ゴロゴロしあたー
<   2007年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
越州@新橋
b0047061_23245943.jpg今月のブログ、もう一件くらいなんか書きたかったので、ギリギリせーふ!

えっしゅう。
新橋の赤れんが通りにある和食屋さんです。
和食っていうか酒処。
昼間はビジネスマン向けにお手ごろランチをやっています。

天ぷらとか丼ものにおそばやうどんがついてて1,000円前後。
かなりおいしくお得(^^)
私には量が多すぎておそばとかうどんはちょっと突っつく程度で残してしまいますが、よく食べる友人たちはペロリと平らげてますね~。
先日はあなごの天丼をいただきました。

地下にあります。
http://www.asahi-shouzi.co.jp/e/sinbasi.htm
[PR]
by bi_ka | 2007-11-30 23:29 | おやつ&B級グルメ 
神戸ドーナツ@TOHOシネマズ
b0047061_0444435.jpg先日、仕事帰りにTOHOシネマズ流山おおたかの森に行った時に初めて食べてみました。
神戸ドーナツのプレーン味とミルクティー。
ホットドリンクセット、400円。
もっとちゃんとしたものが食べたかったけど、時間がなく、とりあえず。
上映中、空腹で困らない程度にいい感じかも。
おなかぐるる~とかいって映画の雰囲気ぶち壊すのも失礼やし。

食べるのが異様に遅くてヘタな私にはありがたいっす。
ロビーでドーナツを食べて、あとはみるくちぃーを持ち込んでプレミアシートでゆっくり味わいました。
近くに座ってたおにいさんはペットボトルのお茶を持ち込んで飲んでた。
ソウの旧作シリーズの上映回だったから映画を愛する人種のはず。
もっと地元シネコンを大切にしてあげて。ケチは嫌われるでー。
[PR]
by bi_ka | 2007-11-29 00:48 | おやつ&B級グルメ 
ムンク展@上野
上野の国立西洋美術館で開催中のムンク展に行ってきました。
一年ほど前に偶然この企画を知り、ずっとずーっと楽しみにしてました!
ムンク関連書籍もたくさん持ってるほど大好きです。
ムンク展は10年ほど前だったかなぁ、神戸で見て以来。
ムンクの代表作「叫び」は残念ながら来ませんでしたが、ぜひとも一度観たかった作品が何点か入っているので超ワクワク!
b0047061_18444623.jpg
「叫び」は一年ほど前に盗難にあって無事戻ってきたんですよね。
けっこうショックでした。
ちなみに叫びシリーズはけっこうたくさんあるし、叫び自体も確か4~5枚制作されてます。
版画にいたっては「叫び」は何十作も!(笑)
あとこれだけは言いたい!というか叫びたい!
ムンクの叫びはあのキャラが叫んでるのではなく、周囲(自然界)からの叫びに耳をふさいでるんですよ~。

b0047061_18494727.jpg→ 今回の展示でポスターなどで一番使われてる「不安」
見たかった作品のひとつ。
叫びと背景が同じですが、人物は複数登場しています。
間近で見た「不安」は得体の知れない魅力を放っていました。というか二列目にいるおじさんの目つきがこわすぎる。

b0047061_1854811.jpg← 「声」
背後にはムンク作品によく登場する月の光も描かれています。
この女性はムンクが不倫してた人がモデルだったかな?
その奥さんの夫とムンクは友人で、「嫉妬」なんていうあからさまな作品も描いてたりします。

画風はキチ○イっぽいけど、かなり長生きしてるし、けっこうまともな作品もあるし、どこか計算高いところも感じられて、そこが好きです。

他に見たかったのは「吸血鬼」「マドンナ」「生命のダンス」「病める子供」あたり。
特に「病める子供」は素晴らしかったです。
ムンクは幼い頃に母と姉と弟を亡くし、妹も重度の精神病だったらしいので、その影響はかなりのものだと思われます。
b0047061_1922197.jpg今回の戦利品。
ポストカードとサクマのドロップ。
「不安」シリーズで統一(^^)
ドロップは裏側はマドンナ柄。

グッズはかなりありましたが、どれもなんか微妙・・・。
箱の裏地が「叫び」の赤いまがまがしい空の模様になってるお菓子がちょっと欲しかったんですが、1500円だったかな?量のわりにかなり高かったのでやめました。

ノルウェーのムンク美術館にも行ってみたいな~。
きっと北欧独特の白夜とかを実際に体験してこそ、叫びのような作風への理解も深まるに違いないです。

b0047061_1936681.gifおまけ。
去年2006年12月12日のグーグルトップページ。
発見した瞬間大切に保存しました(^^)
この日はムンクの誕生日。
GoogleのOの一文字が叫びバージョン。

2007年10月6日(土)-2008年1月6日(日)
EdVard Munch The Decorative Projects

国立西洋美術館
東京新聞・ムンク展
[PR]
by bi_ka | 2007-11-24 19:32 | おでかけ&地域&旅行
ディズニーシー@クリスマス直前その2
b0047061_19493772.jpgいよいよ念願のタワー・オブ・テラーに乗る時がやってきました!
フリーフォール型アトラクションであるということしか知らないので、ストーリーとかどうなってるのかも凄く楽しみです。
新しいアトラクションを初めて体験するチャンスってなかなかないですから、なおさら嬉しい。

ファストパスじゃなく普通に並ぶとどうやら2時間待ちのようでした。
普通に並ばないと見られないスポットもあるので、いつか並んでみたいなぁとは思うけど、さすがに2時間はちょっと(^^;


b0047061_2001013.jpgファストパス専用通路をすいすい通り、疲れた顔で並ぶ人たちの前を通り過ぎる。ちょっと気持ちいい(笑)
さすが最新アトラクション、建物の作りにも力が入っていて凄くリッチ。
このホテルのオーナーであるハイタワー氏が落ちたと思われるエレベーターのまん前を通りましたが、友人はさっぱり気付かなかったらしい。
その時に教えてあげればよかったんやけど、なにせファストパスなのでひたすら足早に通り過ぎただけなので・・・。

まずはちょっと広めの部屋に集められて、プレショー開始。
ハイタワー氏と呪いの人形?シリキにまつわるストーリーが紹介され、ちょっとしたサプライズもあります。
私はこのシリキの仕掛けかなりびっくりしました!
とにかく、何かにつけ「さすが最新アトラクション!」とうなることたびたび(笑)


b0047061_2074322.jpgそしていよいよ呪いのエレベーターに向かいます・・・。
エレベーターはどうやら1階と2階にそれぞれABCと3機ずつあるようで、私たちは2階のAに乗りました。

これはかなり楽しーーー!
単純なよくあるフリーフォールとはまた違った楽しさ。
フリーフォールを期待するとまったく物足りないけど、あやしい動きがなんか面白いです。
どうやらABCそれぞれ微妙に動きが違うようなので、ゆくゆくは全部乗って違いがわかるようになりたい。
落下距離はそんなにないと思いました。
落下中の無重力もわりと一瞬。これはシートベルトをゆるめにしめたらもっとスリリングでいいかもしれません。
手すり類がなくつかまるものがないので、隣の友人はかなり脅えてました(笑)
一番後ろの席だったので一瞬外が見えた時の見晴らしはちょっと微妙で残念。
あと、スプラッシュマウンテンなどでおなじみの写真も撮られていて、出口でわくわくとチェック!
私を含めみんな満面の笑みですが、友人は口元がひきつった笑顔でうつむき加減。
もう二度と乗らないらしい(^^;
それにしても写真で玄人ぶりをアピールする人はたくさんいるけど、私の前の女性が両手を高く上げてキモイ笑顔でカメラ目線だったのがちょっと不快だった。
上げた手のピースが私の顔にかぶっててムカついた!
その場で文句言ってやろうかと思ったほどに悔しかった(ー_ー)
写真展示のところで乗らなかった友人が待っててくれて、楽しかった感想を興奮して伝えまくりました(^v^)
b0047061_191663.jpgお昼を予約してた時間ちょうどだったので、ブッフェスタイルのレストラン、セイリングデイ・ブッフェに向かいました。
向かったと言っても隣の建物。
ソフトドリンク込みで大人1人2,415円。
初めて入ったけど、パーク内でそこそこおいしく色んなものが食べられるという点で、かなりいいお店やと思いました。
料理コーナーからわりと近い場所に案内され、ラッキー!
客席はけっこう埋まってたけど、料理はわりとゆっくり取ることができました。
b0047061_1916473.jpg
関西旅行以来、まだ体調が不安定だったので胃薬持参!
パンとかご飯ものも食べたかったけど、いつまでもお腹に残りそうな重い系はやめておきました。
でもせっかくなのでローストビーフは目の前で切ってもらった(^^)
ローストビーフ自体はたいして食べたいわけでもないけど、こういうイベント?っぽいのが嬉しいんですね~。
b0047061_19225468.jpgこれが私のお昼ご飯。
あとスープとコーヒー、紅茶もおかわりしました。
ドリンクコーナーの受付のおばさん、うさんくさい笑顔があやしかった・・・。
非常に丁寧な接客で満面の笑顔、勤続何十年?って感じの凄みを感じるんだけど、決して目は笑ってないっていうか。
b0047061_19273927.jpgちょっと休憩のつもりでデザートを盛り付けてて、気がついたらたいへんなことになってました!
仕切りのあるお子様用のお皿に調子に乗って盛りすぎ。
しかもソフトクリーム(バニラとキャラメル)も自分で巻き巻きして、ケーキコーナーでたわむれてる間に溶けまくり。
ちなみにケーキはどれも普通より小さめサイズ。
ソフトもケーキも全部めっちゃおいしかった(´q`)
やるな山崎パン(レストランのスポンサー)!

料理とお喋りをたっぷり堪能しますた。
あっという間に2時間が過ぎてた。

b0047061_1141778.jpgご飯を食べ終わって外に出たら超いい天気!
そしてコロンビア号前のステージでちょうど「オーバー・ザ・ウエイブ」のショーが始まったところでした!
13:30~14:00のショーを立ち見でけっこういい感じで堪能しました(^^)
ミッキーとミニーちゃん超ラブラブ。
主役級キャラはここでじっくり見ることができたので、ディズニーリゾートに来たんやなぁって実感もわきまくり。

ショーが終わったら、お腹いっぱいなのと気持ちの良い陽気で、ブラブラ周辺散策モード。
お土産やさんを物色してグッズで遊んだりしました。
私はここでもやっぱり被り物系が気になる・・・。
ミッキー耳つきサンタ帽をかぶって記念撮影とかしたり(笑)
b0047061_1224589.jpg私が尊敬するスクルージおじさんのお店「マクダックス・デパートメントストア」にも入りました。
リッチな建物でいいですなぁ~。
コインがグルリと敷き詰められた柱とか、コインがあふれ出てくるように見える噴水とか、とにかく黄金系がびっちり。

なんかグッズが欲しいなぁと思いつつも、まだまだ遊びまくらなくちゃいけないので、荷物になっては困る!泣く泣く諦めました。
でもすごく気に入ったグッズとか発見したらその場で買っておかないと、けっこう他のお店では売ってなかったりして失敗するんですよねー。

そうこうしてるうちに14:30からのメディテレーニアンハーバーでのショー「レジェンド・オブ・ミシカ」の時間がせまってきました。
いまだかつてショー関連は何十分も何時間も前からベストポジションで並ぶ、という努力をしたことがありません!
今回もギリギリでのこのこと到着したので当然いい場所なんて皆無。
それでも、写真撮影が微妙なだけで鑑賞自体はけっこう楽しめました(^^)
なんだかんだ言って40~50枚は撮ってるし。
b0047061_2515481.jpg
ミッキー超カッコヨス!
めちゃくちゃ高くて狭い足場で踊り狂うミッキーすごい。
どんなショーでもこの悪条件下でよくがんばっとるなぁと心底感心します。
やっぱり保険とか入ってる?
非常に良い天気で風もほとんどなく、好条件下でのミシカを堪能。カイトもうなりまくり。
夢のような素敵な30分でした。

b0047061_321372.jpg朝、タワテラダッシュをした為、今回初シーの友人がエントランス付近をじっくり見たいとリクエスト。
ちょうど白い海軍の衣装に身を包んだマリタイムバンドが演奏中でした!ラッキー。
3~4曲、15分ほど素敵な生演奏を聴かせてもらいました。
白いお兄さんたち(おじさんもいる笑)演奏はしっかりしてるし、愛想もやたらいい。
音楽とディズニーが好きならこの仕事は最高やろうなぁ。

またまた長くなったのでその3へつづく。
その1へ。
[PR]
by bi_ka | 2007-11-24 19:30 | おでかけ&地域&旅行
TXグランドアベニューおおたかの森
流山おおたかの森のエキナカ(エキソト?)とも言える施設がついに20日にオープンしました!
以前から建設中の様子をガラス越しに見たりして気になってたので、さっそくチェックしてきました。
時間があんまり取れなくてうわべだけサラリと。
b0047061_2002881.jpg入り口左手のヴィドフランスが見えるウィンドウ前の花束たち。
逆側にはパステル様江・・・かどうかは知らないけど、大きな装花がいっぱいありました。

b0047061_2043348.jpgこの日は物凄い人だったので施設内側からの写真は撮りませんでした。
思っていたより狭いけど、落ち着いてきたらそんなに混まないと思うし、ちょうどいいのかも。

というかフードコート形式だと知らなかったので、そこに一番びっくり!
一店ずつきちんと独立したお店の集合体だと思ってたんですが、落ち着いて考えたらこの狭さやと無理ですね。
安っぽさを感じない雰囲気のよさそうなフードコートでした。

b0047061_2010275.jpgオープニングイベントで生演奏をやってたので、何曲か聴かせていただきました。
チラシに名前が書いてあったけど知らない人だった・・・たぶん地元ゆかりの方だと思います。
クリスマスっぽい曲が多めだったかな。
私の隣に座ってたヴィドフランスお買い上げのおばさん、物凄く楽しんでらっしゃいました。
満面の笑みで割れんばかりの拍手喝采ぶり!

フードコートでこういう小さいステージがあるっていいですね。
今後もちょくちょくやってくれればいいなぁ。

b0047061_20151757.jpgこの日一番行列のできてたパステルのプリンをお土産で買いました。
・なめらかイチゴプリン
・なめらかプリン&イチゴミルク
・パウンドケーキのフルーツとショコラ
ポイントカードも発行してもらったので、今後はイートインで地道にポイントをためようっと(^^)
おおたかの森SCもクリスマスイルミネーションで綺麗にライトアップ中!
b0047061_2023248.jpg

[PR]
by bi_ka | 2007-11-23 20:18 | おでかけ&地域&旅行
ソウ3
b0047061_21291191.jpgまたまたワンコイン500円でソウの3作目!
これだけ短期間でシリーズものをいっきに観るとストーリーのつながりはよくわかるけど、どのエピソードが何作目だったのかごちゃごちゃになってしまいます。

3は2で多すぎた登場人物がまた少なめになって、人物の掘り下げがそこそこうまくいってるけど、もはや1とはまるで違う方向に突っ走ってるだけって感じですね。
それでもサスペンススリラーものとしては上出来の面白さなので許せてしまいます。

そして残虐映像は前に比べるとよりはっきり見せてくれるようになりました。
ゴア好きにとっては最低限のレベルはクリアしてる程度のものですが、カメラワークとかで微妙にごまかしてる部分が減ってるのでストレスも減り、鑑賞環境はアップしました。
まぁでも想像させる上手さはまだまだ足りないと思います。(決して自分の想像力のせいにはしない)

あと、美しい女性が犠牲になるシーンはやはり絵になっていいと思います。
最後のほうに出てきた黒人の処刑シーン、なんか可笑しいっていうかヘンでした。
演技がヘタだったのもあると思う。ひたすら同じような絶叫を繰り返すだけで、もうええわ・・・って。
あの黒人、最初に目覚めた時の衝撃演技は面白くって噴き出しそうになったんですが、その後はいまいちだった。

私としてはこの映画ならご飯を食べながらでもOKですが、一箇所どうしてもダメなシーンがあり、憂鬱になりました。
ブタさんの行列・・・あれはやめて欲しい。死んでればいいってもんじゃないんです。
とにかく動物関連はいつまでも引きずってしまう心を持っているので、楽しく鑑賞するまで回復に時間がかかりました。

今回のメインの被験者のオヤジはなんか憎めない感じでいいです。
頭が弱そうで品もなく小汚い底辺のおっさんって感じがプンプンしますが、基本的にいい人。
葛藤しつつも性善説を思わせる行動を取ってしまう人柄、感情移入しやすいし見ていて心地よいものがあります。
いつになったらドアが閉まってしまう仕掛けについて学習するんやろうっていうアホなところもかわいいです。
ていうか、犯人と一部の人間を除いてこのシリーズの登場人物ってアホやけど人は良いってのが共通っぽい。
そこそこ賢いと他人を犠牲にしてでも自分が助かろうとする傾向があるように思います。

ジグソウがコツコツと裏方作業にいそしむ姿がたっぷり観られるので、そういうのを楽しいと思える人にはいい作品だと思います。
そういうシーンが三分の一は占めてたように感じました。

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて。

ソウ3
SAW III
2006年 アメリカ
監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:トビン・ベル、アンガス・マクファーデン、バハー・スーメク、ショウニー・スミス
[PR]
by bi_ka | 2007-11-21 21:29 | 映画(感想) 
ボーン・アルティメイタム
b0047061_21281754.jpg前2作は友人から借りてそれぞれ一回ずつ観てただけなので、細かいところはけっこう忘れてました。
そんなあやふやな記憶でも、豪快なアクションとスリリングな駆け引きだけでじゅうぶん満足できました。
この監督の持ち味でもある手持ちカメラのせいで画面酔いするという噂を聞いていたので、後ろのほうにしようかなと思ってたんですが、気がついたらやっぱりいつものかぶりつき席に座ってました(´∀`)
激しく乗り物酔いするほうですが、今回は案外大丈夫だった!
前すぎてかえって何が何だかわからなくて、視点を定めきれなかったのが良かったのかも。

今回が三部作の最後ということですよね、一応。
オチについてはあっけなかったけど、そこに至る過程のほうがテーマとしては大事な作品だと思うので、そんなにガッカリというか尻すぼみ感はありませんでした。

あのマット・デイモンがカッコ良く見える不思議は今回も健在。
ほとんど喋らず感情もあまり表に出さず淡々と敵の目をかいくぐる、そういうハードボイルドな世界に浸りまくれます。
特に序盤の新聞記者に指示を出すサスペンスシーンは物凄く面白かったです。
まるで観ている自分が操られてるような感覚。
ドンくさい私でもボーンに的確に指示されればCIAや殺し屋の目をかいくぐれそうな爽快さがあります。

終盤、最大の山場ともいえるCIA幹部との直接対決については、予告編で思いっきりネタバレされてたので面白さは半減したかもしれません。
ボーンやCIAが行動を起こし始める前から、あ~ソレどうなるかもう知ってる~(´Д`)ってなっちゃうんですね・・・。残念です。
CIAの局長と紅一点パメラもとってもいいキャラで好きです~。
局長のバカっぽさ、緊迫感でギチギチの本作にはちょっとした休憩になって嬉しい(笑)
パメラは、あんな素敵な女性になりたいーと同性なら誰しもが憧れると思いますね。

終わって客席の照明がついた途端、後ろのほうで「すげー面白かったよね(´∀`)!!!」と若い男性風の声が聞こえてきてなんか微笑ましかった(笑)
豪快ながらもキチっと気持ちよく収まった最終作で、いい余韻に浸れました。

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて。

ボーン・アルティメイタム
THE BOURNE ULTIMATUM
2007年 アメリカ
監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン、デヴィッド・ストラザーン、ジョーン・アレン、ジュリア・スタイルズ
[PR]
by bi_ka | 2007-11-21 21:28 | 映画(感想) 
ディズニーシー@クリスマス直前その1
もう半月前のことになってしまったけど、同僚と3人で一年半ぶり、3回目のディスニーシーに行ってきました。
ハロウィンとクリスマスのちょうど谷間、何もイベントがない時に行ったんですが、楽しかったです。
ディズニーランドは数え切れないくらい行ってて大好きですが、シーも施設などだいぶ充実してきてまったりするにはとてもいいところだと思う今日この頃。
ランドの殺人的混雑に比べて、切迫感なくゆったり遊べるところがいいなぁ。年取ってきたからかな(^^ゞ
b0047061_23413423.jpgこの日は8時開園だったので、舞浜駅に7:20待ち合わせ。
5時起きでどうしようかと思うほど辛かった・・・。外はまだ真っ暗やし。
日曜のこんな早朝でも電車はけっこう混んでて驚きです。
まぁ半分くらいはディズニー組と思うけど。

駅には5分ほど前に到着!
昔の私を知る人にはおよそ信じられないと思うけど、最近の私はきちんと時間は守ります( ^ω^)
同じ方面からくる友人2人から電車一本分ほど遅れるとメールがきてたので、周辺をちょっとキョロキョロしつつ待機。
b0047061_23544524.jpg合流してからは1日のスケジュールなどを軽く確認しつつモノレールへ。
今回初シーのメンバーが1名いたので、彼女の希望優先で行こうと言いつつ、絶叫系苦手な彼女を放置して朝一ダッシュはタワーオブテラーに決定(笑)
そして初シーの彼女は待ってるあいだランチの予約に行ってもらうことに。←いきなりひどい!
b0047061_061922.jpgゲート前で開園を待つ間、近くに中学生くらいの小僧どもが5~6人いたんですが、全員DS対戦に夢中すぎ。
なにもこんなところに来てまでって感じです。私もかなりゲーム好きやけど、めちゃくちゃ理解しがたい。
アトラクション待ち中も対戦しまくるんやろうな。
こういうのって長い待ち時間も楽しみの一つっていうか、あれこれ会話しあうのが楽しいんやと思うけど。
USJでもけっこう見かけたけど、私が親だったらDS取り上げるな。
でも友達から仲間はずれにされるんかな?
とにかくテーマパークを楽しみにきてる周囲のお客さんにしてみても、ゲーム機に熱中するガキどもは見たくないです。
テーマパークならではの行列を楽しむ我慢強い子、場の空気が読める子に育てましょう・・・。

そんな感じで「最近の若いもんは・・・」とブツブツ言ってたらいよいよ開園です!
b0047061_094548.jpg
入場したらバンド演奏や何かキャラグリしてる気配を感じたけど、気になりつつも左側に向かってダッシュ!
というか走るのはルール違反なので微妙に競歩。
当然のようにほとんどの人はみんな左側に競歩。
考えることは一緒やなー(笑)

息を切らせながら念願のTOWER OF TERRORの前に到着!
なんか想像以上に行列ができてて、すでに50分待ち!
b0047061_204565.jpg
50分ならまぁそのまま並んでもよかったんやけど、参加できない人がいる以上そういうわけにもいきません。
ていうかそこまで鬼じゃないっす。
仕方なくファストパスを取って次のアトラクションへ行くことにしました。

b0047061_2085934.jpgでもファストパスの行列も15分ほど並んだよ・・・。
その間、隣にあるセイリングデイ・ブッフェのランチの予約を友人に取ってもらいました。
ランチは11:30~にしたので、タワー・オブ・テラーに乗り終わったらちょうどいい感じ。

なんか拍子抜けっていうか、内心焦り気味だったので、ここでいきなり気力がなえた、というよりは大らかな気持ちになりました。というか大らかになれてよかったかも。
アクセクしてもしょうがないっていうか、もっとゆったりブラブラ散策してるだけでも楽しいやーん!って。

んで、じゃぁどこ行く~ってことで、インディ・ジョーンズに決定。
レイジングスピリッツは2人に固辞されたので今回はなしです。
2人とも私より若いのになんてこったー!
b0047061_2026959.jpg
何もイベントがない日だったとはいえ、すでにクリスマスの飾り付けがされていて、綺麗で雰囲気が出ていました。
なにげにクリスマスシーズンのTDRは行ったことがないので、地味に初体験です(飾りつけだけ)。
この日は朝のうちは曇りがちだったんですが、午後から晴れてきて、ツリーの輝き度が比べ物にならないほどでした。
光を反射してキラキラ輝いていて、色の数が圧倒的に増えてめちゃくちゃ感動!
でも午前中に撮りたいスポットはすべて撮って満足してたので、晴れてからの写真が少ないです。あとで後悔するパターン。

b0047061_20315359.jpgインディに行くついでに、私が食べたい食べたいってうるさいほど言ってた「うきわまん」のお店に寄ってもらうことにしました。
ポートディスカバリーにあるシーサイドスナックというお店でのみ扱っています。300円。

前に食べたギョウザドッグが期待してたほどではなかったので、今回初めて食べたうきわまんの美味しさにヤラレタ!と思いましたよ。
ぷりぷりのエビがいっぱい入ってました。
朝食抜きで気合い入れて来てたので、このうきわまんで食欲がいっきに爆発しそうになりました。もっと食べたい・・・。
群がってくるカモさんにうきわまんをちょっとちぎってあげたり、すでにまったりモード(´∀`)


b0047061_215596.jpgインディ・ジョーンズ・アドベンチャー。クリスタルスカルの魔宮。
デジカメ写真から判断すると約30分弱並んだらしい。
これ何回乗ってもおもしろい!
ストーリーっていうか若さの泉?けっきょく発見できたんだか何だかよくわからないけど、あの独特のジープの動きと何箇所かの仕掛けが超楽しい!
逃げる時のピャラピャラピャラ♪ってチープな音楽も最高です。
映画が観たくなる~(>u<)

再びポートディスカバリー方面に戻ったんですが、道中、反対側から大柄な女性が物凄い勢いで突進してきて、すんでのところで弾き飛ばされるのを回避しました。
たぶんなんか一個目のアトラクションをクリアしてインディに向かってたんやろうな~・・・。
巨大な人間に猛スピードで突っ込んでこられてコンクリに倒れこんだら、打ち所悪いとしぬ?
だからパーク内(学校とかでも)では走るなってあれほど言われてるのに。

そのたすれ違う人のおいしそうなジャンクフードと、ディズニー帽子関係のかぶりものをチェックしつつストームライダーに向かいました。
被り物とかカチューシャ系、とっても好きでこの日もなんかかぶりたかったんですが、友人2人はまったく興味がなく、諦めました(i_i)
「いいよ~びかさん好きなのかぶりなよ~」って言ってくれたけど、一応年長者としての威厳とか自覚とか・・・。それに心の底では「プゲラwwwwwwww」とか思われてそうな気もしたし。
でもお店でかぶりまくって写真だけは撮った(´∀`)
豹柄ふわふわのミッキー耳可愛かったな。

b0047061_1546538.jpgストームライダーおもしろい!シーにきたら毎回入ってます。
目の前にファイナルファンタジーの世界が広がってるようで、ほんまにそこにいるような感覚が凄い!
うちにもこれくらい素晴らしい設備があればな~(・∀・)
今回座り位置のせいかかなり濡れてしまいました。
外に出たらちょっと寒かった。


b0047061_15575330.jpgその後となりのアクアトピアへ。
けっこうトラブル発生率が高く、その時には水を抜いて歩いて脱出させられるという話を聞いているアトラクションなので、毎回ひそかにトラブルを楽しみにしてたり。
でもまだトラブルに遭遇したことはありません。いい事やけど。
並んでる間、近くにいた子連れ家族のお父さんがうきわまんを食べてて、ニコニコと何回も何回も「これうまいなぁ~!うまい!あーうまい!」と連発してて笑いそうになりました(笑)

b0047061_16452611.jpgタワテラのファストパス11時までまだ20分ほどあったけど、アメリカンウォーターフロントまで戻りながら、ブラブラしつつお土産をチェックしたりして時間をつぶしました。
途中でダッフィーのグリーティングに出くわしました。
ダッフィーといえば最近売り出し中?のミッキーのぬいぐるみという設定。
なにげに顔面の白い部分がミッキー模様なんですね~。
その他の部位にもミッキー模様が入ってるらしいけど、詳細はよく知りません。あんまり興味ないし(^^ゞ
こういかにもカワイイ!ってキャラより、スティッチとかジーニーとか、キモ系の方が魅力的(´∀`)

そして10分前にはタワテラのファストパス用入り口に待機してカウントダウンして待ちました。
気合入りすぎ(笑)
絶叫系苦手で今回パスの友人は入場と同時にお別れ。お土産でも物色してるということで待っててもらうことに。
一緒に乗る友人も絶叫系ダメらしいけど、なにせ最新&大人気アトラクションとなれば乗らないわけにはいかない!ということでチャレンジ。
ずーっとドキドキしてたそうです。
絶叫系が苦手って言っても酔ったりして気分が悪くなるわけじゃないのに、ドキドキするというのがちょっと不思議。

長くなったのでその2へつづく。
[PR]
by bi_ka | 2007-11-18 23:43 | おでかけ&地域&旅行
ライブと帰省の旅@その6
ターミネーターのあと、お土産やさんでちょっとウロウロしてたら外はすっかり暗くなっていました。
ライトアップされてて雰囲気あって凄く綺麗でした~。
b0047061_1756586.jpg
2人とも自宅までけっこう距離があるので、ちょっと早めに退園することに。
まだまだ見たいアトラクションはいっぱいあって後ろ髪ひかれまくったけど、また次回に・・・と自分に言い聞かせました。
中でもバックトゥザフューチャー、デロリアンに乗ってみたかったなぁ。
あとピンクカフェっていうピンクで統一されたお店も行ってみたかった。

b0047061_1805598.jpg次回いつになるかわからないけど、とりあえず一回行ったので気が済んだというのは正直あります(^^ゞ
以下、ちょっと辛口感想。

とにかくB級っていうか、赤字経営丸出しっぽい園内がどうも期待外れっていうのかな。
楽しかったけど、もっともっといい施設になるはず!惜しいなぁって思いのほうが強かったです。
人手不足っぽいのも気になったし、日曜にもかかわらず閉まってるワゴンも少なくない、ゴミがいたるところに落ちている、平気で持ち込み弁当を食べてるのに放置、高速道路も平気で丸見え状態のまんま。自販機があること自体ショックでした。
私はべつに風紀委員気質ではないし、わりと節穴ぎみな目の持ち主のはずなんですが、それでも気になることだらけでした。
テーマパークってそういうものとは対極に位置するものだと思うんですよ。単なる遊園地としての域を出ていないのは大阪だからでしょうかね?
持ち込み弁当やゴミなんてのは客側の意識も大切なわけで、お客さんを教育するという面においても失敗してるように感じました。
もっと企業努力を続けて、何度でもリピートしたくなるテーマパークに成長して欲しいです。

友人とはお互い反対方向なので西九条でお別れ。
たまたま友人側の電車が先にきたんですが、ものすごくあっさり飛び乗って去って行きました・・・。
「先にゴメン」とかのたぐいもなく、じゃーねー(^^)/~~~って感じの軽さ。
一本でも早く乗りたい気持ちはわかる。わかるけど、関東からはるばる出てきた私としては、なんとなく一人残して行って欲しくなかった(^^;
地元民なので、別に土地がわからないからとかそういうことではなく、気持ちの問題なんですよねー。
私だったらきっと友人を見送ってから電車に乗ると思うなぁ。
お客人より先に、しかも超爽やかに去っていく。変なところに気がまわるわりに、大事なところで何か足りない。昔からかわらない友人でした。

b0047061_18265463.jpgようやく一年ぶりに帰った我が家。
相変わらず時間がゆっくり流れてる感じ。
愛鳥が人のご飯を盗み食いしにくるという厚かましさも変わってなくて一安心。

いつもなら食べきれないほどご飯が出てくるところですが、今回胃腸を壊してるのでうどんや雑炊、にゅうめん等を作ってもらって質素な食生活を送り続けました。

← 私の雑炊を堂々と盗み食いする愛鳥。
親に人間の食べ物はあかんと何度言っても聞き入れてもらえず、すっかり諦めてます。
ぜんぜん関係ないけど、家族同然のペットがご飯の上を土足で歩いてもまったく気にならないのはどこの家でも一緒ですよね?(笑)
私、神経質というか潔癖ぎみなんですが、愛鳥の土足ならそのまま口に入っても無問題。鶏がらフレーバーを堪能できちゃいます。

うだうだと実家を堪能したのは正味1日とちょっとって感じ。
いとこが小さい息子を連れて遊びに来て、大騒ぎして帰った日はほぼ休まらなかった(^^;
久しぶりで楽しかったし、いとこも私も一人っ子で一緒に過ごすことも多かったので姉妹みたいなもの。
子供好きではない私にとって(表現ソフトめ)、その妹同然のいとこの息子はやっぱりそれなりにかわいいもんです。
うちの両親は孫同然に可愛がっていて、4~5歳と幼いながらもその子はうちの親を手玉に取っていました。
いとこの母(私の叔母)も少しの時間だけど訪問してくれて、なんかちょっと昔に戻った気分になれました。

その日はなんか魚の鍋料理を作ってくれてみんなでつつき、私はあまり食べることができなかったので、みんなが帰ったあとおじやにしてもらいました。
潔癖ぎみな私には家族とは言えみんなで鍋をつつくのも軽い抵抗があるし、その鍋から作ったおじやも厳しいけど、そんなこととても言えず(^^;
愛鳥と一緒に食卓を囲むのは平気なのに、ちょっとおかしいですかねやっぱり。。

b0047061_16532445.jpg← 自宅で広げまくったUSJみやげの数々。
もっと買いたかったけどとにかく持って帰ることを考えたら憂鬱になったので、ちょっと控えめに。
缶に入ったお菓子類も選ばないように気をつけたり。
右上のターミネーター頭部は今我が家のテレビの上に鎮座中。
うちの親に得意げに見せたところ、母は面白がってたけど父は微妙な顔をしてた。

一年ぶりの実家ともお別れの時がやってきました。
また一年後に来れるといいんやけど。
とにかくライブの都合によるかな(笑)
また来年ライブやりたいってメンバーも言ってたので実現しそう。

前回と同じく帰りはさくっと飛行機で。
b0047061_173755.jpg
ネット予約してたんですが、窓際は翼付近しか取れない状況だったので仕方なくこの位置を予約。
お見送りにきてくれた両親に翼付近に座ると告げ、エンジンが爆発したら真っ先に死ぬなぁ(笑)なんてなごやかにお別れを惜しむ。

音は思ったよりうるさくなかったので安心。
最初は翼があちこち可動するのが面白かったけど、そのうち乱気流地帯に突入してしまい、微妙にいやな感じでした。
揺れによる酔いというのもあるけど、翼の角度の変化が目の前で見えるので、機体が今どれくらい傾いてるのかわかりすぎ!
うあー、それ傾きすぎちゃうん?ってちょっとドキドキさせてもらいました。

b0047061_17152029.jpg今回たまたま満足度アンケートをやっていました。
特に不満もないので良い感じの回答をパパっとしてものの5分もかからないで終了。
乗務員に見えないように封をするようになってたけど、見ようと思えばいくらでも隙間から見える中途半端な用紙(笑)
謝礼にJALボールペンを貰いました~。

乱気流のせいかやや通常コースをそれつつ、それでも定刻通りに羽田に到着しました。

b0047061_1725588.jpgなぜかバスのお迎えがなかったので、長いコンコースをひたすら歩いて駅のある出口まで。
久しぶりの空港、おもしろくってあちこち寄り道しまくり。
携帯からも投稿したけどたまごっち飛行機が離陸準備中で、飛び立つまで待とうと10分くらい見守ってたんですが、コース半ばで停止してしまったため諦めて帰りました。
CMでよく見かける、中国のパンダ飛行機も見てみたいな~。

その後モノレールで浜松町まで。
あとは新橋を通りいつもの通勤風景へと。
ああ、今回の旅も終わったんやなぁ~と脱力感に襲われる瞬間です。
ライブでの体調不良は今思い出しても激しく憂鬱ですが、行かないで後悔するよりはずっとずっと良かったはず。
いっぱい散財してしまったのでまた来年に向けてコツコツ貯めなければ。

終わり。

その5
[PR]
by bi_ka | 2007-11-17 17:37 | おでかけ&地域&旅行
ソウ2
b0047061_17171416.jpgソウ4公開にあわせてワンコイン(500円)上映されている旧作シリーズ。
2もなんとか無理して行ってきました。
初めてのプレミアスクリーン、しかも仕事帰りに行ったので、座り心地のよさに眠ってしまうんじゃないかと上映前にちょっとドキドキ。
リクライニングシートを目一杯倒して鑑賞したけど、別にプレミアスクリーンじゃなくてもいいや、私は。
もっともっと倒れるなら嬉しいけど、思ったより倒れなかった。しかもスクリーン小さいし。

続編ものとしてはよくできてると思います。
早々に犯人が登場、ていうかかなり出ずっぱりだったのにびっくりしました。
コンタクトかな?と思うけど、緑の瞳がきれいな不気味なジジイ。いい表情してます。
主演はびっくりドニー・ウォールバーグ。
バイオレンスっぷりが妙に説得力あります。ていうかやりすぎ暴力、かなり笑えました(笑)
あと、暗闇を手探りでソロリソロリ進む中、後ろからきた女性がいともたやすく電気スイッチを入れるとか、かなり爆笑。完全にコメディやん!

ストーリーについては前作とつながってるけどどれくらい時間が経過したのかよくわかりませんでした。
前作で死んだ人のミイラ具合から数ヶ月は経ってそうな気がするけど、本作自体の時系列もちょっといじってあったし、ほんまよくわからん。

たいてい続編というのは一作目を超えられないと言われてるけど、本作は見方によっては超えてるとも言えるかもしれません。
普通のサスペンス映画としては相当楽しめるけど、かわりに独特の雰囲気は失われてしまったと思います。登場人物も多すぎるし。
謎解きに関してはそれ自体が罠としての存在価値しかないため、結果を見てナルホド!といった気分になれなかったのが残念。
たぶん、犯人が言ってたけど「生存本能」が希薄すぎる登場人物たちをイライラしながら鑑賞するのが醍醐味なんでしょうね。
ホラー映画でよくある、無鉄砲でバカな行動をするキャラから死んで行くの典型。というか茶化してる部分もあるのかも。

罠・仕掛け器具については今回もガッカリです。
そこかしこにいい感じのアイテムが見え隠れするのに、それらを期待以上には使ってくれないストレス。
冒頭の「つかみ」にあたるショッキングシーンの仕掛け、盛り上げるだけ盛り上げといて・・・うまくごまかされてしまったガッカリ感でいっぱいです。
CUBEではもっと容赦ない描写だったので余計に肩透かしな気分です。
まぁCUBEについては続編がすべてクズ同然だったので、ソウシリーズ(まだ2までしか観てないけど)は神レベルに思えますが。CUBEほどには思い入れがないからなのもあるかも。

今日から3のワンコインが始まったので、これまたはりきって行ってきたいと思います。
その後ついに最新作に追いつく!
気がかりなのは4の予告編ですでにチラホラと旧作のネタバレをされてること。
ワンコイン上映の予告編で4の予告を流すのは当然にしても、ネタバレはやめてほしー(;ω;)

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて。

ソウ2
SAW II
2005年 アメリカ
監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:ドニー・ウォールバ-グ、トビン・ベル、ショウニー・スミス
[PR]
by bi_ka | 2007-11-17 17:29 | 映画(感想) 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧