ゴロゴロしあたー
<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
モディリアーニ~真実の愛~
b0047061_1222298.jpg日比谷シャンテ・シネで観て来ました。
この映画館、改装後初めて立ち寄ったんですが、全席指定制になったんですねー。なんか微妙・・・。

この映画思いっきりミニシアター扱いですが、主演がアンディ・ガルシア。こんな作品にも出るのねぇ・・・なんてちょっと意外に感じつつ拝見。

・・・いいじゃないですか、アンディ!!
すっかりご自身がゴッドファーザーのようなどっしりしたオジサンになってしまってたけど、おじ様ならではの味わいが出まくり。
私にとってのアンディ・ガルシアはどうも笑いの対象で、真剣に演じれば演じるほど滑稽に見えてくる俳優さんでした。
なんかスカしてるというかキザというか。なんとなくイタリア人男性のイメージっていうか。
実際のモディリアーニは30代半ばで亡くなってるので、ちょっとアンディでは老けすぎかな~と思ってたんですが、かなり違和感なし。貧乏設定なわりに中年太り体型がちょっとアレでしたが。

冒頭「この映画はフィクションが混ざってるからね!」みたいな注意書きがありました。親族からのクレーム対策かな・・・と思ったんですが、どうなんでしょう。
どれほどの作り話なのかはよく知りませんが、アンディがタバコを吸う演技を見るだけで元は取った!と思いました。なんか観かた間違ってるかも(^^ゞ
芸術家としてでなく1人の人間として考えるとどーしようもないクズ男であるモディリアーニをここまで魅力的に感じた理由の一つに、タバコを吸う動作が大きな役割を持ってるのではないかと思いました。
実に幸せそうにセクスィ~に吸うんですよ。個人的にタバコを吸う人は大っ嫌いですが、アンディのこの演技は惚れましたね(笑)

そしてモディリアーニのライバルとして登場するピカソ。これがまた味があるというか、芸術家の奇妙さみたいな雰囲気がよく出てました。
作中エピソードの一つに、絵画コンクールに妻のオルガが赤いドレスを着て参加しようとした時ピカソが自分の作品の色とかぶるからやめろ、と言います。
後にピカソの絵を見て驚きますね。赤がカブるってアンタ・・・はぁ?どこがぁ?みたいな(笑)
さすがにオルガにも理解しがたい天才芸術家。
こういう小ネタ的エピソードの積み重ねがかなり上手く随所に織り込まれてました。

もう一つ最高にシビれたのが超巨匠的存在であるルノワールとの会合。
他のシーンと比べて明らかにトーンが違いました。とても暖かみのある、まさに印象派的絵画の世界。その神々しいまでの風景とは裏腹にルノワール自身の言動や態度がまた良かった。
大成功をおさめた天才画家ながらそれまでの人生が決して楽なものではなかったと思わせる、全てを悟ったかのような描写。
スケッチ2枚で車を買った、とか花も挿してないただの花瓶の絵でロダンの彫刻を買った、とかのセリフもしびれました(笑)

他にもユトリロ、キスリング、コクトー、スーチンなどの芸術家が一同に会し、お互い切磋琢磨する様子が、ちょっとした青春映画のようでもありました。
クライマックスでもある絵画コンクールに向けてのそれぞれの作画の様子など、かなりの見ごたえ。

音楽もかなり良かったです。エンドロールで流れるオペラ風テーマソングなんて、感動が更に盛り上がる盛り上がる。
場内かなりすすり泣いてましたからね。私は危ないところでしたが何とか大丈夫でした。というか、ラスト近くにちょっと引いてしまった部分もあったし。そんな所でお酒を浴びるほど飲むなぁっ!!って・・・(^^;
ところでエンドロールに「スペシャルサンクス:ウィノナ・ライダー」とあったように思うんですが、あのウィノナ???

オマケ。私の好きな画家はムンクi('O')i

モディリアーニ真実の愛
MODIGLIANI
2004年 米、仏、独、伊
監督:ミック・デイビス
主演:アンディ・ガルシア、エルザ・ジルベルスタイン、オミッド・ジャリリ
[PR]
by bi_ka | 2005-07-30 02:01 | 映画(感想) 
犬まくら
b0047061_23543062.jpgパソコンをしてる時に腕を乗せるアイテムを買ってみました。
犬のぬいぐるみで、なんかマイナスイオンを発生する素材が入ってるらしい。
元値は1800円くらいだったけどアマゾンで600円程でディスカウントされてたのを目ざとくチェック。
ちゅうか、他サイトで貼り付けてるアマゾンの広告収入でDVDを買って、ちょうど600円程余ったのでこれを買ってみただけ。
バリューコマースメインなのでアマゾンでの売り上げは残念ながら現金としてもらえるほど稼いじゃぁいない(^^ゞ
ところでこの腕枕、思ったより大きくてパソコン机の手前の方、はみ出してしまう。
しかも今の季節、暑苦しいんですけど・・・。
[PR]
by bi_ka | 2005-07-29 23:59 | 日記+その他 
アイランド
b0047061_2234658.jpgスターウォーズもまだ観てないのに、ユアン・マクレガー祭りに乗ってアイランドを観てきました。
色々考えた結果SWはまだまだ上映してるけど、こっちは気を抜くと終わってそうな気がしたもので(笑)

大好きな「ザ・ロック」の監督ということで(その他の作品はあまり考えない!)わりとアクションに期待してたんですが、そこは裏切られませんでした。
終わっての感想は「長かった・・・」ってところですが、全体的に一定のレベルが保たれてて飽きることがなかったです。
ただ、時間が長く感じてしまった原因の一つにハンディカメラ多用による疲れがあったんじゃないかと思いました。
臨場感があって迫力も感じられるんですが、手ぶれのひどさが延々続くとそれだけでかなりしんどいです。

序盤の近未来的・無機質な印象から打って変わって、中盤はバリバリオーソドックスな街中でのごちゃごちゃしたカーアクション。
このカーアクションがよくよく考えるとかなり無理がある設定ではあるんですが、そんなこと気にならないくらいテンポ良く大迫力!
予告でもかなりアピールしてた「R」の看板アクションはやっぱり物凄かったですね。

予告といえばストーリーのかなりの部分のネタバレをしててオイオイ・・・って思ってたんですが、いざフタをあけてみると物凄く使い古されたありがちな筋書きだったので、さほど気にはなりませんでした。
展開が読める筋書きなので、他の部分に集中して映画を楽しめるっていう感じ。監督の狙いもやっぱりそこでしょうか。

音楽もなかなか良かった。場面に合った音楽が上手く流れてて、より迫力が増したりドラマチックになったり。エンドロールで流れる音楽も大作を観たなぁって雰囲気で心地良かったんですが、終わって我に帰ると場内自分だけだったり(^^;
相方まで先に出て行ったし、なんだかなぁ。

大掛かりなアクション映画なんですが、終わった後「はー楽しかった」・・・だけじゃない、何かが残る映画でした。
重いテーマをかなりあっさり気味な娯楽作品に仕上げたあたり、お見事。意図してたかどうかはわかりませんが。
MOVIX三郷にて。

アイランド
THE ISLAND
2005年 米
監督:マイケル・ベイ
主演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、スティーブ・ブシェミ、ショーン・ビーン、マイケル・クラーク・ダンカン
[PR]
by bi_ka | 2005-07-27 23:08 | 映画(感想) 
USJみやげ
b0047061_23595766.jpg先週の連休の時、会社の友人が大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行って来まして、おみやげをいただきました。
ジョーズのお菓子。すんごい可愛いんですけど。
口の部分が半透明になってて中のお菓子が見えるんですが、おっとっとみたいな小魚ビスケットが入ってました。
その友人、大阪じたい初めて行ったそうで京都・奈良までまわってかなり堪能したらしい。良かった(^^)

ちなみに私USJに行ったことがない・・・。
工事中の時は南港からよく眺めてたけど、完成直前に関東に越してきてしまいました。
一回行ってみたいなぁ。
よくガイドブックで見るけど、ジョーズのハリボテの下に立って頭からかぶりつかれてみたいなぁ。
[PR]
by bi_ka | 2005-07-25 00:05 | 日記+その他 
大地震((((;゚Д゚)))
今日の夕方の地震はかなり焦った・・。
体調が悪くて寝てたけど、一瞬で飛び起きた。
で、大切な鳥カゴを押さえて硬直。
震度5弱かー、言われてみればそれくらいあったかもしれんけど、もうちょっと弱かったようにも感じた。
たぶん大ぶりな横揺れだったからかな。
ドーン!っていう激しい縦揺れだったら、もっと恐かったと思う。

それにしても、休みの日で家にいる時でほんま良かった。
仕事中だったらたぶん自宅の鳥達のことが心配でたまらんし、電車がストップしてて焦る気持ちをよそに家に帰ることもできんかったでしょう。

あとは映画館にいる時じゃなくて良かったとも思った。
たぶん上映が途中で止まりそう。
その後再開しても興奮して映画に集中できない気がするし。

今回の地震で関東に来ると言われてるでっかい地震のエネルギーが減らされてるといいな。
震源が違う関係のない地震だったりして。
あとでちょっと調べてみようっと。
[PR]
by bi_ka | 2005-07-23 23:14 | 日記+その他 
ポップコーンぶちまけた
b0047061_0392969.jpgすっかりMOVIX三郷の常連になった感のある今日この頃。
ここのオリジナルポップコーンバケツ、まだ私以外に使ってる人を見たことがないんですが、頑張って愛用中(^^)
毎回、帰り際に中味だけ追加してもらいお土産にしてます。
鑑賞中は基本的に何も食べないでいたいので。

先日もお土産にして家でネットをしながら脇に置いて食べてました。
・・・と、一瞬手がバケツに当たって、瞬く間に落下・・・。
この瞬間マトリックスのようでしたよ。
ゆっくりと細かいコーンをこぼしながらスローモーションで斜めに倒れていくバケツと、その横をキャッチしようとして惜しいところでかすめる私の手。
その直後スローモーション撮影が終わり、地面に当たる瞬間すごい衝撃。<映画の見すぎ

キャラメル味300円。まだ30円分くらいしか食べてなかったのに。。
粒が大きいので掃除機でも吸えず、地味に手作業で拾いつつ、コレは食べられるかなぁ・・・なんて考えたり。
カーペットの上に落ちたので、ベタベタするキャラメルポップコーンは全てパーでした。
劇場で映画見てる最中にやらなくて良かった、とは思ったけど。
ああ、ささやかな楽しみが・・・(TqT)
[PR]
by bi_ka | 2005-07-19 00:48 | おやつ&B級グルメ 
電車男
重度の2ちゃんねらーなので、これは非常に見たかった映画。
オリジナルはまとめサイトが出来た当時に一気に読んだんですが、本になった時は驚きました。あの独特の掲示板の雰囲気をどう表現するのかと。
それと同様、映画でどうやって表現するのか気になって気になって。
相方がこの映画を毛嫌いしてたので1人で行って来ましたが、予想以上によくできてると思いました。

オリジナルの雰囲気を壊さないで上手く映画独自のエピソードを織り交ぜてあって、よく2時間でまとめたなぁってのが一番の感想。
途中、電車男が挫折する山場があって、あの辺ちょっとダルく感じたけどそれ以外は非常にテンポ良し。
主演の俳優さんがとても自然な演技でした。カメラを全然意識してないというか。
映画自体はかなり低予算でアマチュア映画っぽいものを感じますけどね(^^;
秋葉原でロケやってたんだ~ふぅ~ん・・・みたいな。

テレビとかあんまり見ないんで知らないんですが、主演の人ってわりと有名なんですかね?
あれ、演技は良かったけどルックス的にはミスキャストですよね。
オタクルックでかためてても、やっぱりイケメン臭漂ってましたから。
大変身を遂げた時、観客からおお~って声が漏れてたのが面白かった(笑)
現実のオタクなんて散髪して服装をちょっと変えたくらいでは、あそこまで変身できないと思ってしまう。
実際、映画中でもDVDショップでたむろするオタクとか、悲しいくらい冴えない人たちでしたから。あれが現実でしょう。

他にも気になるところも少しありまして、2ちゃんねるの描き方がぬるい。
あんなにハートウォーミングな人ばかりじゃなくて、もっと中傷っぽい悪意を上手く取り入れて欲しかった。さすがに鑑賞後の爽やかさは激減すると思うけど。
それに電車を応援するねらーが異様に少ないのもちょっとなんだかなぁ。しかも世界が狭いし。
不特定多数であるはずの応援者たちの描き方、結局最後まで違和感が残りました。

「アパーム弾持ってこーい」とかリアルで見られたのはちょっと嬉しかった(笑)
たぶん普通のお客さんは「???」な箇所の一つでしょうね。
2ちゃんねるって意外といい所なんだぁーなんて気軽に参加して、空気を読めずにボコボコにされる人続出という流れを想像してしまいました。

ところでエンドロール後に流れる映像、もしかしてドラマ用の宣伝?
あれちょっと蛇足かなぁ・・・。
柏ステーションシアターにて。

電車男
2005年 日本
監督:村上正典
主演:山田孝之、中谷美紀
[PR]
by bi_ka | 2005-07-18 19:20 | 映画(感想) 
高校生友情プライス
最近、夫婦50割引サービスに続いて高校生なら3人以上で1人1000円になるってサービスが始まりました。
まぁ、日本の映画料金はかなり高いと思うので、こういったサービスはどんどん企画して欲しいと思う。

でも、あの広告はいただけん。
白人の男女3人組が嬉しそうに映画館にやってくる例のやつ。
どう見ても高校生には見えないことは置いといて、あの中央のギャルの頭。
あれ映画を見る上でかなりマナー違反でしょうよ。
異常なほどデカい金髪アフロ。
あんな頭の後ろに座る人のこと、考えてます?
しかもバカ丸出しの空気を醸し出してて、あんな団体が自分が観てる近くに来たら物凄くイヤンな気分になると思う。
ただでさえ団体さまはうるさかったりするし。

オシャレっぽくしようとしてる意図が見えるけど、なんか上辺だけで、制作した人ってほんま深く考えてへんのやろうな~~~~~と思って悲しくなってしまった。
海賊映画撲滅キャンペーンの広告同様、映画館に足しげく通うファンの気持ちをあんまり考えてない業界ということを痛感。もろ利益最優先ですね(~_~)
[PR]
by bi_ka | 2005-07-17 23:55 | 映画(感想以外) 
サハラ/死の砂漠を脱出せよ
b0047061_15324043.jpgこれ予告編でやってる時からぜひ観たい!と思ってたんです。
でも予想通りというか、上映してる劇場が少ないのと仕事の都合とでなかなか行けなかったんですよね。他に観たい映画もいっぱいあったし。
そうこうしてるうちにいよいよ上映終了の文字もチラホラ。あーこれはダメだぁ・・・なかば諦めモードでした。
そんな時偶然チケット屋さんで800円まで下がってるのを発見!これは無理してでも行くしか!きっと神様が「お前の好きそうな映画だよ、見ておきなさい」と言ってくれてるに違いない(笑)

幸いMOVIX三郷でまだやってたので行って来ました。
諦めずに観てよかったーーーーー!って思いました。凄い面白くて大満足(^Д^)
予告編からのイメージではかなりアホ炸裂のB級映画なんやろうなぁと思ってたんですが、実際にはもっと娯楽大作というかハリウッド大作というか、とにかく頑張って作った感がありました。伏線も全て丁寧に活用されてましたし。
広大な砂漠の感動的で印象的なシーンも何箇所かあって、おお・・・と思うんですが、堪能する暇もなくあっさり次のシーンに行ってしまうあたりからも、「この映画はそんなところはあんまり大事じゃないんだよ~」っと言ってるようで、突き抜けた感じもグッド。

もっとヒットしても良かったんじゃ・・・もったいない系の映画ですね。
これやっぱり俳優陣がいまいち地味だったのが敗因でしょうか。
でも、こういうヒーローアクションアドベンチャーものって極端な大物俳優より、小粒な感じの人の方が味があって好きだったりもします。
マシュー・マコノヒーってばこんなにカッコ良かったのか~(笑)
ペネロペも美人なんだけど、どちらかというと可愛かったです。途中砂漠の衣装でラクダに乗るシーンがあるんですが、息を飲む美しさでした。
そしてもう一人、ヒーローをサポートするお約束ボケ役キャラがいるんですが、この人が良かった!
落ち着いて考えるとこの人が真のヒーローなのではないかと思うくらい、いい仕事してましたし、とにかくイイ人!帽子に異常なこだわりがあるところもいい味付けでした。
見た目を含めて「ローマの休日」のグレゴリー・ペックの友人であるカメラマンの人とタイプが似てました。

あと、ウィリアム・H・メイシーが主人公の所属する団体のボスという配役も、この映画の微妙さ加減があらわれてて良かったです。
悪役の人もどこかで見たことあるなぁ~と思ったらマトリックスのメロヴィンジアンだったり。
登場人物全員が微妙なランクの俳優ってところがツボすぎ。単にギャラをケチっただけと思うけど(^^;

頑張って作った感があると書きましたが、更に全編通してゴリ押しパワーも凄かったです。
あり得へん!って思うヒマもないほど強引な展開が多くて、ここまで徹底してると気持ちいいですね(笑)
つっこむ隙を与えない作り、私的に完敗です。この辺アホ映画としての醍醐味をお腹いっぱい堪能。
途中、ところどころで爆笑しそうになり「ウッ」と噛み殺した箇所がいくつか。(お客さんが少なくて笑いづらかった)
こらえると逆に笑いたくなるもので、体がブルブルふるえてしまいました。ハー、面白かった・・・。

サハラ死の砂漠を脱出せよ
SAHARA
2005年 米
監督:ブレック・アイズナー
主演:マシュー・マコノヒー、スティーブ・ザーン、ペネロペ・クルス、ウィリアム・H・メイシー
[PR]
by bi_ka | 2005-07-16 16:15 | 映画(感想) 
ベルセルク@PS2
プレステ2のゲーム「ベルセルク千年王国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇・聖魔戦記の章」とやらをやってみました。
10年くらい前から原作コミックにはまってて、ずーっと読み続けてるファンですが、このゲームかなり満足でした。
昔はマンガが原作のゲームなんて、「クソゲー」の代名詞みたいに出来が異様に悪かったですが、最近はきちんと作ってあるもんですね~。

ゲームは原作の一部を切り取って、そこに気持ち味付けをくわえたストーリー展開になってました。随所に挿入されるアニメーションに超感動。
原作そのまんまで、しかもアニメとして動くし喋るし、かなり臨場感ありました。
ファンならこれを見るだけでも買いの一本。

肝心のゲームは適当にボタン連打するだけで敵がバタバタ倒れてくれる系。
色んなボタンの組み合わせで戦い方に幅があるので、考えながら遊ぶこともできます。
なんといってもあの「ドラゴンころし」を自分で振り回せるのがいい!(・∀・)
剣の重みもいい感じで、爽快感ありまくり。ちなみに18禁ゲームなので、血しぶき飛びまくり。体がちぎれ飛ぶ様子もこれまた原作まんま。(18禁とはいってもエロはありませんよ、念の為)
ゲーム中のグラフィックというかモーション自体はカプコンゲームとかと比べると悲しい気分になるのは確かですが、それを差し引いてもファン思いな作り。

クリア時間はわずか20時間ちょっと。じっくりやってこんなもん。物足りない感はありますが、まとめてムービーが楽しめるし、クリアボーナスゲームもあるので、まぁいいかな。
ちなみにクリア後ある条件で「妖刀ざっくり丸」で二週目を遊べます。
妖精パックのあの武器ですよ。これ見た瞬間爆笑&大感動しました。
[PR]
by bi_ka | 2005-07-15 23:53 | ゲーム 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧