな?
この辺、イーストウッドにはわからない部分だっただろうし、ちょっと気の毒。

二宮のキャスティングは微妙にミスだと思う。観客が一番感情移入すべき人物なのに、家族を残してきて国のために玉砕するしかないというドラマが感じられない。丁寧に描かれているにもかかわらず。事務所パワーで無理やりねじこんだか、という穿った見方しかできず。

お話の内容で気になったのは、渡辺謙の役どころ。こういうアウトローな上司はかえって規律を乱す。独善的な行動は時として悲惨な結果になる。アメリカかぶれだったという設定なら大したもの。
そして米兵捕虜が持っていた母の手紙。あれは皆の前で読むべきものではないでしょう。明らかに士気が下がる。
当時ほんとうにこんな感情に流される指揮官ばかりだったのかと疑問に思ってしまった。

アメリカ人が太平洋戦争を日米両方の視点から描くっていうのは新しくて良いと思います。イーストウッドの着眼点の勝利。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-08 23:42 | 映画(感想) 
ザ・ウォーカー
思ってたよりもいい映画でした。ちまたの噂でイマイチらしいと聞いてたので、ハードルが超低かったのもあるかな。なぜか最後のオチだけ知ってた映画。

世紀末っぽいヒャッハーな世界観はいいですなぁやっぱり。
モヒカンにトゲトゲ装備ではなかったけど、けっこう近いものがあった(笑)
デンゼルの動きはかなり良かったですねぇ。隙のないキレキレアクション。おっさんになっててちょっとショックだったけど。

結局、悪ボスのゲイリー・オールドマンがあの本をそこまで欲しがる理由ってのが理解できなかったけど。
あれ、日本が舞台だったら仏教の本とか・・・古事記とか?聖書ほどの吸引力はなさそうかな。
でも世界の滅亡までいったら、最終的に行き着くところはやはり宗教なんでしょうかね。

一つだけ気になったのが、30年もウロついていたという設定。ゴーウエスト西へ向かえと言われ、いくら広大なアメリカ大陸といえども何往復もできてしまう・・・。ひょっとすると何周かしての当たりゴールだったんでしょうか。
なんとなくマッドマックスが観たくなる映画でした!
[PR]
by bi_ka | 2012-05-06 23:49 | 映画(感想) 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧