ゴロゴロしあたー
<   2004年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
座頭市
さっきのTV放映で初鑑賞。
それほど観たくないっていうか、個人的に趣味じゃない映画は基本的に劇場では観ない。
レンタルでも見ない。TVでやってたら時間があれば、一応見るって程度。
この北野監督の座頭市(変換で出ないのがムカツク)もそんな作品の一つ。

基本的にTV放映でのみ見た作品は評価はしない。
鑑賞環境やカットされまくり吹き替えなど諸事情で、その作品を真には理解できないと思うから。
そんな環境を踏まえた上での今夜の座頭市の感想。
・・・だってぜったい今後もレンタルで見ないもん(^^;

なんだか退屈な映画でした・・・。それなりに期待してただけに正直ガッカリ。
ストーリーについては昔から使い古されてきたものだし、そもそもリメイクなので論外。
最終的にやっつけ仕事で終わってるようにも感じたが、脚本もそれなりに上手くまとまってた。
よって期待する見所はやはり撮影手法とか殺陣シーンでしょうか。
カット割を上手く使ってスタイリッシュかつスピード感あふれるように見せている。
これは監督のセンスというより、ごまかしではないのかな・・・?

浅野タダノブたら言う大根役者の最初の殺陣で、すでにガッカリ感あふれまくりでございました。
遅い。
剣さばき遅いし、腰入っとらん。
立ち居振る舞いもなってない。棒立ちなだけー。
棒立ちから感じるものは何もない。
彼には彼なりの苦悩があったはず・・・。それが一切感じられませんでした。
病気の奥さんの設定を追加してあげても何もないよ、浅野には。(ファンの人ごめん)

ああ、これから2時間こんな大根っぷりかい・・・ああ。
公開当時、周囲の知人やらマスコミの評判で浅野がイイ!ってえらい評価されてなかったっけ?
私の目がくもってるだけなんかな~。
上映中ずっと浅野の良さを必死で探し続けたよ。
おいしい役どころとちょっぴり小粋なカメラワーク。
これに助けられたんでねーの?

主演のたけしは、何をやってもやっぱりたけしでしかない。
そもそも映画全体がたけし色なので、たいして気にならない。
ただ、彼の持つ雰囲気はやはり凡人にはないと思うし、何をやろうとしてるのか、何を伝えたいのかはわかりやすかった。
同じ大根でも大根レベルが違うね、たけし。

周囲を彩る脇役連はよく知った顔ばっかりで、人物が見分けやすいし、そもそもの悪役かそうでないかがまるわかりで良い(笑)
海外ではこのへんどうなんでしょー。
見分けついてたとは到底思えないけど・・・。
最後のボスその1・その2がそもそも誰なのかとかすぐわかったのかな?

たけしの映画で一番好きなのは花火。
これはわざわざ劇場にまで観に行った。
静かな映像美と音楽、岸本加代子がいけてた。
たけしは現代バイオレンスものが一番リアル(暴力だけじゃなく感情も)で似合ってると思うけどどうでしょう。
監督としてみれば新しい世界を開拓したいってのはあると思うけど、もうちっと配役にもセンスを求めたいところ。

座頭市
2003年 日本
監督:北野武
主演:北野たけし、浅野忠信
[PR]
by bi_ka | 2004-11-29 00:31 | 映画(感想) 
ハムナプトラ・失われた砂漠の都
これぞ娯楽大作!って気分を満喫できる映画です。
まだ大阪に住んでた頃、神戸のシネモザイクで観た。多分。
顔型の砂嵐がど迫力で襲ってくるシーンがCMで流れて、けっこう評判になっていた。

めっちゃくちゃ観たかったわけじゃなく何となく観た映画だったけど、映画館を出る頃にはあまりの面白さでたいそうご満悦だったのを覚えてる。
もともと砂漠系映画は大好き。古代エジプトの再現フィルムもろまんちっく。
キャスティングも良かったと思う。
この日までその存在を知らなかったブレンダン・フレイザーを、最初はなんか冴えないなぁ・・・なんて思ってたけど、いつの間にかB級的愛らしさのあるヒーローとして親しみを感じてました。

レイチェル・ワイズも他の作品に比べてちょっとくだけた感じというか、おちゃらけ具合が可愛かった。
旅の途中、民族衣装に身を包んだ彼女は物凄く綺麗だったし。
バカボンほっぺのオデッド・フェールは一番おいしい役どころだった。
一作だけで終わらせるのが惜しいということで、急遽最後の方で生きてるシーンが加わったという話もどこかで見たような。
↑もしかして何気にネタバレですか?

イムホテップはいっけんいやらしげなつるっぱげオヤジ。
ところがどっこいよーく見ると、かなりのイロオトコ系顔。好みじゃないけど。
彼は実質半分くらいしか出演してないに等しいけど、物凄い存在感でとてもいい悪役でした。

ストーリーはてんでお子様向けで、これといって目新しいものはない。
そもそもミイラ映画なんて今時流行らんよ!ってなくらい陳腐化して久しいし。
そんなご時世に乾燥系じゃなく半生タイプのミイラを出してきたところは、最新技術の独壇場でした。

SFX技術的にはひっじょーに物凄いレベルで文句なしのA級なんですが、なぜだか全体的にB級臭がプンプン。
そういうところが私の感性を刺激するというか、愛着をおぼえてしまうんですねー。
ちなみにやたら動きの怪しいガイコツ軍団。
あれは技術がおぼつかなくて、あんな胡散臭い仕上がりになったんじゃないですよー。
クレイアニメの偉大なる人物レイ・ハリーハウゼンへのオマージュなのですね。

この映画で一番好きなシーンはラスト。
夕日をバックにラクダにまたがるヒーローとヒロイン。
この黄金ハッピーエンディング、実は案外少ないんですよね。
なんだか意味のわからない含みを持たせて終わる映画もいいけど、気持ちよく大暴れしまくりな大味映画でコテコテな大団円。
これぞ映画の醍醐味。見終わった後の爽快感がたまりません。

思わぬ大ヒットに続編も作られ、こちらも期待を裏切らない出来映えでしたが、個人的にやはり1の方がいい。
主要キャラの設定が固定されてしまうと、やっぱり面白さは半減してしまうと思うから。

ここを読んで見てみようかなんて思う人はいないと思うけど、念の為書いておきます。
あくまでも私の個人的感想であって、たぶん世間一般での評価は・・・暇つぶしにはいいよねー程度のもん。
所詮B級はA級にはなれないのです。
私的には2000円ボラれても諦めつくけど、人によってはタダでも時間がもったいないって思うかも~。言いすぎ。

ハムナプトラ
THE MUMMY
1999年 米
監督:スティーブン・ソマーズ
主演:ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ
[PR]
by bi_ka | 2004-11-26 00:47 | 映画(感想) 
天外魔境2卍丸
この前の飛び石連休に遊ぼうと思ってプレステ2のゲームを買った。
もうすぐドラクエが出るけど、その前に何か一個やろう!と思い立ち中古屋さんへ。
夏以来の訪問。
前回は女神転生3の廉価版が出た時に買って遊んだ。
ウルトラ級のインドア派なので、もちろんゲームもやりこみまくり。
オタクなんです。

今回は天外魔境2が廉価版になってたので、これに決定。
実はリアルタイムで昔遊んだことがある。
学生で時間がたっぷりあった頃に遊んだゲームの一つ。
ちなみにこの頃はお金がないので映画館にはろくに行けなかった。
かわりにゲーセンに入りびたり、格ゲー三昧(恥)

当時究極のオタクゲーム機だったPCエンジン。
アニメーションが凄い!ゲームキャラが喋る!なんて、えらい鳴り物入りで登場したものの、ソフトに恵まれなかったせいもあるのか、オタク臭出しすぎてたからなのか、一瞬で消え去りました。

今でこそRPGのプレイ時間は100時間いっててもそんなに珍しいことじゃない。
けど当時の天外魔境は常識外れなほど時間がかかった。
で、なかなか面白かった。
久々に今やり直してみて、うーん・・・やっぱり古くさいという印象はぬぐえない。
グラフィックは全面的に書き換えられてるみたいやけど、ゲームシステムは当時のまんま・・・?
新しくてややこしいルールを覚えるのが面倒な、忙しいサラリーマンにはうってつけなゲームかも。
レトロ感たっぷりで当時の思い出にも浸れるし?

てーことで、ドラクエは中古が出回るころに買うので、当分は卍丸のお世話になります。
ああああああ。
ついにブログメニューにゲームの項目を作っちまった。
ゲーオタは小出しにして、映画メインから遠ざからないよう気つけよっと。
[PR]
by bi_ka | 2004-11-25 00:01 | ゲーム 
来年は酉年
新年の干支が何だろうと、つねに鳥の年賀状を作り続ける私。
来年は堂々と鳥写真を送りつけることができますー。
物心つくころから鳥とともに暮らし、鳥大好き。
もちろん現在の我が家にもいますとも。
幼いころから憧れてた大きい鳥、いわゆるオウムというやつ。
b0047061_22595579.jpg

ちなみにこれは去年のネット用に作った年賀状。
ハガキ用では違う写真で送りました。
このモデル鳥はモモイロインコといって、鳥マニアの間で最近流行中。
一般人からすると信じられない価格(30万円前後)で、飼いたい憧れの鳥さんベスト3に入るんではないかと思われる人気種。
うちにコレがいるからといって決して裕福な家庭ではありません(笑)
こういった鳥がいるほとんどの家庭はおそらく「鳥ビンボー」でしょう。

他にも何羽かいるけど、決して高級オウムがステータスなのではなく、大切な大切な家族なんです。
その証拠に自分の欲しい物は倹約できても鳥の為なら、お金に糸目はつけませんとも。
鳥に贅沢な暮らしをさせる為に働いてるとも言えます。

んで、いつも鳥の年賀状を送りつけ、相手からは「???」な反応でちょっと寂しかったわけですが、来年こそは正々堂々?と友人にも送れます~。
そもそも他人の赤ちゃんの写真入り年賀状はウザい私だが、ペットは許されると勝手に思ってたり。
[PR]
by bi_ka | 2004-11-23 23:08 | 日記+その他 
ま、まじっすか( ̄□ ̄; )
2ちゃんねるでマルチポストされてた記事。
なんというか、個人的に久しぶりのヒットでした。
思わず声に出して笑ってしまった(笑)

----------------以下2ちゃんからの引用------------------------

エキサイト翻訳 http://www.excite.co.jp/world/english/

┌──────────────┐
│(・∀・)まじっすか          │ ____
│                      │|日→英|
│                      │  ̄ ̄ ̄ ̄
│                      │  [翻 訳] ←日英訳してみよう!
│                      │
│                      │
└──────────────┘
     └──原文──┘

--------------引用終わり-----------------------------------

知らなかった方、ぜひエキサイト翻訳にアクセスして英訳してみよう!
キーワードはもちろん「(・∀・)まじっすか」だ!!
ブログでエキサイトにはお世話になってるが、こんなところでも楽しませてもらいますた。
[PR]
by bi_ka | 2004-11-22 01:07 | 日記+その他 
とんとろ豚まん
ちょっと前にコンビニのサンクスで見かけて、ずーと食べてみたかった豚マン。
やっとゲットー。
レジ横の蒸かし器の中でちょこんと入ったブタの形が可愛すぎ(・∀・)
ちゃんとクルっと巻いた尻尾もついてるんですよ。
b0047061_23271972.jpg

・・・こうやって写真でよく見たら鼻の穴はどうやら目に使いまわしてるっぽいな(;´Д`)

正式名はとんとろ豚まんというらしい。
確かに豚の角煮っぽい具が入ってて、キャベツで覆ってあった。
齧るとキャベツがなかなか切れず、しかも汁がダラーと垂れるので、ちょっと食べにくかった。
最初の一口めからブタの顔に何の遠慮もなく豪快にかぶりつくのが良さげ。
私的に180円はちょっと高いので、もう二度と食べへん(笑)
[PR]
by bi_ka | 2004-11-21 23:32 | おやつ&B級グルメ 
モーターサイクル・ダイアリーズ
b0047061_22301220.jpgついに観ましたー(・∀・)
けっきょくいつも混みまくりの恵比寿ガーデンシネマは諦め、海浜幕張のシネプレックス幕張まで行ってまいりました。
初めて行く映画館。シネコンの典型のよーな綺麗なところでした。
1番劇場で観たけど、100席くらいでこじんまり。
こんな地方の小さな映画館でもやっぱり満員に近い動員数。
恐るべし、単館映画。

そして感想はといいますと。
はるばる遠くの劇場まで行った甲斐はあったと思う。
派手でもないし特撮もなし、盛り上がるシーンもほぼないに等しい地味な映画。
それだけに役者の演技とか監督の力量が問われると思うけど、それなりに合格点をクリアしてたんじゃないかと。

個人的には前半部分が良かった。
オンボロバイクに大の男が2人乗りで、南米を走るシーン。
思いっきり素で転んでるし、未舗装道路でも平気でスピードも出しまくり。
南米の美しく広大な景色も素晴らしいし、うまく季節感も取り入れてある。
毎日たんたんと通勤、日々のルーチンワークをこなすだけの我々にとっては憧憬の念を抱かせるだけのものがそこにある。

残念なのはタイトルにも使われたモーターサイクルが、後半はいっさい関係ないこと。
あと、やはり後半に出てくるハンセン病エピソード。
このへんだけ他とちょっと演出が違うというか、ちょい異端な印象を受ける。
ゲバラの河渡りとか、いちおう映画のクライマックスにあたるのだろうが、少ーしハナにつくといえなくもない。
全体的にドキュメンタリータッチに感じるのだが、このハンセン病あたりがどうしても違和感。
バイクとのお別れはあんなにあっさり済ませたのに・・・。

逆にエピソード的に良かったのは、アンデス越えの際出会う共産主義夫婦。
この2人の目の輝きというか、決して輝いてるのではなく絶望なのだが、印象深い。
ゲバラがのちに革命家になるきっかけの一つであったのだろうなと思わせる。
演出もロードムービーの良さがうまくあらわれたシーンではないかと思った。

ラストに出てくるおじいさんの遠くを見つめる瞳が、2時間ちょっとの映画をしめくくる。
このおじいさんが誰なのか、どのような瞳に感じるかは、直接映画を観てそれぞれで感じて欲しいと思う。
私にはあの瞳はなにものにも代えがたい、とても貴重なものだと思った。
あのシーンがあるのとないのとでは、ずいぶん印象が変わるだろう。

ちなみに、ゲバラとともに旅をする太っちょアルベルトさんは、ゲバラ本人の親戚らしい。
本人を演じるにはちょっとルックスに無理があったか(^^;
それにしてもグッズを何か買おうと思ってたのに、何も売ってなかったよ_| ̄|○

モーターサイクル・ダイアリーズ
THE MOTORCYCLE DIARIES
2003年 伊・米
監督:ウォルター・サレス
主演・ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
[PR]
by bi_ka | 2004-11-20 22:59 | 映画(感想) 
グリーン・カード
恋愛映画としてかなりイイ線いってる作品と思われ。
フランスの名優ジェラール・ドパルデューのアメリカ映画デビュー作。
フランスからアメリカに渡ってきたワイルドなおじさん(微妙)という、ドパルデュー自身と重なる役柄。

ヒロイン役は植物マニア女アンディ・マクダウェル。
今まで恋人との付き合いはあったものの、いまひとつ結婚に踏み切れない人生を歩んできた。
彼女の夢はニューヨークにある豪華温室付きのアパートに入居する事。
入居する為のただ一つの資格、それは既婚者であること。
で、どーしてもそのアパートに入りたい一心で、見も知らぬフランス人と偽装結婚。
そのフランス人、永住権が欲しいだけなのでお互いの利害が一致。
少々無理のあるシチュエーションかと思うけど、細かいところを気にしてても映画は楽しめない。

アメリカの移民局の審査が終わるまでのわずか数日間、2人は同居することに。
このへんの状況もかなり無理があるけど、この映画の面白さのキモでもあるのでサラっと身をゆだね楽しむべし。
反発しあいながらもお互いの目的の為、一緒に暮らすうちに・・・・・って黄金パターンで先は読めるのだけど、このへんの見せ方、進行の仕方が上手いので観ていて心地良い。

映画全体を通して「グリーン」がキーワードに。
常に画面には木々などの緑があり、ちょっとしたエピソードにいたる小ネタまで徹底的かつ自然に織り交ぜてあるところがニクイ。
特にニューヨークの街並みから一歩入った場所に美しい公園があるのがとてもいい。
2人が何気なく散歩をしたりクライマックスに駆け抜けたり、非常に重要な場所でもある。

感動のラストは、文章にするよりあの独特のカット割で感じて下さい。
爽やかで観終わった後、とても清々しい気持ちになれる。
ま、主演のドパルデューは決して男前とは言えないので、生理的にダメな人にとってはどう感じるかはわかりませんが・・・。
私は大好きな俳優なので、作品自体もそりゃもう非常に気に入っておりますとも。

ドパルデューの魅力は見た目と中味のミスマッチ。
一見無骨なのだが演じさせると恐ろしいほど繊細。
存在自体が芸術的とも感じるほど。
作品の役柄とドパルデューが見事に重なる。
吹き替えではなく、ぜひオリジナル音声で観て欲しい。
わかりやすいフランスなまりの英語はともかくとして、ワンシーンだけフランス語で語るところがあるので必見。いや必聴。

エピソードの一つに、彼の腕の刺青の話があるが全て実話だとか。
アンディ・マクドウェルの演技も知的な大人の女性像が見事に出ていて好印象。
ファッションも当時の流行を取り入れてあり(多分)、親しみ深い。
昨今の恋愛映画には珍しくとことんプラトニックなところも大人な2人を更に持ち上げている。
恋愛映画が観たくなったらぜひおすすめしたい一本です。

グリーン・カード
GREEN CARD
1991年 米
監督:ピーター・ウィアー
主演:ジェラール・ドパルデュー、アンディ・マクダウェル
[PR]
by bi_ka | 2004-11-17 23:45 | 映画(感想) 
ランチ
今日のお昼はとっても豪華でした。
会社の近くの第一ホテルアネックスに行って来ました。
ブラッスリー「ラ・キャビーヌ」

写真を撮りたかったけど、会社の人の前で恥ずかしいのでやめた。
幹事が予算ピッタリになるように組んでくれました。

メインは魚(ブリだったっけ?)とカキのカレー風味。
コースとは思えないくらいの量の多さ。
途中でもたれそうになるコース料理って・・・。

吹き抜けになった地下一階にあるレストランで、毎日といっていいほどその前を通ってたけど、入ったのは初めて。
そうかー中はこんなになってたんかー、とキョロキョロ。
特に今の季節、イルミネーションが綺麗でよく眺めながら歩いてたからなぁ。
勉強になりますた。
[PR]
by bi_ka | 2004-11-16 22:46 | おやつ&B級グルメ 
シュレック
TV放映で初めて見た。
食わず嫌いはよくないなぁ~と思った。
キャラ全然可愛くなくて今まで観てなかったけど、いいやん!

吹き替え版だったからか、集中力が途切れることが時々あった。
浜ちゃんの吹き替えはやめといた方が良かったやろうと思う。
よく話題作りで本職じゃない有名人を起用するけど、しょせんプロには勝てない。
たまにビックリするくらい才能発揮する人もおるけど、浜ちゃんは残念ながらそうは感じなかった。

彼の関西弁がイヤだったんじゃない。
これは私がネイティブ関西人だからかもしれんけど、浜ちゃんが不自然な標準語でアテることを思えば、関西弁で正解。
しかもウソくさい感じもせず違和感もなかった。
これがもし東北弁とか博多弁などといった、私とは縁遠いものだったら話は違ってたっしょ。

私が個人的にイヤだったのは、浜ちゃんはあくまでもダウンタウンの浜ちゃんだったから。
有名すぎ個性強すぎると、それがアダになると思う。
画面を観てても、あの緑色のモンスターは浜ちゃんにしか見えず・・・ガックシ。
たぶん映画自体のキャラ作りも甘かったせいもある。たぶんね。

藤原紀香の声は登場時は違和感あったけど、すぐ馴染んだなぁ。不思議。
彼女も関西出身じゃなかったっけ。一箇所、「お、関西弁出かかってる」と感じたけど、全体的になかなか良かった。
ロバの山ちゃんは言わずもがな。さすがトップクラスの声優。
オリジナルのエディ・マーフィーも評判良かったけど、吹き替えも負けてないんちゃう?と勝手に思ったり。オリジナル観てもないのに。

キャラクターもCGも素晴らしい!!とは言い切れないけど、制作スタッフがやろうとしてる意気込みは伝わってくる作品だった。
ディズニーへの対抗心むき出しな感じが一番面白かった。
適度な残酷シーンも最初はちょっと気になったけど、すぐに慣れたし。
最近のメディアって多分そういう情操教育によくなさそうな部分って、不自然なほど排除されてるから、大人の私が見てもやっぱりけっこうショッキングだったりする。
でも汚いものには蓋!みたいなぬるま湯ばっかりもやっぱり良くないのではないでしょーか、と制作スタッフの思惑通りの考えにふけってしまう私なのでした。

ヘビ風船はショッキングながら可愛くて欲しくなったなぁ。
良い子はマネしないでね、っていう注意書きしなくてもいいのか?(笑)
そういえば今年の夏にサーティワンでシュレック祭やってた。
プリンセス・フィオナ味が激マズー(゜д゜)でした。

シュレック
SHREK
2001年 米
監督:アンドリュー・アダムソン
主演:マイク・マイヤーズ(声)
[PR]
by bi_ka | 2004-11-14 22:38 | 映画(感想) 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
お気に入りブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧