ゴロゴロしあたー
<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
フォーガットン
予告編がすごく謎めいていていい感じだったけど、都合がつかなくて劇場で見逃してしまった映画。
当時は後悔したけど、のちに評判で劇場で観なくても良かった映画らしいと知りました。

オチも含めてなんとなく知ってしまってたんだけど、それにしても微妙な映画・・・。
ジュリアン・ムーアよくこの脚本で出演しようと思ったなぁ。
というか彼女が出ててこの内容は結構裏切られた感が強いです。すごく演技頑張ってたし、子を思う母の心情もよく伝わってきました。
でも脚本と演出ですべて台無しになってる。。。

ネタとしては悪くないと思うけど、見せ方が悪かったと思います。
雑っていうか、俳優の演技だけではカバーしきれない浅さ。
ジュリアンが途中で男性と合流して、更によさげな女刑事が出てきたあたりまではワクワクしかけたんですが。全くもって生かしきれてなくて、本当にもったいないです。
まぁでも90分という短い時間なので救われたような気がします。
この薄っぺらさで120分とかあってもつらすぎ。
いやー、それにしても予告のズルさをあらためて認識しました。

フォーガットン
THE FORGOTTEN
2004年 アメリカ
監督:ジョセフ・ルーベン
出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ
[PR]
by bi_ka | 2009-09-29 00:48 | 映画(感想) 
燃えよ!ピンポン
クリストファー・ウォーケンが出てるのでいつかは観なければなぁと思ってたあほ映画。
ついつい他の作品を優先させがちだったけど、ついにこの連休でレンタル。

思ってたよりも真面目でそんなにお下品じゃありませんでした。
何よりもスピーディーな卓球シーンがとても格好良いことに驚愕。
ピンポン球の動きはどう見てもCGなんですが、俳優さん達の真剣な演技のたまもので本当にそれらしく見えるんです。
数々の超人技を楽しめるという点だけでもなかなか見ごたえありますね~。

テーマが地味なら登場人物もさぞ地味だろう、と思いきや、地味に豪華なんですね、これが。
主役の人は知らないけど、ウォーケンを筆頭にヒロインはM:IシリーズのマギーQ、ほぼ一瞬に近いですがターミネーター2のロバート・パトリック、モータルコンバットで個性的で一番輝いていた悪役ケイリー=ヒロユキ・タガワ、そして最近ジワジワ来てるマシ・オカ。
決して派手じゃないけど味のある人ばかり。
主役の人もかなりおデブですが、顔つきが可愛らしいし性格設定も嫌味がなくて好感度高いです。
デフレパードのTシャツがメタボでパツパツ状態なのもじわーっときます。

楽しみにしてたウォーケンは今回もやっぱりキワモノでした。
衣装が豪華だったので見ていて楽しかったけど、ピンポン対決の時の動きが悲しすぎる。もう年だから仕方ないかぁ・・・。
最終的に卓球台を離れて発展していくところは奇抜でよかったです。どこにでもワンバウンドしたらいいルールって(笑)
大笑いするほどのネタはなかったけど、とっても良心的なファミリー向けコメディっておもむきです。

燃えよ!ピンポン
BALLS OF FURY
2007年 アメリカ
監督:ロバート・ベン・ガラント
出演:ダン・フォグラー、クリストファー・ウォーケン、マギー・Q、ジョージ・ロペス
[PR]
by bi_ka | 2009-09-23 21:44 | 映画(感想) 
貧血ですれちがい
久しぶりに朝の通勤電車で途中下車を余儀なくされるくらい、ひどい貧血に見舞われてしまった。いつもより10分ほど早く出たのに、30分ほど遅刻・・・。

途中の駅ホームのベンチに座ってひたすら耐え続けること数十分。
屋外のホームだったので吹きつける風が気持ちいい。というか冷や汗ダラダラのあとだったから寒い。

ちょっとずつよくなってきて、ふとDSのドラクエ9のすれ違い画面を開いてみた。
3人入ってたのでいそいそと取り込んで再びセット。
再度電車に乗り込むまでの間、数本やり過ごしたけど、そのたびに3人入ってて地味に楽しかった(笑)
電車に乗ってると同じ車両の近くの人しか呼び込めないけど、ホームだと通り過ぎる電車の人みんなとすれ違えてる?3人制限なしでどこまで呼び込めるか試してみたい。
[PR]
by bi_ka | 2009-09-16 22:59 | 日記+その他 
ウルヴァリン:X-MEN ZERO
公開2日目に観にいってきました。
Xメンシリーズというよりもっと単独ものと思ってたら、結構Xシリーズにつながるように作ってある感じがしました。
先週だったかな、笑っていいともでヒュー・ジャックマンが来ていました。
映画の宣伝のはずなのに番組最後のミニゲームに参加させられてて気の毒だった。ゲームにまぎれつつもタモリや他の出演者たちの中で巨人並に背が飛び出ていて目立ってました。

※ネタバレに触れています※

映画中、革ジャンを着たりバイクに乗るきっかけのエピソードがあってそのあたりが一番面白かったです。
全裸疾走シーンとか何かのギャグかと思うほどネタ的だったなぁ。

なんというか、真面目に作ってあるのにどこか変な空気でおかしかったです。
そもそもムサイおっさんがツメで兄弟ゲンカとか格好良くないんですよね。
兄弟2人がとても格好いいおじさんなのでかろうじてネタレベルに落ちてないだけで、よくまぁ最後まで引っ張ったなぁと思います。

内容は限りなく薄いです。これまでのシリーズでそれとなく匂わせていたイメージからそれほど広がってもいないし外してもいない。
極端にウルヴァリンかわいそう(;ω;)という感情もわかないんです。とにかく強すぎて死なないので、ハラハラドキドキは全くありません。
むしろ兄ちゃん(まさかのセイバートゥース?!)のフラグが立ちまくってて死んじゃいそうで、そっちのほうが心配でしたね~。途中から兄ちゃんのほうが好きになりました。
兄ちゃんは異様に輝いた目が印象的でした。見た目はパイレーツオブカリビアンに出てくるギブズ?にそっくり。

序盤の戦争と中盤のバイク対ヘリ、ラストバトルあたりはアクション映画として非常に満足できました。
ウェイドは変身前の戦闘をもっともっと見たかったです。
ガンビットは素敵なヘタレザコキャラ扱い。使い捨ての予感。
ヒロインが年増でどことなくジーンに似てるのは狙ってるのかなぁ。ウルヴァリンはもともと熟女好みだったのか今回の彼女のせいでオバ好みにさせられてしまったのか気になります。

スピンオフなのになぜか続編ができそうな感じ。
ヒュー・ジャックマンはよっぽどウルヴァリンが気に入ってるんでしょうかね。
エンドロール後のあのワンシーンは後味悪すぎます。ホラー映画かよ~。
どうせならお肌ツヤツヤのプロフェッサーを最後にもってきて欲しかった。ていうかプロフェッサー歩いてた!

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて

ウルヴァリン:X-MEN ZERO
X-MEN ORIGINS: WOLVERINE
2009年 アメリカ
監督:ギャヴィン・フッド
出演:ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー、リン・コリンズ、ダニー・ヒューストン、ライアン・レイノルズ
[PR]
by bi_ka | 2009-09-13 18:00 | 映画(感想) 
G.I.ジョー
この夏一番楽しみにしてたと言っても過言ではない映画。
終了間際ぎりぎりでやっと観ました。小さいスクリーンになってて音響もいまいちで残念すぎる。

ハムナプトラの監督なのでアクションレベルは期待して良さそうと安心してはいましたが、やっぱり格好よかった!
予告の感じではもっと真面目で硬派な作りと思ってたけど、実際は超おバカ映画でギャグ満載。
ここは評価が分かれるところかもしれませんが、私は良かったです。好感度アップ。
イムホテップ様が出てたのもびっくりしたけど、ブレンダン・フレイザーがチョイ役で登場した時は嬉しかった。
イムホテップ(アーノルド・ボスルー)はそれなりに重要な役柄だったけど、ブレンダン完全に通りすがりレベル(笑)

あとこの監督は女優選びがとてもいいと思います。
敵味方それぞれにメインの女優が1人ずつ出ましたが、どちらも甲乙つけがたいほどの美人。
タイプの違う戦うセクシー美女の共演だけでも特定層には見る価値ありまくりでしょう!
ハムナプトラでも戦う美女対決があったけど、監督の定番となってくれると嬉しい。
他の俳優さんの人選もセンスいいと思います。主人公以外。
この手のヒーローものの主人公ってどうしても一番つまらなくなりがちで気の毒です。
あまり掟破りができなかったり、もちろんブサイクではいけないんだけど、親近感を持って貰う為か並の上レベルのルックスに収まりがち。反感買うほどのイケメンレベルは論外みたい?

そしてデニス・クエイドはいいですなー!
何も語らずともそこにいるだけで映画全体の雰囲気が出来上がる。適度なB級臭さも出る。悪いB級じゃなく良いB級。
この映画の映像レベルはS級だけど、脚本など内容的にはB級映画と言っても差し支えないでしょう。

途中でトンデモ日本が出てきます。どこからどう見ても日本じゃないのでイライラすることもなく楽しめます。わざとなのかは気になるところ・・・。
イ・ビョンホンが日本人?という設定なのは残念というか悔しいですね。純粋な日本人俳優にこの役柄をゲットしてもらいたかったし、単純に物凄くおいしい役だったし。純白の忍者衣装が意外と素敵でした。

一番期待していたアクションは満点。超満足。
ほとんど息抜きなしレベルでずーっとアクション。前半から飛ばしていてお腹いっぱいになってもまだ中盤とか。
予告編で使われてたカーチェイスシーン。あれはやっぱり凄かったです。パワースーツの人間が大暴れするだけじゃなく車も飛び交いまくり。次から次へと展開していくジェットコースタームービーのお手本のような作り。ちゃっかりギャグも散りばめられています。
この監督は少年の心を持ったまま大人になったらしい。秘密基地の描き方がその典型だと思います。

脚本はとてもお粗末なんですが、続編作りたい意欲満々らしい展開。
同じ監督で同じ美女ならぜひ観たいです。

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて

G.I.ジョー
G.I. JOE: THE RISE OF COBRA
2009年 アメリカ
監督:スティーブン・ソマーズ
出演:チャニング・テイタム、マーロン・ウェイアンズ、シエナ・ミラー、レイチェル・ニコルズ、デニス・クエイド、イ・ビョンホン
[PR]
by bi_ka | 2009-09-12 14:49 | 映画(感想) 
カレーの市民アルバ
b0047061_2316598.jpg前から気になってたカレー屋さんに行ってきました。
流山おおたかの森SCに入ってるお店。

野菜カレーにしてみました。
横にそえられてるキャベツの千切りをカレーに混ぜて食べると超おいしい!
相方のキャベツももらって食べました。

かなり気に入りましたが、甘口が選べないので途中から汗がだらだら出てきて大変でした。
しかも店内のエアコンの温度もなんだか高め。
ショッピングセンターに入ってるテナントですが、ショッピングセンターに比べはるかに暖かいというか・・・エコ?たまたまだったのかなぁ。
また行ってみたいんですが、途中から食べるのがしんどくなるのでもうちょっとエアコンきかせて下さい。
ってもう夏は終わったか。

レジのところに何人か芸能人のサインが貼ってありました。
仲間ゆきえしか覚えてないけど。
http://www.kgf-taxan.co.jp/alba/index.html
[PR]
by bi_ka | 2009-09-10 23:21 | おやつ&B級グルメ 
ずっしり
b0047061_234887.jpgテレビでプリティウーマンやってたので久しぶりに見た。
ジュリア・ロバーツ(の役)がかなりしたたかやということに今回気付いてしまった。
あれはかなり計算してる。。。

セブンイレブンのとろりんシューのバージョンアップ版が出てたので買ってみました。
ずっしりクリームシュー
ものすごーく中味がつまってます。
でも普通のとろりんより10円ほどお高い。
普通とろりんで十分満足できるのでリピートはないでしょう。

[PR]
by bi_ka | 2009-09-06 23:52 | おやつ&B級グルメ 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
お気に入りブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧