ゴロゴロしあたー
<   2008年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
このシリーズ、特別な思い入れがあったり熱心なファンというわけではありません。
でも昔からテレビで繰り返し慣れ親しんできた冒険活劇ってことで、まぁまぁ楽しみにしてました。
そのまぁまぁさ加減というか猛烈に期待しまくってたわけじゃないおかげか、けっこう面白かったです。シリーズを通した小ネタというか、つながりが楽しめる部分もありますね。

スピルバーグがこれまでつちかってきた映像技術をふんだんに使いまくってる部分はかなり期待してましたが(ILMという部分での期待も大)、まさかインディでこんな映像が見られるとは!という部分がかなりありました。
もうちょっと地味に、でもよく考えたらすごい特撮映像って感じを想像してたんですが、思いっきりド派手なドカーンドカーン系やらピコピコ系やらてんこ盛り。私の場合こういう部分があったから満足度が高くなったというのもありそうです。

アクションパートは満点をあげてもいいです。←何様
ケイト・ブランシェットとシャイア・ラブーフのフェンシングシーン、やけに長かったけどカッコ良かったです。ケイトのロシア訛りも凄かった。はまりすぎ。ロシアといえば字幕がソ連じゃなかったのが終始違和感を感じました。映画の時代設定がストレートに頭に入ってきづらいですね。まぁこれはスピルバーグたちには非はないんですが・・・。

バイクスタンド。それなりに本人を使ってそうで(レールに乗ってたっぽいとは言え)じじいになってしまったハリソン君もよかったです。見た目の衰えにはそれほどショックも感じなかったし、妙なギラつきがなくなってむしろいい感じ。ムチをあんまり使ってなかったかな?ってちょっと気になったけど。

アクション映画としては楽しかったんだけど、秘宝・・・今回は秘境メイン?ものに大切なスリル、ドキドキ感は異様なほど少なかったです。
遺跡内部でうかつに動いてはいけないムードがまるでなし。最初に2人で入る洞窟でそれっぽいスリルがなかったので、その後はずっと最後まで安心して観ていられました。残念すぎる。

なんだか再びシリーズ再開っぽいので、私としてはディズニーシーがらみでのコラボを期待したいです。
シーのアトラクション「クリスタル・スカルの魔宮」っぽいシーンがそこかしこに見て取れるので、上映中とにかくシーにダッシュしたくてたまりませんでした。
ちなみに昨日はランドに行ってきました(´∀`)

MOVIX柏の葉にて。

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
2008年 アメリカ
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、カレン・アレン、ジョン・ハート
b0047061_20333594.jpg

[PR]
by bi_ka | 2008-06-29 20:35 | 映画(感想) 
ウィッカーマン
ニコちゃん出演作でラジー賞ノミネート。
ちょっと観たいな~と思っててついにレンタルしてみました!
疲れてる時に寝る時間を遅らせて観たせいか、途中で何度も意識が遠のいてしまいました。
とてつもなくまったりした展開、音楽。
カルト集団の不気味さやあやしげな雰囲気はよーく出てましたが。

珍しくニコちゃんっぽさが少ない映画でした。頭髪以外。
女の人なぐりまくってるし。
ラジー賞候補にもなったクマの着ぐるみ、これは・・・。本人相当気に入って着てたんじゃ?
細々と気になるところはありましたが、深く考えるほどのものでもないってのが正直なところ。
エンディング(エピローグじゃなく)はなかなか良かったです。
木の人形の造形や大きさ、展開など、おもしろかった。
続編ではスパイダーマンの親友ジェームズ・フランコが主役?っていう終わり方でした。続編なんてぜったいないと思うけど。

そしてエンドロールが始まって突然目がパッチリ覚めました。
For Johnny Ramone(ジョニー・ラモーンにささげる)
なんでなんで?なんでジョニーの名前がトップクレジット???
あのどんよりしまくった音楽を手がけたとか?そんなまさかーーー。
ネットでざっと調べたところ、どうやらカルトムービーマニアのジョニーが、友人のニコラスにこの作品を託していった・・・らしい???
そもそもこの映画がリメイク作品ということも知らなかった。さすがジョニー。
あー、でもこれ知ってたら観なかったな、きっと。彼らが去ってからいまだにラモーンズを聴く気になれない。

それから、宿屋の女主人のことキャシー・ベイツと思い込んで観てたけど、もしかして別人?
いかにもやりそうな役柄でもあったから、間違いない!と思ってたのになぁ。

ウィッカーマン
THE WICKER MAN
2007年 アメリカ
監督:ニール・ラビュート
出演:ニコラス・ケイジ
[PR]
by bi_ka | 2008-06-26 23:22 | 映画(感想) 
インベージョン
ジャック・フィニィ原作のリメイク映画です。
まぁスティーブン・キングファンならばボディ・スナッチャーは押さえておかなければならない作品筆頭ってところですな。と偉そうに書きつつも劇場で見損なったんですが。

今これをリメイクする理由がよくわからん、というのが一番の感想です。
原作はおそらくソ連を想定して書かれたのだと思いますが、今の時代そういう誰もが無意識のうちに刷り込まれてる得体の知れない隣人の恐さというのはそれほどではないのでは、と感じます。

純粋にSFとして見ても題材自体がそもそも古臭いし、ゾンビものの亜流の域を出ていません。
どちらにしてもこの作品自体からは「みんなわかってて観にきてるよね?王道ストーリーなんだし、今更隠す必要もないよね?」的な開き直りが感じられます。
終盤のカーチェイスはなかなか見ものでしたが、それ以外は呪文のように繰り返される「眠っちゃだめよ!」がみょう~に私の心に響いてきて、こちらまで寝てしまいそうになりました。
さなぎの見た目はいい感じのB級っぽさが出てたので好感持てました。でも本来は莢(さや)なんですよ。

ニコール・キッドマンはいまおいくつ?
ゴージャスな大人の女性っぷりが堪能できたので、なんだか結果として鑑賞後はそれなりに満足できました。
意味のない露出サービスもしっかりあったし、意味のないスケスケパジャマの下のTバックとか、必要以上にツボを押さえすぎ(笑)
私もあんな顔に生まれたかったなー。トムクルーズあほやなー。そんな事ばっかり考えながら観てました。

新ボンドのダニエル・クレイグ・・・ただの脇役すぎ!
よく出演OKしましたね!あわよくば共演のニコールとのウハウハを狙ってたとか?
全体的に無難路線で突出した部分もない代わりにそれなりに楽しめる作りでした。
ゲロゲロ~のくだりだけは爆笑もの、拍手です。

ちなみにスティーブン・キングは長編・短編ともに似たような作品を数本書いています。オマージュって言うやつです。

インベージョン
THE INVASION
2007年 アメリカ
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ
[PR]
by bi_ka | 2008-06-25 00:38 | 映画(感想) 
通称緑モス
b0047061_23501335.jpgまた銀座ナインのモスバーガーに行ってきた。
タイミングが悪く混みまくり。
注文はすぐできたけど、その後かなーり待たされました。
貴重なお昼休みが・・・

今回はデミグラ煮込みハンバーグごはん。
どんぶりになってると食べるのが遅い私でもそこそこスピードアップできます!
スープとドリンクつき。

ほぼ同時に入店・注文した隣のおじさんはカレーを食べてました。
ものすごい早さで完食。
食べてる姿勢的にはまったりしてるのに、なんであんなに早く食べられるのでしょう。
そして食べ終わったらコーヒーを飲みながら新聞を読んでまったり。
別に急いでたわけじゃないのね(^^;

[PR]
by bi_ka | 2008-06-24 23:55 | おやつ&B級グルメ 
ランボー最後の戦場@2回目
ランボーもっかい行ってきました!
感想・トラックバックをして下さる方はこちらhttp://bika.exblog.jp/8778905/にお願いします。

ぜひあと5回は観たいって書いたけどさすがにそれは無理なので、終わるまでにもう一回観たいな~と毎日思ってて。
今回はなかば強引に相方も連れて行ってあげました(^^)

1回目はTOHOで観たので今度は場所を変えてMOVIXで。
明らかにMOVIXのほうが音響レベルが高かったです。
前々から映像・音響の環境はMOVIXのほうがいいと思ってたけど、今回決定的にその違いに気付いてしまいました。(あくまでもうちの近所のシネコンということです)
一回観てるから展開はわかってるのに、あまりの大音響でびっくりすることたびたび。
作品自体の音響の出来もあると思うけど、新鮮味が薄くなると思われる2回目のほうが凄かったことからも劇場の環境の大切さがわかります。

一度エンディングまで観てもう一回観なおして気付くことも多かったです。
ああ劇場でもう一回観たくなってきた。

MOVIX柏の葉に置いてあったランボースタンディー。
嬉々として写真に撮りました。
ランボーの隣に自分も入って記念撮影しとけばよかった~。
b0047061_19141257.jpg
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
066.gifカッコよすぎるーーーーーーーー(;´Д`)

[PR]
by bi_ka | 2008-06-22 19:17 | 映画(感想) 
柏の葉コミュニティダイニング
なんか素敵っぽい名前ですが、要はフードコート。
内装がその辺のフードコートとは大違いなので、素敵といえば素敵なんですが。
フードコートのいいところは食べたいものを連れにあわせなくてもいいところ。

b0047061_1902022.jpg自称まぐろマニアの私はこれです。
丼専家 一碗屋
まぐろ丼

クーポン券を使ってドリンクもつけました。
どんぶりにカルピス。
特に飲みたいわけでもないけどタダなら~!みたいな。

b0047061_1953644.jpg相方注文。
ステーキ&ハンバーグ 金の牛
注文したメニューは・・・なにこれ?お肉?
なんかご飯山盛り。
これにコーラとか飲んでなかったっけ。このアメリカかぶれめが!

[PR]
by bi_ka | 2008-06-22 19:09 | おやつ&B級グルメ 
どろろ
うわー、これはなんと言ったらいいのでしょうか・・・。
色んな意味で邦画の限界を感じさせるせつない作品とでも言うんでしょうか。
黙ってゴジラとかの怪獣特撮映画みたいなのを撮っておけばいいものを。
中途半端にCGに頼り、中途半端にワイヤーアクションを駆使し、出演者だけやたら有名どころを据えつけた感じ。

これだけB級の素材が揃ってて俳優が頑張ってればまだ救われたものを、彼らもまたどうしようもないほど空回りして・・・。
もしかしたら俳優陣はそれほど悪くないのかもしれませんが。
見せ方、絵的なもののセンスがとにかく無い!キメポーズとかやたら出てくるけど、凡庸という言葉しか浮かんでこないです。
アクションシーンのスタントの吹替えも明らかにバレバレすぎるし、本人がやってるところはぬるすぎる。チャンバラシーンとかぜったい練習不足もしくは運動音痴。
つまぶきとしばさきのカップリングが合ってないのも哀しい。
異国情緒あふれる不気味な可愛さが漂っていた土屋アンナが一番マッチしてた。変身後は爆笑どころか失笑するしかなかったけど(^^;

ロケ地は明らかに外国感バリバリで(たぶん今はやりのニュージーランドあたりか)乾いた感じが漂ってるのは良かったと思います。
それとグロ描写が思いのほか手塚タッチだったのも評価できます。これだけマイナスエネルギーが漂う作風って日本のメジャー映画にしては珍しいと思います。

どろろ
2007年 日本
監督:塩田明彦
出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一
[PR]
by bi_ka | 2008-06-21 20:25 | 映画(感想) 
プルマーニュ
b0047061_2016338.jpgイートインのできるパン屋さん。
東武線の流山おおたかの森駅の改札隣にいつの間にかできてました。
パン屋さんが多いなー。嬉しいけど。

店内でケーキセットをいただきました。
ふわふわいちごのケーキとアイスコーヒー。
536円。けっこうしますな・・・。
いいんですよ、この日は確か誕生日の前日だったから。
と自分に言い訳をしながらおいしくいただく。

レシートを見たところ、どうやらヴィドフランス系列みたいです。
ヴィドフランス隣っていうか徒歩10秒のところにあるやん!

b0047061_2022021.jpgこっちは柏の葉にあるキハチのソフト。
バナナ味。
相変わらずおいしかったです。

[PR]
by bi_ka | 2008-06-21 20:22 | おやつ&B級グルメ 
T-1000x2
b0047061_0475829.jpgうちのテレビの上。
ターミネーターの頭部がふたつ・・・

1個は去年USJに行った時、自分ち用に気に入って購入したもの。
もう1個は最近仲間入りした新入りのT1000君。
相方の知人がお土産で買ってきてくれました。
買った後パーク内で持ち歩くのも持って帰るのもかさばるお土産なので、とてもありがたいです。
が、すでに1個うちにあるのを知ってたという話(^^;)
こうなるとジュラシックの頭部も欲しいっす。
[PR]
by bi_ka | 2008-06-19 00:52 | 映画(感想以外) 
フートンマンダリンシノワホール銀座コリドー街
b0047061_2236411.jpg久しぶりにフートンマンダリンでランチ。
土鍋ご飯狙いで行ったけどありませんでした。
冬場だけのメニューだったのかなぁ。

そいで野菜炒めが好きなので、コレにしました。
豚肉とキャベツをいためたやつ。メニュー名忘れ。1,000円。
注文品が出てくるまえにお通し登場。なんやろこれ。ビーフン?
野菜炒めが濃いので箸休めに使える。

このお店、道路に面した側が全面オープンテラスになってるので、開放感があっていい気分転換になります。
しかも時間をずらして行ったので空いてて更に仕事のストレスが減る気分。

先週の仕事帰り、ラピスタ新橋で誰か演歌の人が歌ってて凄い人だかり。
誰やろ~と思ったら歌手の小金沢くん。まだ頑張ってるようです。
さすがに歌も超上手かった。

そして今朝はSL広場前でタバコの携帯吸殻入れをもらいました。
改札を出た時になんか配ってるのが見えて、ティッシュとかチラシ系じゃなくよさそうなものを配ってる!って思いいそいそ寄っていってゲット。
結果、私には全く必要のないものだった・・・。

胡同マンダリンシノワホール 銀座コリドー街店
http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/a100278.html
[PR]
by bi_ka | 2008-06-17 22:51 | おやつ&B級グルメ 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧