ゴロゴロしあたー
<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧
車に轢かれかけた!
仕事帰りに新橋のSL広場横の大きな交差点を渡ってて、車に轢かれかけた!
私を含め数人のサラリーマンのおっちゃんとかOLのお姉さんとかまとめてバシーンと。
ちゃんと青信号になるのを待ってから渡り始めたのに、遠くからブォーってギリギリ通過しようと突っ込んできた車にみんなうわーってその辺に飛びちった感じ。
すっごい危なかった。

車はそのままひるむことなく物凄い勢いでSL広場に横付け。
黒塗りのでっかい車ですよ・・・。
停車した途端助手席からおっさんがバーって出てきて大急ぎで後ろのドアを開けてた。
横を通り過ぎる時思いっきり睨らんだろ!って思ったけど、そんなこと実際にできるはずがない(^^;

もし轢かれてても泣き寝入りなんやろうなー。
ああいうホンモノの人たちって一般人に迷惑かけたりするもんなのかな。
ひたすら下っ端の運転手だけが悪いんかな?
後ろに乗るボスの本意ではないと思いたいけど、もしそうやとしても部下の教育を怠ってるのは間違いないな。
[PR]
by bi_ka | 2007-01-30 23:46 | 日記+その他 
TXシネマエクスプレスチケット
b0047061_06586.jpgMOVIX柏の葉のHPで発見してさっそく使ってみました。
つくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅を利用して映画を観るとちょっとお得になるサービス。

電車代と映画代で合計1,700円。
対象となるのは柏の葉キャンパス駅までの上りと下り各何駅かずつのみ。
告知によると最大28%お得ってことやけど、ほとんどの人はたぶん流山おおたかの森駅からと思われ。
私もそうやけど、おおたか利用の場合、片道200円、往復400円。
合計金額の1,700円からこれを引くと実質1,300円で映画が観られる計算に。
レイトショーが1,200円やから微妙といやぁ微妙やけど、昼間フラフラ~と行ってこの料金で観られるならまぁいい感じ。
おおたか駅より遠方から来る人はもっとお得やけど、むしろ他の映画館に行ってしまう可能性大?

TX線の対象各駅窓口にて販売中ってことで、訪れてみたら、なにやらアンケート用紙を渡されました。
これに記入してMOVIXに持っていくとポップコーンをくれるらしい。これまた微妙。嬉しいけど・・・あと100円下げてくれた方がもっと嬉しい(笑)

ちなみに映画チケットもポップコーンチケットもこのサービス期間中だったらいつでも使えるみたいで、無理して当日おなかいっぱいなのにポップコーンに換える必要なし。
期間中ガンガンサービスチケットを買って最終日にイッキにポップコーン引き換えってのも面白いんじゃない?
マイバケツ持参でコレに入れて下さい(・∀・)とか。

会員カードのポイントも10点つくので、期間終了まではひたすらこのチケットを買い続けてポイントを貯めまくる予定~。現在4本ほど無料で鑑賞できるほど溜まってます~ぅ(60ポイントで1本無料鑑賞)
たまにポイント消費してるつもりやけど、貯める方が多いって感じ。ネット予約すると5本で1本無料になるし。

告知URL
http://www.movix.co.jp/smt/cam_tx-cinemaexp/index.html

2007年1月23日~2007年4月10日までらしいので、上記URLはその後消えてしまうでしょう。
アンケートにはこの企画大変素晴らしいのでずっと続けて下さい!って書いておいたけど、終了する4月にはTOHOシネマズもオープンしてるしどうなってるでしょうねー。
そういえばTOHOシネマズはもう外観にロゴとかバッチリ入ってました!
[PR]
by bi_ka | 2007-01-28 00:27 | 映画(感想以外) 
最狂女装計画
おバカで下品なパロディで有名な最狂シリーズは、全部観てます(^^ゞ
チャーリー・シーンの出てるやつは監督が変わったけど、本作はオリジナルのウェイアンズ兄弟製作。
なんかタイトルに騙されたかな?っていう内容だった。ある意味この邦題のせいで損をしてるかも。
アホ映画には違いないけど、物凄く真面目に作ってあって、意外にもちゃんとした映画作品!
脈絡のないパロディとか突然のギャグはほとんどなくて、凄く上手く本編に織り交ぜてあると思った。

主演2人が女装する白人セレブは明らかにヒルトン姉妹(笑)
デフォルメを通り越してそんなアホな!と思うほどの言動のオンパレードやけど、陰湿な悪意はまるで感じられない。
全体を通してとてもあっけらかんとしてて見ててほんま楽しかった。

女装に関しては黒人男性が白人の若い女性に変身、という観点から見れば確かに凄いと思う。けどやっぱりいくら減量しても体格の不自然さは隠し切れなかったなぁ。
でもそれ以外はけっこうソレっぽく見えて面白かった。可愛い衣装とかも何気に着こなしてたり。
何よりも動きの一つ一つが物凄く細かくてプロ根性を見た。
「キャリー」風パロディもゾクゾクきたし!

おバカでくだらないコメディ映画にたくさんのスタッフが愛をこめて作ったいい映画やと思います。
なにげに犬が可愛かったのもポイント。
セレブの取りまきの一人にエミリー・ローズの女優さん(ジェニファー・カーペンター)がいてビックリした。エミリー役の怪演ってもともと持ちネタだったんや~(笑)

最狂女装計画
WHITE CHICKS
2004年 アメリカ
監督:キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ
出演:ショーン・ウェイアンズ、マーロン・ウェイアンズ
[PR]
by bi_ka | 2007-01-27 21:06 | 映画(感想) 
ディパーテッド
オリジナルの香港映画は未見で、ストーリーもさっぱり知らず。
スコセッシのギャングオブNYが全然面白くなかったから、うーむどうかなぁ?でも俳優めっちゃ豪華やなぁ・・・って思いながら観た。めっちゃ楽しめた。
上映時間の長さ(152分)もそんなに苦痛じゃなかったし。
楽しめた理由の大半は脚本の面白さと豪華出演陣なのかな。

ディカプリオは元々好きやし、相変わらず繊細な役柄だったし、もう1人の主役マット・デイモンの3割くらい出番が多かったような気がするし。
デイモンは顔がブサイクやという理由により、めっちゃ好きな俳優さんではないけど(本人に罪はないし)、いい感じの憎まれ役演技だったと思う。
ていうかデカプーは単純においしい役で、デイモンはひたすら損で難しい役だったなぁ~って印象。

あと観る前にはデカプーとデイモンを軸においた展開を想像してたんやけど、ジャック・ニコルソン出すぎでややウンザリした・・・。
アンタのワンパターンキチ○イ演技そんなに延々と観てたくないよ、もう飽きたよ。若手の見所を減らさんとってくれ。どう考えてもニコルソンが出てるシーンだけ演出上しゃしゃり出てますっていう浮いた空気が漂ってた。
まぁでもオッサンの着てるTシャツはなんか素敵だったな。日本人が「神風」Tシャツ着るようなもんか?着ぃへんわな普通。
マーチン・シーンとマーク・ウォールバーグのコンビは良かったなぁ。なんか凄い好き。
特にマークの激しく汚いセリフカッコ良すぎ。もしかして若い頃の素に近かったりして(笑)

どれくらい潜入捜査やってたのかの期間がちょっとわかりづらかったのが気になったなぁ。
交際期間に関するやり取りとかから想像するに、1年は経ってなさそうで、意外と短いなーって思った。
あと、時々編集が雑だったのも気になった。同じシーンの別角度からのカットのつなぎが、違和感を感じるほどに別撮り感が出てた。
でもピリっとしたアメリカンジョークが結構笑えてほんま楽しかった!

そういえば彼女に渡した封筒の中身が凄い気になって、もしかしたらエンドロール後に出てくるのかも!と期待して待ってたのに、何もなかった・・・(´・ω・`)

MOVIX柏の葉にて。

ディパーテッド
THE DEPARTED
2006年 アメリカ
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ、マーチン・シーン、アレック・ボールドウィン
[PR]
by bi_ka | 2007-01-27 21:03 | 映画(感想) 
あんぶれら
b0047061_2231510.jpg傘といえばアンブレラ。
アンブレラといえばバイオハザード。

やられた。
電車を降りたら雨が降ってた。
今日降るなんて聞いてなかったーーー。
天気予報見てなかったけど、降るような気配感じへんかったし。

傘なしではちょっとミジメさが炸裂するほどの雨だったので、仕方なく駅前のスーパーで傘をゲット。
どうせ買うならビニール傘よりきちんとした可愛いやつがいい。
色々物色してたらすごい可愛いの発見!
真っ黒で裾部分がグルリと白のレース柄になってるやつ。ちょっとゴス系かも?

最近シェルブール雨傘店が始められるんちゃうかってくらいたまってきた。
[PR]
by bi_ka | 2007-01-26 22:35 | 日記+その他 
ディア・ウェンディ
劇場公開時めちゃくちゃ観たかってん~。
有楽町のシネカノンでやってて、職場から凄い早足で10分くらい。上映時間が18時~とかってどんだけ仕事頑張っても無理やん!みたいな。
その次の上映は21時からって・・・余裕で到着できるけど、終わったら終電に近いし遅いにもほどがある。

結局レンタルで我慢しようと思って、このたびついにお店で発見!
そんなに熱心には探してなかったけど、まさかキワモノB級アクション・ホラー系の棚にあるとは思ってもみなかった。

この映画が観たかった一番の理由はポスターのデザイン。
赤いビロード生地の上に銃が載った写真。めちゃカッコええ。
人物が写った別バージョンもあるんかもしれんけど、そんなのどうでもいいって思えるくらいシビれるグッドデザイン。
映画内でも大切に扱われる銃のシーンがいくつか出てきたけど、やっぱりどのシーンも素敵だった。

お話の方は痛烈な銃社会への批判って感じ。
一見、爽やかっぽく若者の青春の1ページを切り取ったかのような演劇調のドラマやけど、いたるところで悪意に近い意思が感じられる。
我々日本人には馴染みがないからやや寒いだけやけど、アメリカ人はこれを観てどう思うんやろう。

序盤と終盤は大げさっぽい演出も含めてけっこう面白かったけど、中盤めっちゃダレた。黒人が登場して、うわー何かが起こりそうな予感・・・って思うも、なんか微妙な方向に行ってしぼんでしまったような。
主人公のジェイミー・ベルが思ってたよりカッコ良かったから、それだけでまぁ満足ぎみ。監督もすごいイケメンらしいですな。

ディア・ウェンディ
DEAR WENDY
2005年 デンマーク・フランス・ドイツ・イギリス
監督:トマス・ヴィンターベア
出演:ジェイミー・ベル、ビル・プルマン
[PR]
by bi_ka | 2007-01-24 21:44 | 映画(感想) 
不法侵入にゃ
b0047061_23132549.jpg何日か前のすごい寒かった日。
なんか窓の外に動く物体発見。
白いネコたんだった。かわいー!
窓をコンコン!って叩いたらこっちに気付いたけど、馴れてるというよりはふてぶてしい感じでのっさり移動。
いそいそとデジカメ持って戻ってきたら、なんと玄関のまん前でトイレをしようとしてた!
コラコラコラーって追い払ったらすごい不満げに塀の上に行ってこっちをジーと見てた。
うちの敷地で勝手にトイレするなぁ~!
もしかしていつものトイレタイムをジャマしてもうた?私。
[PR]
by bi_ka | 2007-01-22 23:17 | 日記+その他 
予言
もういいよこの手のジャパニーズホラー。
だったら借りてくるなって話やけど、私はあくまでも便乗鑑賞。映画と名のつくものが手元にあれば観ずにはいられない。

それにしてもタイトルからはおよそ想像してなかった内容。
タイトルに騙された。完全に。
そもそも最初に三上博史やと気付かへんまま、公衆電話ボックスで妙な新聞の切れ端を見た時ん~?と。
・・恐怖新聞みたいやな・・・

そのまましばらく淡々と観てて、どう考えても恐怖新聞?
でもちょっと設定とか違ってるっぽい。
恐怖新聞って小さい頃にパラパラ~と何回か軽く読んだだけやけど、鬼形礼っていう名前でピンときた。やっぱり恐怖新聞やん!
今時っぽいタイトルつけてずるいー!

あちこちツッコミたいポイントはいっぱいあったけど、何よりも全く恐怖演出がなかったのに驚いた。
ジャパニーズホラーっていうジャンルから外れた映画なんかな?
ただの不思議系映画が撮りたかっただけ?
鬼形礼の家のロケはちょっと良かった。ここもツッコミポイントてんこ盛りだったけど、静かな不気味さはかすかに漂ってた。良かったのここくらいかなぁ。

あとは三上がイキイキと演じてるところが見所?
いつの間にこんなキワモノ俳優になってたんやろ。
驚きの形相がもう笑えて仕方ない。つのだじろうと言うよりはむしろ楳図かずお漫画。

それにしても恐怖新聞の時代はもうセピア色の彼方の出来事。
どうせタイトルをおしゃれっぽくするなら、今の時代、もうちょっと電波系のアイテムにした方が良かったんじゃない?でもそうすると類似映画がもうあったっけ(笑)それか時代設定を過去にすれば良かったのにな~。

あと三上よ、現代文の教師なら漢字(欠席の席っていう字)の書き方っていうか筆順間違えたらあかんで。スタッフの誰も指摘せんかったんけ?

予言
2004年 日本
監督:鶴田法男
出演:三上博史、酒井法子
[PR]
by bi_ka | 2007-01-21 18:38 | 映画(感想) 
アローン・イン・ザ・ダーク
おお、クリスチャン・スレーターや!懐かし~!
なんかゲームが原作の映画化といったらB級っていうセオリー通りの出来で、久しぶりに見るスレーターもかなり微妙っぽい。
ハリウッドスター超からまわり!みたいな(笑)

このゲーム昔遊んだ記憶があるけど、内容はすっかり忘れてしまった。
バイオハザードみたいなもんかな~と思って観たけど、もっともっとチープだった(^^;
前半ワイヤーアクション、後半サバイバルアクション。
このワイヤーアクションがええ~今更~?って感じ。
スローモーション多用(しすぎ)、スレーターが体張ってるのは凄いけど、なんかヘボヘボ(笑)
素人の私が感じた。・・・もしかしてカメラワークと編集が悪いんじゃ?

ストーリーや世界観、登場人物たちなどなど、素材はけっこう良さそうなのに。これだけ揃ってて面白くないわけがないってくらいなのに。
どれも掘り下げが足りない・・・というか目指す方向を間違ってしまってない?
たまにB級系のダメダメムードに笑ってしまったけど、B級への愛のある笑いじゃなくてほんま困った系の困惑笑い。

後半のサバイバル、洞窟探検も悪くないはずなのに、なんかダラダラ感漂っててもったいない。メリハリがないんよ、多分。謎の生物に襲われる→特殊部隊の繰り返しばっかりやし。
まぁゲーム原作映画は全部観ておきたい私なので、後悔はしてないけど。ていうかわざわざ遠くでやってる劇場まで足を運ばなくて良かったと思えた~。

アローン・イン・ザ・ダーク
ALONE IN THE DARK
2005年 カナダ・ドイツ・アメリカ
監督:ウーヴェ・ボル
出演:クリスチャン・スレーター、タラ・リード
[PR]
by bi_ka | 2007-01-21 18:34 | 映画(感想) 
ラッキーナンバー7
なんか期待しすぎてたかなぁ・・・。確かに面白かったけど、満足度があんまり。
真面目にきちんと作ってあるっていう印象もあるし、出演者も豪華やし。
でもなんて言うか、真面目というよりはクソ真面目って感じで、その辺で私としては面白みを感じられなかったのかも。

主人公のジョシュもあんまり好きじゃないしな~。
この人よりむしろ冒頭空港の待合室?シーンで座る若者の方が良かったな~。この人どこかで見たことある・・・どこだっけ。彼を主役にしてくれたらイケメンを眺める楽しみがあって良かったのに~。
ブルース・ウィリスは相変わらず似たような役ばっかりやけど、そこがいいところかな。開き直った感じのふっきれた演技がカッコ良くもあり笑えるところでもあり。
若い頃の回想シーンのブルースのヘアスタイルちょっと必見じゃない?(笑)

ストーリーは思ってたよりもかなり単純明快っていうか、やや肩透かし。
色んな数字が溢れまくってたから、けっこう気合を入れて見逃さへんで!と力入れて観てたのに。なんか疲れただけ。
終盤の種明かしシーン長すぎるし、それを言うなら序盤の伏線もあからさますぎたような。もうちょっと隠しぎみの方が後半面白みが増したと思う。
何よりもジョシュが人違いの誤解を解こうとする努力をすぐに放棄したところがマズイと思った。

種明かしの全てがもうわかりきってたこと以上の何もなかったので、ただただ長いのぅ・・・って印象しかなかったし。ジョシュ好きじゃないし。
モーガン・フリーマンもいつもに比べてイマイチだった。もったいない。
ルーシーも可愛かったけど時々ウザかった・・・。
ブルースとベン・キングズレーは良かった。

終わってみれば種明かし云々とは関係なく、ビニール袋のシーンが一番エキセントリックだったのが悲しい。
あっ、ゲイ兄ちゃんの護衛が飛び込んでくるシーンも笑ったな。すっかり忘れてた。

MOVIX亀有にて

ラッキーナンバー7
LUCKY NUMBER SLEVIN
2006年 アメリカ
監督:ポール・マクギガン
出演:ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、ルーシー・リュー、モーガン・フリーマン、ベン・キングズレー
[PR]
by bi_ka | 2007-01-20 16:12 | 映画(感想) 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
お気に入りブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧