ゴロゴロしあたー
<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
20世紀少年<第2章>
b0047061_2322883.jpg観ようかどうしようか迷ってたけど、最終章をレンタルまで我慢したくないので結局観ちゃいました。
3部作の真ん中の作品って中途半端な出来になりがちだと思うけど、それを考えるとかなり健闘してる仕上がり。

今回の主役はカンナ。
カンナ役の女優さん、見た目はよく似てるけど、演技がやや寒い。
あのヘアスタイルもリアルだと物凄くヘンです。
蝶野にも言えることだけど、浦沢マンガの正統派美男美女って実写だとかなりきついのかも。

それとは逆に、小泉響子!これは今回の超拾い物です。
そこまで似てますかーってくらい生き写し。そのままマンガから飛び出してきたようでニヤニヤが止まりませんでした。
驚いた表情とか身振り手振りとか、原作をすごく研究したんだろうなぁ。
今回のヒロインは小泉です。間違いありません。
最終章でも出番がいっぱいあるといいなぁ。ボウリングシーンとか。

その他の登場人物の中では、ユキジに扮する常盤貴子。
彼女の老けメイクがリアルすぎて見ていてなんだか憂鬱な気分になりました。
小池栄子の高須はちっとも似てなかったけど、あの鬼気迫る不気味演技はなかなかよかったです。あれはあれでアリ。
私のお気に入りキャラ仁谷神父、登場した途端吹きそうになった(笑)
満足満足。ぜひ過去のエピソードも入れて欲しかった。
きっと時間の都合と大人の事情でしょう。法王がらみのネタはきっと難しいに違いないから。
ヨシツネはメガネの向こうに瞳が見えるからか、ちょっと違和感。ヘアスタイルもなんか違った。

そういえばゲンジ一派、いつも何かクチャクチャ食べたけど、あれは何じゃ~?重要な伏線ってことはないと思うけど、何がどうオチにつながるか油断できないからね。
原作とはかなり変えてきそうな雰囲気も濃厚です。
随所で細かい変更があったけど、時間の都合の他に何かストーリーに関する仕掛けをプンプン感じます。
で、脚本については途中からグダグダしてしまった原作をコンパクトによく纏め上げていると思います。
非常にわかりやすく、謎は謎のまま上手く展開している。

それから、年齢設定、私が思ってたより上だったことに気付いてちょっとガッカリしちゃった。
2015年のニュース映像でオッチョが56歳となってた。
私と10歳よりは離れてないと思ってたのに!同世代よりちょびっと下なだけと思って親近感わきつつ楽しんでたのに、リアル世代じゃなかった。
原作コミックでは具体的な数字は出てなかったと思うけど、ほんまに合ってんの~?

最終章は真夏。コミックの少年時代の舞台でもある季節。
小泉が出てればそれだけで喜び勇んで観に行きます!

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて

20世紀少年<第2章> 最後の希望
2008年 日本
監督:堤幸彦
出演:平愛梨、豊川悦司、香川照之、常盤貴子、小日向文世、佐々木蔵之介、木南晴夏、他多数
[PR]
by bi_ka | 2009-02-28 23:47 | 映画(感想) 
J CAFE@おおたかの森
流山おおたかの森SCにあるちょっと風変わりなカフェ。
TOHOシネマズの入り口脇にあって、いつも気になりつつもよそに行ってましたが、ついに入ってみました。
壁という概念のないお店なのか、通路から丸見えで、しかも中央に巨大でカラフルな象さんがデーンと立ってて、全てにおいて奇抜すぎるカフェです。

好きなドリンクが選べるケーキセットにしました。
紅茶シフォンケーキとアーモンドカフェラテ。
950円だったけど映画の半券提示で10%オフ!

正直、お店の雰囲気からして味は全く期待してなかったけど、凄くおいしくてびっくり。
お店だけじゃなく厨房も丸見えで、中ではイケメン兄さんたちが調理してるのが見えました。
お兄さんやるな!みたいな。
しかもホール係のお姉さんも感じ良いし、キビキビとよく働いてました。

これまで完全に誤解してました。
座席の半分を占めるソファも想像してたより座り心地よかった。
おおたかの森のお店は全体的に店員さんの感じが良いと思います(^^)
b0047061_234342.jpg

[PR]
by bi_ka | 2009-02-26 23:12 | おやつ&B級グルメ 
丼ぷりん
セブンイレブンのプリンです。
7IRO CAFEシリーズの「丼ぷりん」340円
相方にコンビニに行くけど何か欲しいものはないかと聞かれたので、特に何も考えず「プリン」と答えたらこれを買ってきました。
どんぶり・・・
背後にあるおーいお茶は1.5Lではなく500ミリのペットボトルです。
私のノートパソコンのキーボードがプリンに占領されてしまいました。
直径も深さもまさにドンブリです。
カレースプーンで食べるのが正しいと思わずにはいられません。
カロリーも恐ろしく高く、とてもじゃないけど夜食べようなんて思えません。
お昼ご飯がわりに食べてみました。味はまぁ普通サイズで売ってるのと同じで普通においしいです。
けど、予想通り途中でギブしちゃいました。残りは冷蔵庫に戻し、夕方のおやつで完食!
セブンイレブンのデザートはとろりんシュー(シュークリーム)が超絶的においしくて好きなので、巨大とろりんシューがあれば買ってしまいそうです。
b0047061_22365344.jpg


[PR]
by bi_ka | 2009-02-25 22:47 | おやつ&B級グルメ 
キングまとめ2
スティーヴン・キング読んだ本まとめて記録。
1年以書いてなくてすでにもう何を読んだのかほとんど覚えてない。
ずーっとキングばっかり読んでると殺伐としてくるというか、暗い気分になってくるので、合間合間に他の本も読んでたような気が。

・いかしたバンドのいる街で
短編集。これで現在邦訳されてる短編は全部やっつけた。
タイトルと同名の短編、これはロック好きのキング節炸裂。お得意の現実に存在する人を使ってるけど、よくまぁ本人の家族からクレームとかこないもんですな。

・ブラック・ハウス(上・下)
むかーし読んだ「タリスマン」の続編。
さすがに昔すぎてほとんど覚えてなかったので、たまに???と感じる部分もあった。
タリスマンを読んでなくても楽しめるとは思うけど、やっぱり世界観とか知ってないと厳しいと思います。
前作同様、ピーター・ストラウブとの共作。序盤がおそろしく退屈。そこを我慢すれば途中からぐんぐん面白いです。

・トム・ゴードンに恋した少女
中編。文庫本で買ったけど、表紙のイラストが斬新。
今までのキング本とまるで違う!
中味は最近のキング本の中ではずば抜けて面白かったです。やっぱりキングは中編が一番レベル高いです。
時間の限り夢中で読んでしまいました。学生の頃、寝ずに一晩でミザリーを読破した時を思い出した。

・セル(上・下)
キングと携帯電話。けっこう違和感ある組み合わせ。
キングも時代に即した題材をちゃんと考えてるんだな~。
でも内容はこれまで幾度となく書かれてきた終末系+ゾンビ。ザ・スタンドの焼き直し?でも大変面白かったです。満足。

で、去年から読んでるのが「ザ・スタンド」
なかなか邦訳されなかった超大作で読み損ねたままだった。
でも昔我慢できずに映画ですでに観ちゃったのと、あちこちからの情報によりストーリーは知ってる。
やっぱりキングは映画より先に原作を読むべきです。
文庫本の4巻の途中。人が殺せそうなほど分厚いハードカバーは押入れに眠ったまま。

[PR]
by bi_ka | 2009-02-22 23:32 | 本 
グリル暖
b0047061_23124990.jpg前回行った時にドリンクバーの無料券を貰い、期限切れ寸前だったのでまた行ってきました。

おろしの乗った和風ハンバーグセット。
パンとスープバーもつけました。
これだけでもかなりお値打ち価格なのに、更にドリンクバーが無料。
嬉しい。。。

b0047061_23155242.jpgスープは3種類あったけど、ドリンクバーが充実しててそれどころじゃありません!
野菜スープを一杯飲んだだけで終了。

冷たいドリンクは基本的に飲まないので、温かいのをチェック。
迷いに迷って抹茶オーレ。

b0047061_23203817.jpgコーヒーマシンに面白いのがいっぱい入ってて意味もなく焦る。
ホットチョコとかカフェオレとかも飲んでみました。
私にしてはよく飲んだ。
締めは一個残しておいたパンとコーヒー(^^)
帰りにまたドリンクチケットを貰ったので、今回飲めなかった種類も制覇したい!

[PR]
by bi_ka | 2009-02-15 23:21 | おやつ&B級グルメ 
ミスト
劇場で観たかったキング原作映画。
凝ってるというか激しく欝になるラストシーンだとの噂が聞こえ、原作とは異なるらしいのでネタバレに触れないようにするのが結構大変だった。

おお、結構出来がいい!観て損のないレベルです。
キングとダラボンのペア、すっかり安定感ある良作イメージが定着したなぁ。
キング原作映画で上品な佳作に出会うと妙に落ち着かないです(^^;

原作はキング初期中編の大傑作。
邦題は霧。映画での霧はちょっと湿っぽい感じがした。まさしくミスト。
亜流ゾンビ映画って言いたいところだけど、ダラボンの手腕によってB級臭さがまるでないのが凄い。
アメリカ人じゃないからこそ描ける部分も大きく、主人公と今のアメリカが大きく重なるところがとても興味深いです。

狂信者の女性を始めとする登場人物たちのキャラもよく立っていて、群集心理の面白さがこの映画一番の見所という感じがします。
こういうのはまさにキングが得意とするところで、数々の小説で丁寧に描かれ続けてきた部分でもあります。
キングもさぞ満足してるだろうなぁ。本人はB級映画大好きのくせして、自分の作品がドB級に仕上がってると怒るような人だし(^^;

キングファンとしてニヤリとするポイントがいくつか。
キング映画で見かける人たちがちらほら出ています。
ヒロインにあたる女性はサイレント・ヒルの警官役の女優さんですが、サイレントヒルといえば元ネタがキング原作の霧。つながってます。
そして何よりも開始早々、主人公が描いてるポスター!
どう見てもキングのライフワーク的超長編ダークタワーシリーズのイラスト。
描いてる真っ最中のイラストには主人公のガンスリンガー、ローランドらしきガンマンと背後に暗黒の塔。
部屋の隅に立てかけられた絵画もやはり同シリーズものっぽいです。
ちょっと脱線するけど、割と最近出た長編小説「セル」でも主人公がソレっぽい挿絵を描いてます。

原作と異なる、わりとはっきりしたラスト。悪くないですね。
原作とは違った余韻が残ります。
そして原作ラスト・映画ラストそれぞれが時代をよく反映していると思います。

ミスト
THE MIST
2007年 アメリカ
監督:フランク・ダラボン
出演:トーマス・ジェーン、ローリー・ホールデン、マーシャ・ゲイ・ハーデン

[PR]
by bi_ka | 2009-02-14 15:48 | 映画(感想) 
新宿記
b0047061_21523664.jpg先日、映画を観にはるばる新宿まで行ってきた時の日記。

タカシマヤタイムズスクエアに行き、高層階から外を眺めたところ、天気が悪くてどんより曇り空。
映画の座席券に引き換えた後ちょっと時間があったので、アイスでも食べようっと!

b0047061_21562864.jpgテアトルタイムズスクエアと同じフロアにあるドナテロウズに行ってみました。
アイス大好きなのでどこに行ってもまずアイスクリームショップをチェック!
3種類のフレーバーが選べるカップにしました。
ミントチョコ、抹茶、カシス。
どれも多分とてもおいしいと思うんだけど、それぞれの味が混ざるのはちょっと(^^;
次食べる機会があれば1種類、それもミントだけでいいや。

b0047061_2224569.jpgイートインの店内は人がいっぱいだったので、共有フロアにいっぱいあるソファに座るつもりだったのに、なんか疲れてくたびれた感じのおじさんばっかり。
絶対買い物に来たんちゃうやろーって感じの人でいっぱいだったので、吹き抜けのテラスに脱出。
喫煙エリアも兼ねてたけど、広い屋外なので煙も気にならず。
意外と寒くなかった。都会のビル熱?

b0047061_2265941.jpg映画が終わって下のフロアに移動。
チェックしようと思ってたディズニーストア新宿店。
思ってたより狭い!
そして当たり前やけど柏店とラインナップがまるで同じなので特に買うものもなし。
しかも柏店のほうがセール品の割引率がいい!
写真はちょっと前に柏で買ったミニタオル。
このスティッチのデザインが超可愛くて思わず2枚買っちゃった(^^)

映画の上映時間が長かったため、残された時間はわずか。
オープンしてちょっと気になってたシネコンの新宿バルト9をチェック。
ていうか軽く流しただけ。わざわざここまで観にくるほどのラインナップでもなく。
そんで、新宿伊勢丹に到着。
現物チェックしたかったジバンシィのバッグ、ナイチンゲールあったー!
しかもミニサイズも出てるのは知らなかった。小さいほうが可愛い。けど値段はまったく可愛くないです。
一ヶ月タダ働きする根性もないのでスゴスゴ帰りました。
思わぬ小金が手に入ったら会社帰りに行ってしまいそう。定額給付金20万円くらい欲しいよ。
誰かナイチンゲール買って・・・。

[PR]
by bi_ka | 2009-02-11 22:17 | おでかけ&地域&旅行
アラビアのロレンス!!!
b0047061_15303097.jpg私がこの世でもっとも愛する映画「アラビアのロレンス」
ただいま新宿のテアトルタイムズスクエアで上映中。
豪華DVDは当然持ってるけど、やっぱりこの映画はスクリーンでなければ。
早くから前売り券を買って準備してたけど、新宿は遠く上映時間も長いので、なかなか行けなくて超やきもき。

かなり好評で連日けっこうな入りという噂通り、私の行った日も半分以上埋まってました。
超名作とは言え、古い映画のリバイバルだし、上映終了間際ということを考えるとすごい。さすがロレンス!
頑張って早めに行ったので通路に面した真ん中の良席ゲット。
初めての劇場だからどの座席がいいかよくわからなかったけど、通路を挟んだもう一列前でも良かったなぁ。
圧倒的な大画面で砂漠を楽しみたかったー。

b0047061_15391028.jpg場内にはたくさんの記事の切抜きや歴代ポスターが貼られていて、その中になんと音楽を担当したモーリス・ジャール氏のサインが!
来日してたんや~。壮絶に素晴らしい音楽で聴くだけであんなシーンやこんなシーンが頭に浮かびます。
上映開始直後の真っ暗画面での「オーバーチュア」で音楽をじっくり聴く、こんな映画、今じゃ考えられません。
ぜひ生オーケストラで堪能したい。
近くに座ったギャル2人組がこの暗闇音楽でずっとクスクス笑ってた。
箸が転がってもおかしい年頃とは言え、途中休憩が入ったりする映画が存在するなんて知らないんでしょうなぁ。まぁ私もリアルでは知らないけど。
このお嬢さんたち、序盤ロレンスがバイクにまたがって爆走するシーンでもクスクス笑ってた(ゴーグル姿が面白かった?)けど、途中からは静かに見入ってた感じ。インターミッションでまた笑ってたけど。なんか毎日が楽しそうですな。

フィルム自体はニュープリントということで、かなり綺麗になってました。
前回劇場で観た時はそりゃもうボロボロでひどかったから。
音声がほんの一瞬モノラルっぽくなってるように感じる箇所もあったけど、大劇場でロレンスが観られるだけで大満足です。
70ミリじゃなく35ミリだったのが残念ですが、今の時代もう70ミリ上映なんて無理なんでしょうね。

b0047061_1552267.jpg復刻版パンフレットを買いました。
これは超嬉しい!
中古パンフだとそこそこの金額を出せば手に入るけど、やっぱりピカピカでパリッとした自分だけのパンフのほうがいい~。
当時のままのパンフということで、文体がやや不自然なところも味わい深いです。
そしてポストカード3枚セット。
これは非売品でユニセフへの寄付と交換で。

b0047061_15564675.jpgラクダクッキー。
5枚入りで300円とけっこう割高だけど、まぁ劇場へのお布施的な気持ちで。
ロレンス上映ほんまにありがとう!みたいな。
ラクダかわいかったな~。
特にアカバに行くまでの砂漠越えの、最後の超難所、鉄床を踏みしめるラクダの足は萌えポイント。
また見に行きたいなぁ。
もっと近くで上映してくれたら週一くらいで通ってしまいそうです。
[PR]
by bi_ka | 2009-02-08 16:05 | 映画(感想) 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧