ゴロゴロしあたー
<   2006年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧
「骨の袋」読了
スティーヴン・キングをまた読み始めて一ヶ月。
やっと「骨の袋」上下を読み終えた~。一ヶ月かかってしまった。
上巻の中盤あたりからグングン面白くなってきたけど、序盤のノロノロスタートに思いのほか手間取ったというか、世界に入り込むのに難儀した。

途中からはもう先が知りたくて知りたくて、電車の中でも夢中で読んだし、降りるのがすごい憂鬱なほど没頭した。
終盤はキングお得意の畳み掛けるようで衝撃的な展開でまるで嵐のよう・・・というか文字通り猛烈な嵐だった。

個人的に興味深かったのは、主人公のキャラ設定。
キング作品の主人公が作家というのは珍しくもなんともないけど、「書く」こと自体を描写している点がすごいポイントだったと思う。
まるでキング自身の心のうちを明かしているようで、今後キング作品を読む上でちょっと印象が変わったかも。

ついでに本筋とはまったく関係のない隠れキャラがちらほら登場していてニヤリ。
架空の町キャッスルロック・・・確か以前、もうこの町は使わないってキング本人が言ってなかったっけ?まぁ思いなおしてくれたなら素直に嬉しい。

そんで、他の作品でも感じた一抹の寂しさやせつなさで一杯でした。
さすがに涙がこぼれ落ちるところまでは行かなかったけど。
「デッド・ゾーン」や「ペット・セマタリー」なんて悲しくて涙がとめどなくあふれたし、「トミーノッカーズ」でも爽やかな気持ちとせつなさがごっちゃになって胸がしめつけられもした。

なんというか、やっぱりキングの長編はいい。
年末休みの間に次の長編にとりかかろう!と思ったけど、一冊間に短編をはさむことにした。
「第四解剖室」
ダークタワーシリーズの番外編が収録されてるので、それが一番の楽しみ。
で、これを読んだら次は「ドリームキャッチャー」
映画化されてるけど、どうやら噂では凄まじくお粗末な出来らしい(笑)
文庫本は4冊組やし、ざっと裏表紙の解説に目を通したけど、めっちゃ面白そうやん!
[PR]
by bi_ka | 2006-12-30 01:27 | 本 
横濱三本珈琲@柏の葉
b0047061_227235.jpgららぽーと柏の葉のお店を少しずつ確実にチェック中。
今回はフードコートにある横濱三本珈琲でキャラメルミルクコーヒーを飲んでみた。
通りすがりに目に飛び込んできたショーケースのサンプルがあまりにもおいしそうで、キキーッ!と急ブレーキを踏むがごとく立ち止まってしまった。
さっそく注文して出てきたコーヒーは・・・サンプルに比べてものすっごいクリーム少なめでちょっとガッカリ・・・。
クリーム多めにして~(・∀・)って言ってみるのもテかなぁ?
クリームの量はさておき、さすがにコーヒーはおいしかった。

http://www.nilax.co.jp/project/pro03.html
[PR]
by bi_ka | 2006-12-26 22:13 | おやつ&B級グルメ 
イルミネーションあれこれ
クリスマスシーズンといえば綺麗なライトアップが楽しい。
運良くデジカメを持ってる時に綺麗な写真が撮れると嬉しい。
携帯しかない時はちょっと失敗した感もあるけど、写真じゃなく記憶にとどめておこうって、気持ちをきりかえて楽しめてまたいい感じ。
b0047061_22565160.jpg
↑流山おおたかの森駅のイルミネーション。
東武線とTX線の乗り換え地点にドドーンとでっかく。
人通りがまばらなので人影のない状態で撮れた。
トナカイさんのおうち?がただの犬小屋みたい。
b0047061_22585498.jpg
↑渋谷駅前。
渋谷はどこもかしこもライトがキラキラキラキラ。
贅沢でゴージャス。
ただし人の波が物凄いので撮影が容易ではない。
のたのた歩いてると突き飛ばされまくりそうやし。

b0047061_2304335.jpg→柏高島屋。
上の階から見下ろした図。
他にも赤と白の小さい熊(そごうと西武のクマもどき)がみっしりスライムからキングスライムに合体する時のように集合してるツリーのイルミとかもあったけど、ちょと気色悪いような。


b0047061_233754.jpg←松戸駅前デッキの謎の巨大コアラ。
これはいったい・・・。
通りを歩く松戸市民たちは目もくれず横を過ぎ去ってた。
ちなみに右側を歩く女性はほぼ隣に位置しています。決してずっと向こうにいるから小さいのではありませ~ん。
何が目的なのか、柏市民の私にはちょっと遠い異国の謎のオブジェのよう・・。

[PR]
by bi_ka | 2006-12-25 23:05 | おでかけ&地域&旅行
クリスマスといえばケーキしか!
b0047061_2248534.jpg普通に仕事して普通に帰ってきたクリスマス。
父にクリスマスのデコメ送っといたけど、それ以外特にクリスマス気分とかなし。
でも相方がケーキを買ってきてくれたので、ご飯ちょっと少なめにしてケーキもりもり。
どうやら例年通り投売り状態の安くなったケーキらしい。
こういうのを「ちっ!」と思う人もいそうやけど、私はご満悦。むしろ推奨。
安く買えるということが幸せ。
定価ではぜったいに買うべからず。
どうせ体めっちゃ丈夫やしー。

イチゴが3個ついてたけど、自分で載せるようになってて、センスよく置いてみた(つもり)
食べながらイチゴの入ってた箱をまじまじ見たら、鮮度を保つために洗ってないから、載せる前によく洗えって書いてあった。
すでに生クリームに気持ちよく埋まってるし・・・
しかもヘタも取ってないし・・・
[PR]
by bi_ka | 2006-12-25 22:54 | おやつ&B級グルメ 
「桜みち」のどらやき@柏の葉
b0047061_17501099.jpgららぽーと柏の葉のどら焼き屋さん。
色んな種類のどら焼きがあったけど、期間限定っぽいのでこの2つを買ってみた。

・いちごショコラ
・いちご生カスタード

私はショコラの方を食べたけど、めっちゃおいしかったー。
イチゴがまるごと入ってて、最初真ん中が異様に膨らんでるのが疑問だったけど、食べて納得。
中味は洋菓子っぽいけど、やっぱり和菓子。
甘さがしつこくない。
また買ってこようっと!

http://www.hotland.co.jp/sakura-michi/
[PR]
by bi_ka | 2006-12-23 17:54 | おやつ&B級グルメ 
敬愛なるベートーヴェン
b0047061_18223497.jpg映画の見所は音楽シーンとエド・ハリスのベートーヴェンって感じでした。
いたるところにベートーヴェンの曲が流れていて、ある意味卑怯なほど。素晴らしい曲のおかげでかなりいい映画に感じると言うのでしょうか。
まぁこの時期に第九を大劇場で安価で聴けたのでそれだけで大満足。

この映画から音楽を取り去ったら、悪くはないけど普通のドラマの域は出ていないかな。
ヒロインのダイアン・クルーガーは正統派美人で清潔感もあるし、良かったと思う。けど、ちょっと詰めが甘いかな~。女優さんが悪いのではなく脚本がちょっと微妙?ベートーヴェンとのからめ方が中途半端に感じました。
いまいち何がやりたくてベートーヴェンに近寄ったのかわかりづらいっつうか。最初は写譜のため、それがいつの間にか・・・?何?だからいつの間にか何?みたいな。

逆にベートーヴェンから見たヒロイン像はまぁまぁ良かった。
気難しやの天才が最初に彼女の才能を認めたポイントから、次第に女神のように意識し始める様子は美しいと思った。
途中でこれはエド・ハリスって意識しないとうっかり忘れそうなほどハマってたし。あのヘアスタイルのせいもあるか(笑)
ただの偏屈ジジイじゃなく、孤独感、音楽に対する情熱など複雑な人物像を魅力的に見せてくれた。やっぱりすごいよ江戸!

とにかくクライマックスである第九オーケストラは凄まじい。このシーンを観るだけでも価値がある!
まぁ私の個人的な感覚としては「時計じかけのオレンジ」の呪縛からは逃れられませんでしたがね(^^;
ことあるごとにオレンジの名シーンの数々と不適なアレックスの笑みが脳裏に・・・。
ベートーベンの甥がアレックス丸出しの風貌・性格だったのは私の気のせいなの?

エンドロール中も誰一人席を立たなかった。
みんな映画じゃなく音楽を聴きにきたんやな~と思ったよ。
ところでこの邦題っていかがなものでしょうかね?

MOVIX柏の葉にて

敬愛なるベートーヴェン
COPYING BEETHOVEN
2006年 イギリス・ハンガリー
監督:アニエスカ・ホランド
出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー
[PR]
by bi_ka | 2006-12-23 17:39 | 映画(感想) 
狩人と犬,最後の旅
確か夏頃に銀座あたりで公開されてて、ちょっと気になってたやつ。
MOVIX柏の葉のオープニングキャンペーンの一環としてワンコイン(500円)上映されたので超ラッキーでした。
他にもネイチャー系作品が何本かワンコイン上映されたけど、うまくタイミングが合わなくて行けなかった。低料金でポイントためるチャンスだったしもったいない。

ほとんど内容を知らなくて、タイトルから想像すると何となく、犬とともに旅を続ける狩人が自然と戦う映画なのかな~と思ってました。
当たらずとも遠からずっていうか、全然違ったっていうか、狩人の極寒の地における過酷ながらも強くたくましく生きるドキュメンタリータッチドラマって感じ?
冒頭でクレジットにhimselfと出たので、きっと本人による再現フィルム的な作品なんじゃないかな。

全体的には明らかに「映画」でした。
突然飛び出してくる巨大熊にしても闇に忍び寄る狼にしても、よく訓練された役者だったし(笑)
まぁ木材を運ぶビーバーとか雪原を歩く草食獣や鳥類などは、自然そのままの姿を撮影したんでしょうけど。
あー、でもおじさん達が座って語り合ってる真横を野鳥(カケス)が飛んできて餌を拾って飛んで行ったのはヤラセっぽいな(笑)それはそれでお利口さんやなぁと感心するけど。

と、そういう重箱の隅をつついたり真偽について考える映画ではなかった。
とにかく自然の厳しさとそこで強くたくましく生きる人間を描いてることにただただ圧倒され、驚嘆するばかり。
NHKで放送されるような大自然の紀行ものっぽいけど、大画面の迫力は段違い。
どのシーンも素晴らしい景色で満たされていて、厳しすぎる世界であると理解するにつれて更に増す神秘的で荘厳な美しさに息をのむばかり。
私のようなど素人&安物のカメラでもかなりいい写真が撮れそう~とか思ったけど、多分あんな厳しい寒さに放り込まれたら30分ももたない(^^;

寒さ対策についての描写が興味深かった。ちょっとした小物から衣装、建物にいたるまで、あくまでもさりげないっていうか、実際の本人の持ち物を使ってるとしたら当然なのかもしれないけど。
狩りで得た毛皮をフルに使ってるのがよくわかった。その貴重な恩恵を受けている狩人本人の意志みたいなものがしつこいほど描かれていた。おそらく監督か主演のおじさんが映画化するにあたって強く望んだメッセージなんでしょうね。
あれだけ凄い生活をしてる人が言うからこそ生きてくるメッセージやなと思った。

そして印象に残った言葉「白人が先住民に毛皮を売る時代になった」
白人である主演の狩人おじさんがゲットした獲物を、インディアン系店員がいるお店で売る時の会話。
面白いなぁウィットに富んでるなぁと思いつつも、どこか寂しい。狩人のなり手が減り、自然が破壊されている現実が見える。

それにしても犬が超可愛かった(#^^#)
シベリアンハスキーがぞろぞろとソリを引く時のヘンな表情も可愛かったし、餌を目の前にして辛抱たまらん動きとかも微笑ましかった。
とにかく人間も含む動物たちがあれだけの極寒の地で生きていけるってほんま凄い。

MOVIX柏の葉にて

狩人と犬、最後の旅
LE DERNIER TRAPPEUR
2006年 フランス・カナダ・ドイツ・スイス・イタリア
監督: ニコラス・ヴァニエ
出演:ノーマン・ウインター、メイ・ルー、犬
[PR]
by bi_ka | 2006-12-23 17:35 | 映画(感想) 
炎のメモリアル
劇場で観たかった映画。けっこう上映期間が短かったような。
自宅でDVDで観てやっぱり劇場で観たかったな~と思った。
大爆発の音響が凄くよくできてる。劇場で観たら自分が炎に囲まれたような気分になれたかも。
消防署で突然鳴り響く火災発生のベル音も緊張感が高まってよかったし。

消防士という仕事ぶりがとても真面目に描かれている上、かなりの時間を割いてあるのがちょっと意外っていうか、予想してなかった。
荒筋を全く知らなかったというのもあるけど。
自らの命を省みず他人の命を救うというのは、私にはぜったいにできない。消防士にだって大切な家族がいる。悲しむ人たちがいるというのに、なぜそこまでして?という疑問にホアキン・フェニックス扮する主人公は一つの答えを出しています。
この回答には理由はいらないという説得力をもって。

全体的にパッとしない印象もありますが、よくできた脚本だと思いました。
導入部分のエピソードを上手く使ってるなぁと観ながら感心。
緊迫の消防活動と温かい家庭シーンが交互に描かれておりメリハリがあるし、心理描写がわかりやすくて親切。

ちょっと予想を裏切るラストだったので「へぇ~ハリウッド映画まるだしってわけでもないんや・・・」と思ったのも束の間、その後リーダーが民衆の前で熱く語り始めたので、苦笑い。
ただし、いつものハリウッド映画のようなアメリカの大統領や軍隊幹部ではなく、消防士だったので、げんなり度は低め。
政治色がほとんどないというのもあるけど、やっぱり身近に感じるからというのがその理由かな。

とりあえずこういうシーンを見ると、「タワーリングインフェルノ」のオハラハン隊長(スティーブ・マックィーン!)のセリフが私の中でずっしりと重みを増して降りてきます。
「まったく建築家というやつは・・(略)確実に消火できるのは3階までだ。」
炎のプロである彼らはわかっていながら、人命救助のために明らかに危険な建物内に入っていくんですよね。その勇気に物凄く心打たれます。
炎のメモリアルでもその辺の精神がきちんと描かれていたと思います。

炎のメモリアル
LADDER 49
2004年 アメリカ
監督:ジェイ・ラッセル
出演:ホアキン・フェニックス、ジョン・トラボルタ、ジャシンダ・バレット、ロバート・パトリック
[PR]
by bi_ka | 2006-12-20 23:33 | 映画(感想) 
ハッピーフィートぐみ
b0047061_22203444.jpg会社の人からアメリカみやげを頂いた。
HAPPY FEETっていう名前の変なペンギンのお菓子・・・。
ペンギンといえばちょっとドジっぽいイメージのある愛くるしい生き物やけど、これ・・・全然可愛くないんですが。

裏を見るとワーナーの文字があったりしてすごい謎。
なんやねんっ!と思って検索したらCGアニメでした。
日本でもそろそろ広告媒体が出始めた感じ?
MOVIX亀有ではでっかい立て看板が設置されてるし。

中味はなんか微妙な色合い・肌触りのグミ。
消しゴムのようで怪しさ超炸裂。
そして有り得ないくらい激甘。一袋イッキ食いしたら死ねる。
アメリカ人の食べ物の好みはほんま恐ろしい。
[PR]
by bi_ka | 2006-12-19 22:26 | 映画(感想以外) 
アンテンドゥ@亀有
b0047061_0175534.jpgArio亀有のフードコート近くにあるベーカリーカフェANTENDO。
イートインコーナーがあるなんて知らなかった。
何となくガラス越しにパンを見つめてて気付いた(^^ゞ
映画の前に30分ほど時間があったので入ってみた。
軽い休憩に重宝するベーカリーカフェ。
フードコートより落ち着けるし~。
この時に食べたのは

・おさつでござる
・優美ずんだあんぱん
・紅茶

温かいカフェオレとか飲みたかったのに、機械が故障中とかで紅茶。
入店した時にはおばさんが2人いたけど、すぐに出ていって、貸切になって超ラッキー!

http://www.ario-kameari.jp/floor/detail/index.php?serial=001560
[PR]
by bi_ka | 2006-12-18 00:23 | おやつ&B級グルメ 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
お気に入りブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧