ゴロゴロしあたー
<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
nero/occhi@銀座
b0047061_21444484.jpgコリドーに以前あったオープンテラスの中華料理店が、いつの間にかイタリアンになっていた!

経営は同じ際コーポレーションらしい。
マンネリ打破かな?
内装はほぼ同じでした。

ハンバーグランチをいただきました。
b0047061_21462922.jpgちゃんとライスがあるのに、パンもついていた。
パンっていうか、もちもちしていて、フォカッチャみたいなの。
デザートみたいに最後にパンだけいただいた。
隣は冷製スープ。
nero/occhi(ネロオッキ)銀座コリドー街店
http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/a100486.html

[PR]
by bi_ka | 2011-07-26 21:49 | おやつ&B級グルメ 
ダーク・タワーIV 魔道師と水晶球(上・中・下巻)
キングのライフワーク、暗黒の塔シリーズ第4弾3冊、やっと読み終えた。
半年くらいかかったような気がするけど、体感的にはもっと長かった・・・。

とにかくタルい。陳腐なハーレクインロマンスでも読まされてるような感覚。タルイ。
とくに中巻がひどくて、老害ローランドの思い出語りはとどまるところを知らない。
しまいにはローランドとスーザンのカップルに嫌気がさしてきて、見たくない(読みたくない)のにグイグイ押し付けてくる。
とにかく過去のエピソードは重要だからと自分に言い聞かせ、2人の甘酸っぱい青春時代をクリアした。

カスバートとアランとの西部劇さながらのアクションシーンは飛びぬけて面白かったのになぁ。
カスバートかわいいよカスバート。
そして悪人側のほうが魅力的なのは相変わらず。
エルドレッド・ジョナスは特によかった。
いい感じの小物臭とバックグラウンド。悪人ながらも一本筋が通ってて若かりし頃のローランドとは大違い。わざと対比させてるのかな。

3冊終わった時の安堵感というか、開放感は並々ならぬものがあった。
間髪いれず続きに取り掛かったが、すでにもう上巻の半分まできた。とても面白くなりそうな予感。

[PR]
by bi_ka | 2011-07-21 23:02 | 本 
しばやま@新橋
b0047061_22552171.jpg新橋よりのコリドーにある沖縄料理店でランチ。

まったく沖縄らしくないハンバーグランチ。
クセのあるご飯とか苦手なんですよね…。
和食・洋食以外だと案外食べられるものが少ない(-_-)
付き合いだと普通に食べられるけど、すすんではちょっとね~。

で、このハンバーグ、たてにタワーみたいになって見た目おもしろく、お味もけっこう良かったです。
というか、ハンバーグ好きとしてなかなかのヒット味。

小さいけどデザートとドリンクもついていました。
沖縄料理・和風創作しばやま 銀座
http://r.gnavi.co.jp/g828100/

[PR]
by bi_ka | 2011-07-18 22:57 | おやつ&B級グルメ 
時をかける少女(2010)
ソニーのネットワークがハッカー攻撃を受けて使えなかったお詫びにPSPで映画が3本レンタルできると。
アイアンマンと時かけと鉄コン筋クリートだっけ?の3本。
たったの3日間しかDLさせてくれんっちゅうことで、見たことのあるアイアンマンは却下。

こんな新しい実写版が出てたのを知らなかったという。
原田知世演じる和子がすっかりおばさんになって、その娘が主人公という設定だった。
ちょっと前にあったアニメでは和子おばさんは独身を貫いていたと思うが。。。

主役の子がかわいいな~(^^)
なかなかいい感じに現代っこっぽくって、頭もそれなりに良さそうで、いいんじゃないですか、これは。
オリジナルの原田の学芸会演技に比べたら神。
時代を超えたせつない恋愛物語っていうのも普遍的で、よっぽどのことがない限りハズさないでしょう。

でも、ちょっぴり…成長物語としてはもの足りない。この春から大学生っていう年齢設定も関係してると思う。
大学生というと、心はともかく体はもう成長しきっていて、半分以上すでに大人ですから。
原田の時は確か中学生だったはずで、あの年頃の不安定感は映画のテーマとしては大きい。

あと時代背景。当時はたいへんな成長期で、日本の未来は明るかった。
学校も親も体当たりの熱い時代だった。
今はどうか。経済は衰退する一方でしかも少子化。若い人にとっては未来は暗い。
ついでに言うと、オリジナルは舞台が尾道だったというのが素晴らしすぎた。
今作は、世田谷やら新宿やら、はっきりいって味気ない。まったくない!

この映画がずっとあとになっても語り継がれるかというと、そんなことはないと思うし、少年少女がリアルタイムでこれを観たからといって、いつまでも心に残るかというとそれもなさそう。
心の原風景というのか、「時代感」というものが決定的に欠けているのは、今のご時世しょうがないのかなぁ。
ただなんとなく、いわゆる”時かけ”風の映画が観たいというなら、間違いなく楽しめる良心的な作品ではあると思います。

時をかける少女
2010年 日本
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信
[PR]
by bi_ka | 2011-07-09 22:33 | 映画(感想) 
叙々苑
b0047061_2053963.jpg銀座コリドーにある焼肉店でランチ。2回目。

この時期にお肉とかなかなかチャレンジャー。
きちんとトングを使ってよ~く焼いていただきました。

お昼休憩で焼肉に行くと、午後から煙くさいというか肉くさいのがちょっとこまる。
b0047061_2081569.jpgデザートのバニラアイス。
まわりがホワイトチョコでコーティングされていて、リッチなピノみたいな感じ。
叙々苑 銀座コリドー店
http://www.jojoen.co.jp/

[PR]
by bi_ka | 2011-07-02 20:10 | おやつ&B級グルメ 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
お気に入りブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧