ゴロゴロしあたー
<   2005年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
チン!してチップス
b0047061_16563948.jpg野菜チップスが手軽に作れるレンジグッズを見つけたので買ってみました。
その名も「チン!してチップス」
油を使わないのでヘルシーだそうで。
b0047061_16532817.jpg通常、レンジでこういったものを作る場合、野菜の下にシートを敷いて何度も何度も交換しないといけないらしく、とっても面倒くさそう。
ところがコレの場合、専用器に野菜を立てて並べる仕組みのため、そのまんま数分間チンするだけで出来上がり。
しかも専用のスライサーつきなのでカットする手間も大幅に省けました。

写真は初めて作ってみたさつまいもチップス。
本来の甘味があるので、特別味付けをしなくてもけっこうイケました。
ちなみに、このグッズ人間用ではなく大切な我が家のオウムたちのためのもの(^^ゞ
鳥用なので手間隙かけて皮までむく親バカっぷり。
[PR]
by bi_ka | 2005-05-29 17:03 | おやつ&B級グルメ 
バタフライ・エフェクト
非常~に忙しい合間をぬって観てきました。
これはかなり見逃したくないと思ってたんですが、そういう作品に限ってなぜか上映期間が短く、公開劇場も少ない・・・。

タイムスリップ系のサスペンスっていうイメージを持って観に行ったんですが、思ってた以上に刺激的でショッキングな作りだったのにちょっと驚いてしまいました。
観る前はストーリーに惹かれたんですが、観終わっての印象としては映像が気に入りました。
押さえ気味な色調、ザラついた画面質感、過去のシーンがことごとくノスタルジック。

かなり憂鬱な気分になってしまい凄く疲れたんですが、後から後から色々考えさせられるというか、色んな可能性が広がるディテールの細かさがいいですね。
タイムスリップもの・パラドックスものの宿命のような矛盾点がいくつかあるんですが、そういうのをあまり気にしないで観られる展開でした。
とりあえずその場その場での説明はかなり上手く処理してある感じ。
結局後から思い出して理解に苦しむことにはなるんですが(^^;

こういうタイプの映画はネタバレを避けて語るのはかなり難しい・・・。
まあ人によって色んな解釈ができる映画でもあるので、ネタバレに当たってしまってもこの作品の本来の面白さが損なわれることはあんまりなさそうですけど。

私個人としてこの映画は過去にタイムスリップして未来(現在)を変えたというよりは、どちらかというとパラレルワールド、並行世界という概念でとらえたいなぁと。
通常、並行世界は相互干渉はできないものですが、主人公はそれに干渉できる能力を持っているんじゃないかな?とか。

主人公が選択しうるあらゆる可能性が存在する世界が無数に広がってて、主人公はその中のいくつかの世界を選択しているのではないか。
映画で選択していない世界は、それは知りようがないし知ったところで意味のないこと。
これって複数の宇宙が存在する理論。
もしくは「シュレーディンガーの猫」と呼ばれる事象。箱の中の猫は死んでいるのか、生きているのか。それは開けてみなければわからない。開けられない場合中味は絶対わからない。開かない以上自分とは関係のない事物なので、生死を知っても無意味。
で、映画では無数にある事象のうちいくつかのパターンが描かれたのかもしれない。映画で語られていない世界の主人公は他の選択をして他の人生を送っているかもしれない。
どうやらディレクターズカット版というものがあり、別エンディングが存在してるらしいです。
これって↑上の並行世界説から考えるといくらでも出来そう。

あと、主人公は過去に戻る能力ではなくて未来を知る能力を持ってる、という考え方もできるかなぁ。
選択しなければならない場面に、この未来であって欲しいという選択をしてるとか。
ただこの場合は主人公のみの世界というか妄想と考えられなくもない、悲しいオチになってしまうか・・・。
しかもこの場合映画タイトルの意味である、些細な出来事が他に意外な影響を及ぼすといった効果が薄れてしまいますね。
そして、タイトルと相反する考えなのかもしれないけど、結局全ては最初から決まっていたんじゃないの?っていう感想も持ってたりします。

ところで別に存在するというエンディング、ネットで検索して知ってしまいました。
私としてはこの別バージョンの方が好みかも・・・。

できることならここは避けたい!と思ってる柏シネマサンシャインにて鑑賞。

バタフライ・エフェクト
THE BUTTERFLY EFFECT
2004年 米
監督:エリック・ブレス
主演:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート
[PR]
by bi_ka | 2005-05-28 16:36 | 映画(感想) 
今起きた。
ゆうべは同僚の歓送迎会でした。
カレッタ汐留で。
久しぶりの飲み会、会社の付き合いで気乗りしないとは言え、やっぱりストレス発散になります。
基本的に私は集団行動が嫌いで1人でいたい派なので、こういう集まりはあんまり好きじゃーない。
でも今の会社に入って4年。すっかり馴染んでしまってる自分がいたりして、こういうイベント時にヘンな意味でしみじみしてしまう(笑)
入社当時は、あんまり深い付き合いはしないでビジネスライクでいようと思ってたけど、信じがたいほど馴染みきって、何人も何人も歓迎・送迎やってきた側に。

仕事はどんどん増える一方で大変すぎるけど、なんだかんだ言って結局居心地いいんやろうなぁ・・・と思う。
何度も何度も辞めようとは思ったけど・・・今も思うことはあるし、このまま人生なんとなく行きたくないけど。

うちの会社はグループ会社全般的に非常に離職率が高い。
新しく入った人はいつまで頑張ってくれるかな。
はぁぁー、疲れがピークすぎて文章を書く能力がいちじるしく低下してる。
ストレスは減っても疲労感は減りません・・・。
[PR]
by bi_ka | 2005-05-28 12:41 | 日記+その他 
映画観に行きたいー
最近めっぽう忙しくて、全然出かける余裕がない(i_i)
休みの日にはほぼ1日中ぐったり寝てるし、仕事の日も残業だらけ。
そこそこ観たい映画とかチェックするだけで、実行する計画が立たず・・・。

新しい事業所を立ち上げたばっかりで、従業員の数はほぼ変化がないから、業務に無理がある。
しかも1人辞めるし・・・。5月いっぱいまでの予定だったのに、どうやら6月もダラダラ仕事させられるらしい。
次の就職活動したいやろうし、気の毒すぎる。

こんなパツパツの時に見た二足歩行のレッサーパンダ風太くんには、まじで癒されたなぁ・・・。
なんともまとまりのない文を書いてしまったと自覚しつつ、終わり。
[PR]
by bi_ka | 2005-05-24 00:26 | 日記+その他 
掲示板スパム
ここ最近、私の趣味のサイト(インコ)の画像掲示板に、出会い系がよく書き込まれるようになってしまった。
自動書き込みソフトによるものとはわかってても、むかつきまくり。
モラルっちゅうか最低限のルールってものを守って欲しいもんですよ、出会い系にも。

携帯からとか会社からとかマメにチェックして削除するようにはしてるけど、めっちゃめんどい。
何よりもペット系個人サイトに訪れるような方々は、おそらくこういう書き込みを不快に思ってることは容易に想像できるので、気を使ってしまう。
私個人としてはネット暦も長いし、こういうスパム書き込みも荒らしもかなり慣れてたりするので、マメな削除でじゅうぶんとも言えるけど。
よそで運営してる本気サイトはかなり規模が大きいから、趣味インコサイトとは比べ物にならんくらい荒れるし。

で、メールで教えて下さったりする訪問者さんも出てきたので、思い切って掲示板を取り替えてみた。
掲示板のディレクトリやらURLをチョチョイと変更してやるだけでも効果は期待できると思うけど、そろそろ今の掲示板にも飽きてたので新しいCGIを物色。
あちこち探してみてあらためて、今使ってる画像掲示板が一番メジャーというか良かったなぁ・・と実感。
2ch系アップローダーとしてもかなり使われてるし。
これを超えるモノを探すのはかなり大変でした。

そいでやっとこれでいいかー的なCGIを発見。すぐさま設置。
設置はものの数分でできるけど、細かいところにこだわりたい私なので、その後の改造でめちゃくちゃ時間をかけてしまう。
なんとか可愛らしっぽく仕上がりました。ちゅうかちょっとこじゃれてていいんちゃう?(笑)とか自画自賛。
[PR]
by bi_ka | 2005-05-22 00:50 | 日記+その他 
風太くん萌え
b0047061_234081.jpg仕事中、あまりにも疲れきってふとネットサーヒン。
Yahooのトップページを見たらなにやら気になる見出し。
「直立レッサーパンダ風太くん」
ちょっと気になってクリック。

・・・想像を超える写真。
仕事中に噴き出してしまった(笑)
すっごい可愛い・・・というかブキミ。明らかに中に人が入ってるよ・・・(;´Д`)
思わず周囲の人達にヤフー見て今すぐ見てーっ言ってしまった。
ナニコレ?ナンカオカシイ・・・?
ちょっと話し合った結果、何がおかしいのかわかりました。
右足と右手が同時に出てる。いや、そもそもソコじゃないんですけども。

いやー、疲れがいっきに吹っ飛んで癒されましたさ。
即座に会社PCのデスクトップにさせてもらいましたさ。
もっと大きい写真ないかなーなんてチラっと思ってしまいましたさ。

で、帰ってきて報道ステーションつけたらちょうど風太くんネタやってた。
写真だけじゃなく動画まで!
ほんまにちゃんと直立してる。
でもこの写真のインパクトが一番やな。
ポーズとか構図、表情すべてがツボすぎ。

    ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | 
  |    ( _●_)  ミ   パンダー!
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

我々はもしかするとレッサーパンダの進化を目の当たりにしているのかもしれません。

(写真:千葉市動物公園より提供)
[PR]
by bi_ka | 2005-05-19 23:51 | 日記+その他 
化石発掘コレクション
b0047061_1473984.jpg先日コンビニでこのようなものを発見してしまい、ひと目ぼれ。思わず衝動買いしてしまいました。398円。
いわゆる食玩系かと思いきや、お菓子は入ってないらしく、あくまでも玩具、おもちゃっていう位置づけ・・なのかな?
全然詳しくないんだけど恐竜とか化石とか好きなもんで、ワクワクしてしまいます。

砂で固められた中に本物の化石が埋もれていて、それを専用の道具で掘り出すというもの。
入ってる化石の種類が結構あるらしく、アンモナイトなんていう王道ものから、古代木なんていうちょっと謎系まで。
買ってからしばらくそのまま放置してて、休みの日にじっくり掘ろうと楽しみにしてました。つつましい(笑)

b0047061_1524477.jpgそしていよいよ、遺跡発掘家きどりですよ!
注意書きにけっこう砂が飛び散るので新聞紙などを敷いて云々と書いてある。
しかもマスクをしておくが吉、とかなんとか(´Д`;
さすが対象年齢15歳以上です。

いざ掘ってみると最初思ってた以上に難しい。しかも硬い!
場所によって気持ちいいほど掘れる部分と、異様なまでの硬さ部分が入り混じってて、しかもいつブツが出てくるのかわらかないのでぞんざいに扱えません。
考古学者って思ったより大変やなぁ・・・などと、妙なところで感慨にふけってしまいました。
コツコツと掘り続けてると突然異物が顔をのぞかせました!感動の瞬間です。
この周辺を大切に大切に削りつつ、何が出てくるのか期待と興奮と程よい疲れ。
時々手元がすべって指先をすりむいたりも。化石に傷がつかなくてヨカッターってな感じです。

b0047061_222898.jpg7割がた掘ったところで解説書から判断して、「古代カキの貝殻」らしいということがわかりました。
通称悪魔の足の爪。言われてみればそんな気がしないでもない・・・かな・・・。
アンモナイトか恐竜の骨を期待してたので一瞬ガッカリしましたが、物凄く大切に自分で掘り出した化石ですから、カキだろうと悪魔の爪だろうと愛着がわいてしまいました(^^)
夢中でざくざく掘り続けてふと気がつくと2時間が経過していました。けっこう遊べる。

想像を超える過去の時代、どこかの海で生きていた平凡な貝が、巡りめぐって現代の私のところにこんな形でやって来たって考えるとなんかロマンを感じますね~。
実際は業者の人がいったん掘ったものが砂パックされてきただけ、っていう細かいツッコミは入れてはいけません。
[PR]
by bi_ka | 2005-05-15 02:10 | 日記+その他 
いちごみるく
b0047061_23372049.jpg最近ちょっとブログをサボりぎみ。
大好きな映画もここのところ観てない・・・というか、大して観たいと思うのを上映していない。
ジム・キャリーのレモニー・スニケットの・・・
あれ、いつもジミニー・クリケットを思い出してしまう。ピノキオに出てくるコオロギくん。

で、コンビニデザートネタ。
だいぶ前に同じシリーズのコーヒー味を発見して、ひと目ぼれして買って、ちょっとだけガッカリした記憶が。
それでもこりずにいちごみるく味にチャレーンジ。
けっこうイケル。甘さがちょっと最後の方飽きてくるけど、コーヒー味よりは気に入りました。
[PR]
by bi_ka | 2005-05-13 23:41 | おやつ&B級グルメ 
スコーピオン・キング
「ハムナプトラ」シリーズのスピンオフもの。
ハムナプトラ2で悪玉だったザ・ロック様がキャラ設定そのままに主役をやった映画。
ハリウッド映画で悪玉が主役というのはやっぱり不自然なのかストーリー上そうなったのかは不明ですが、いかにして善玉が悪玉に転落していったかというのが前提にあるようです。
・・・これって・・・今年の夏公開されるアノエピソードに似てる(;´Д`)

ただ、本当に前提にあるという程度のもので、本編では全くといっていいほど触れてません、転落の様子。
エンディングの後こうなるんだろうなぁ~・・・と観客が想像するしかないというのは、ちょっと残念。そこを描かないと、この企画自体の意味がかなりなくなってしまうと思うけど。

ただまぁ一つの大味ぎみな娯楽アクション映画として観た場合、けっこう楽しめるし、ハムナプトラ的世界観が好きな向きにはじゅうぶん堪能できてしまうのではないかと。
そんなこんなでハムファン必見と言いたいところですが、ハムの最大の売りともいえるCGてんこ盛りな映画を期待するとガッカリします。
スコーピオンキングではほぼ皆無といっていいほど、大掛かりなCGは使われてません。
オーソドックスな肉弾戦アクション映画であり、言うなればコナン時代のシュワちゃん映画といった趣向。
そのおかげでザ・ロックの持ち味がかなり生かされてます。
大男マイケル・クラーク・ダンカンとの肉肉タイマン勝負なんか、最大の見所とも言えますし。
筋肉マンタイプは好きじゃないんですが、このシーンは重量感あって好きです。
ハガーVSアンドレといった感じ(謎)
ハム2でのザ・ロックは・・・あんまりにも悲しい出来映えでしたからね、色んな意味で(TДT)

ヒロイン役のケリー・ヒューが素晴らしく美しくて、何ともいえない色気が漂っていました。
つねに露出度の高い衣装をまとっての体当たり演技にプロ根性を見ました。
なんでも、ただ守られてるだけのお姫様役はイヤだったそうで、自らアクションシーンを取り入れて欲しいと願い出たそう。
幼い頃からカンフーだか何だかの格闘技を習ってるという話も。
それなりの見せ場はありましたが、もっともっと格好良いシーンを作ってあげれば良かったのになぁ・・・監督のセンスどうよ?
アマゾネスは文句なくカッコ良かったですが。

このシリーズ大好きでDVDは全部持ってるんですが(笑)、3作セットのBOXが出てたんですねぇ。知らなかった・・・ショック。
そしてザ・ロック様主演映画「ワイルド・タウン」がもうすぐ劇場公開されます!・・・数箇所のみで( ̄Д ̄; )しかも2003年?けっこう過去の作品だそうで、どーいうことよ。
公式サイトの写真を見ると、でっかい角材を握り締めたザ・ロック様。超期待~。
たった2週間しか上映期間がないみたいなので、今から無駄に気合入ってますっ!

スコーピオン・キング
THE SCORPION KING
2002年 米
監督:チャック・ラッセル
主演:ザ・ロック、ケリー・ヒュー、マイケル・クラーク・ダンカン、スティーブン・ブランド
[PR]
by bi_ka | 2005-05-08 23:03 | 映画(感想) 
遅刻した
今朝、電車が遅れてたせいで会社に遅刻してしまった。
うちの路線、以前から微妙な遅れはけっこうあって、そのたびに超イライラしてたけど、先日の尼崎の事故以来、あんまりイライラしてもしゃーないな・・・と思うようにしてる。
わずか数分遅れて来たくらい、それなりの理由があるならいいやー。
今日の理由は、線路の点検の為とか言ってたような気が。
かなり神経質になってる証拠かな?
会社の同僚が使ってる電車は運転士が2人で乗るようになって、客席とはドアで隔てられてるにも関わらず大きい声が聞こえてきて指差し確認が激しいらしい。

会社遅刻して死ぬわけでもないし、そもそも遅刻しても怒られない社風。
みんなバラバラに出社してくるからバレにくいし。
堂々と遅刻していけば、案外いける~。
タイムカード見たらバレバレで恥ずかしいけど。

心なしかホームで電車待ってる間、周囲の人たちもイライラ度が少なかったような気がする。
JR叩きがひどいけど、普段から秒単位のプレッシャーを与えてる我々が原因とも言えるもんね・・・。
[PR]
by bi_ka | 2005-05-06 23:59 | 日記+その他 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧