ゴロゴロしあたー
<   2004年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
パイレーツ・オブ・カリビアン
昨年夏公開され、思わぬ大ヒットを記録したアクション大作。
ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」をそのまんま映画にした出来映えはお見事でした。
そもそもカリブの海賊にはそれなりのバックストーリーがあるというのは知ってたけど、映画を見てナルホドなぁと。
ディズニー映画なだけあって、安心して観ることのできる良質な映画に仕上がりました。
お知り合いのおじょうちゃんおぼっちゃんにオススメなんかすると、好感度バッチリかもしれません(笑)

b0047061_21423018.jpg個人的に海賊モノが大好きなので、そりゃもう公開前から楽しみにしてた一品。
思わずパンフレットだけでは気が済まず、携帯ストラップも購入してしまった。
このストラップを愛用してかれこれ1年と数ヶ月。
いまだに気に入っている。
携帯がカメラ付きじゃないのが泣けるが・・・。

2003年8月、シネスクープにて鑑賞。
上映間際に入った為座席があまり空いてなくて、仕方なく最前列!で鑑賞。
上映時間の長さもあり、首が痛かった。
けど、ある意味良い席だなぁとも思った。
なぜなら、まさにディズニーランドのアトラクション気分が味わえたから。
目の前で繰り広げられるカリブ海での戦闘など臨場感たっぷりで、こちらがフロートに乗って体験してるような気分に。

さてさて、ストーリーの方はというとお子様向けという感は否めない。
しかしセットや衣装などかなりお金がかかってるようで、雰囲気は十分楽しめる。
ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウのキャラ作りは大したもの。
独創性と個性の強い、愛らしく印象深い海賊像。
本作成功の大部分は彼の仕事によるものと言っても過言ではない。

ロードオブザリングで世界中の女性を虜にしてしまったという鳴り物つきのオーランド・ブルームは、完全にジョニーに呑まれてしまった。
多少情けない若造という役どころなので、結果としてそれもまた良かったようにも感じる。
ヒロインのキーラ・ナイトレイは日本人好みの美人で、良い感じで華をそえていた。
ま、いてもジャマにはならないといった程度。
2004年公開されたキングアーサーでの彼女は、目障りといってもいいほど奇抜であった( ̄- ̄
華を添えるという点では、もう少し派手な衣装を増やしてあげても良かったのでは。

何度か鑑賞すると上記役者よりも、悪役のジェフリー・ラッシュ(キャプテン・バルボッサ)の良さがジワジワとにじみ出てくる。
深みのある演技、悪の華といった風情で彼の出ているシーンはそれだけで引き締まってるように見える。
立ち居振る舞いから違ってるってのかな・・。
ジャック・スパロウの立ち居振る舞いも十分イカレてるのだが。

現在続編を鋭意製作中とのことで、楽しみではあるが本作以上の過度の期待はしないでおこう。
どうやら噂ではジャック・スパロウのモデルとなったキース・リチャーズが出演するらしいが、どうか許せる範囲内での演技でおさめてもらいたい。
優れたミュージシャンが優れた役者であるとは限らない。
ただ、彼のファッションだけは楽しみではある。

それから本作未見の方は、スタッフロール後もしっかり観て欲しい。
パイレーツ・オブ・カリビアン続編パート2の感想

パイレーツ・オブ・カリビアン呪われた海賊たち
PIRATES OF THE CARIBBEAN / THE CURSE OF THE BLACK PEARL
2003年 米
監督:ゴア・ヴァービンスキー
主演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ
[PR]
by bi_ka | 2004-10-31 22:09 | 映画(感想) 
バイオハザード
2ではなく1の方。
公開前ははっきり言って全然話題にのぼっていなかった。
一部のゲームファンから注目を浴びてただけで、それも期待というほどのものではなかったし。
ゲームが原作の映画はカスが多いというイメージ。
いや、イメージではなく現実なのだが(^^;

私はゲームのファンだったので、楽しみにしていた1人。
幸運にも試写会が当たって、少し早めに観ることができた。
その分、作品に対する余計な前情報に触れる事なく鑑賞できてラッキーだった。

2002年8月19日
東京ヤクルトホールにて。
試写会は一般に先駆けて観ることができるのと、無料という点がいい。
しかし、専用設備ではないので音響関連が主に不満となることも多い。

バイオハザードは音響でビックリさせる仕掛けがかなり多かったが、この設備の欠点を補うほど素晴らしかった。
久しぶりに観たゾンビもの。
多分ほとんどの人はアクション系と思っていたのだろう。
エグいシーン連発のため、途中退席する人も少なくはなかった(笑)

観終わってみると、かなり興奮している自分がいた。
これは素晴らしい作品だ!夏のアクションホラーとしてズバ抜けている!
これぞ映画の醍醐味!ミラかっこえー!
などなど、頭の中をグルグル。

実際封切ってからは思いのほか大ヒット。配給元も正直予想してなかったのでは。
ホラーは一般には受けない。
そのせいか、アクション色を強く押し出した宣伝の仕方は、ファンとして不満でもあったし、騙されてうっかり観てしまった人も迷惑だっただろう。
ゾンビ犬を三角蹴りで倒すあたりはアクション映画史上に残る名場面かもしれないが(笑)

監督が原作ゲーム好きとのことで、セットもカット割も全てどこか懐かしい。
ゲームをしたことのある人間ならすんなりその世界に入っていけるほど。
「わかってるな」とうなづかざるを得ないほど、心得ていた監督。
残念ながらゲーム全体から漂う独特の雰囲気は、2のアポカリプスではほとんど感じることができなかった。
監督の存在はやはり大きい。

音楽も良かった。
ホラーといえばなぜかメタル系音楽が定番。いまだ謎。
バイオハザードでもスリップノット、マリリン・マンソンが使われた。
序盤、記憶を失ったミラが洋館を不安げに歩く。
突然外部から窓を蹴破って侵入してくる謎の武装集団。
この時の音楽がたまらん。これから何かが起きるという不安と期待が更に高まる。
このあたりの一連のシーンは本当に私のツボ。
全てのカット割が計算されたものであることもよくわかるシーン。

低予算ながら思わぬヒットに気を良くしたのか全3部作らしい。
2・アポカリプスはそれなりに面白いハリウッドアクション、凡作と言わざるを得ない出来であった。
3・アフターライフでは再び閉塞感ある恐怖美を描いてもらいたいと思う。

バイオハザード
RESIDENT EVIL
2002年 独・伊・米
監督:ポール・アンダーソン
主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
[PR]
by bi_ka | 2004-10-31 00:17 | 映画(感想) 
映画好きのルーツ
本日は一度書いてみたかった、私が映画が好きなワケ。

私はただ意味もなく映画が好きになったのかというと、決してそうではない。
父親の影響によるところが非常に大きい。
物心つく頃から、常に映画とともにあった。
と言っても、映画館に通いつめていたわけじゃなく、TVの洋画劇場あたり。
近所に映画館があったら、きっと一緒に行ってたんじゃないかと思う。

父は今で言うところの超B級アクション映画が大好きだった。
しかも香港系。
今でこそワイヤーアクションなどとオサレな名前で呼ばれ、市民権を得てしまったけど、当時・・・ウーンかれこれ**年前(笑)は、もうちょっと違った位置づけだったように思う。

そういえば父は男くさいものが好きだったようで、任侠ものとかトラック野郎とか、極妻なんかも気に入っていた。
というか、父自身若い頃そんなヤツだったらしい。娘が生まれて人生が変わったのではと思う。
そのわりに小学生だった可愛い一人娘である私に空手を習わせようとしてみたり。
母がギャルの手がゴツくなるからやめてくれ、と懇願してたな。

・・・思い出話から話を戻して。
当時はジャッキー・チェンがのし上がりつつあった時代で、モンキーシリーズが大流行していた。
残念ながら酔拳でブレイクした瞬間は体験してなくて、全てジャッキー売れっ子確定後に観たもの。
とは言っても子供だった私に妙な先入観などあるはずもなく、非常に素直な気持ちで観ることができた。
キャノンボールも再放送含め何回も観たな。
私の歳がバレてしまうけどまぁイイや(笑)
(劇場公開からTVで放映するまで若干タイムラグがあるので、厳密にはバレないはず~再放送何回もしてたし~)

夜は常にNHKか洋画劇場がついていた。
気がつけばジャッキーのうさんくさい演技やら物凄いアクションに真剣にとりつかれ、睡魔と戦いながら観続けた日々。
他にはやたら再放送しまくってた13金シリーズやらシュワちゃん系やらが記憶に残ってる。
大体中盤にさしかかるとちょっとエッチなシーンになったりして、一人気まずい思いをしたもんだ。
今思えば大したことないシーンばっかりだったけど、当時は父に悟られまいと身をかたくして寝たフリをしてみたり(笑)

そうこうするうちに、自分のお小遣いである程度の買物ができる年頃になり、ビデオレンタルに自発的に通うようになった。
ビデオってもんもずいぶん普及しはじめてたし、映画観たさにえらくせがんで買ってもらったビデオデッキ。
レンタル品は時間都合などで1人で観ることが多かったけど、そのおかげか嗜好ジャンルも一気に広がった気がする。

私の成長とともに父は歳をとる。
一緒に洋画劇場を観ていても、父はビールの影響もあり途中で寝てしまうことが増えた。
一緒に映画を体験できない不満と、結末を知ることのできない父がちょっと気の毒にも思えた。
こういった経験のせいなのか、今は劇場で一人で観るのを好む。
もちろん友人と付き合いで劇場に行くこともあって、それはそれで楽しい。
けど余計な感情を排したいのもあるし、娯楽としてお気軽に観る映画、同じ空間を共有するのは父とだけ、という感覚。

ちなみに母親は家事をやってたからなのか、じっくり座って長時間TVを見ることがめったになかった。
そんななかで火曜サスペンス劇場などといったシロモノはえらく好きだったようで、時々珍しくチャンネルを主張してたっけな(笑)

ちなみに父も母も健在。
関西と関東、遠く離れてもう4年ほど会ってないけど( ̄ー ̄ ;
[PR]
by bi_ka | 2004-10-27 00:52 | 映画(感想以外) 
ラモーンズ
RAMONES - END OF THE CENTURY

ウッソー、RAMONESの映画が、公開目前!
ぜんっぜん知らなかった。ショック。そして超嬉しい。
ギターのジョニーが永眠したのはつい最近のこと。
ジョーイの死以来、RAMONESを聴くことにちょっと臆病になっていた。
それが回復してきた今日このごろ。

映画公開初日は11月27日。渋谷。
21:20から。
開始時刻・終了時刻ともに時間的にちょっと厳しい。でも行きたいなぁ。初日。
できれば前売りをゲットしてアイテムももらいたい。
いかんせん時間が・・・。
ああ劇場窓口で前売り買った人のみの限定品、ノドから手が出るう。

HPをよく見ると、RAMONESのTシャツを着てきたら缶バッジがもらえるらしい。
Tシャツぎょーさん持ってまっせ。
でもパンクTシャツがすっかり似合わないお年頃になってしまった。
しかも職場にいきなりラモーンズTシャツで出勤したら、さぞ引かれることでしょう。
私そういうキャラじゃないもん。

映画自体もきっと誰も付き合ってくれそうにないから、一人で観に行くことになる。
神様、勇気を下さい。
モヒカン兄ちゃんに踏み潰されませんように(笑)

全国順次公開予定ってのも果たしてどこまで拡大してくれるのか、重要。
もっと近場でやってくれたら、5回くらいは観に行きたいなぁ。
とりあえず早いうちに前売り買いにhey! ho!行くべ!
[PR]
by bi_ka | 2004-10-26 01:17 | 音楽 
私の見た電車男
今日車内吊りで、「電車男」の出版広告を見た。
そういえば出版されるって書いてたっけ・・・とは思ってたけど、まさかあんなにデカデカと宣伝してるとは。
いやまじで驚き。
そこまで力入るほどのもんかね?

私はネットで流行し始めた頃に全部読んだけど、確かに面白かったよ。
時間を忘れて夢中で読みふけったよ。
でも所詮は2ちゃんねる。いわゆる便所の落書き程度の文章。
ネットでダラダラーと読むからこそ面白いんでないの?
書店で現物をチェックしてないけど、あの独特の顔文字とかどう表現してんのかな?
もしかして横書きを再現してたらけっこう驚くかも・・・○| ̄|_

と、ここまでがネタふり。
私がいつも通勤してる電車にも電車男がいます。
さいてぇーな電車男が複数。
多分、そういう路線なんやろうなと。
上野行きのJR、JB線なんてそんなもん。
通勤帰りのおやじがふつーにワンカップとスルメ齧ってるしな。
ついでに、あちこちのお下がりのせいなのかやたら車両故障で遅れる。

女子供相手に必死でイスを横取りしようとする20代半ばのあんちゃんやら、ちょっと居眠りで寄りかかった際にどえらい勢いで突き飛ばす20代半ばのあんちゃんやら、出口改札で前の人にぴったりくっついて一緒に出てキセルしようとする20代半ばのあんちゃんやら。

・・・・・。
世の中真剣におかしい人が存在してるので、できるだけ刺激しないようそっとしておきます。
本になった電車男みたいな人って、実際あんまりおらんように思う。
おったとしても逆切れ→刺されてシボンヌ。みたいな。
[PR]
by bi_ka | 2004-10-26 00:09 | 日記+その他 
王様と私
個人的に好きな映画ベスト10に入る作品。
もとはユル・ブリンナー一世一代の当たり役とも言えるブロードウェイミュージカル。
後の彼のトレードマークでもあるスキンヘッドを決定づけた作品。
以降ユル・ブリンナーは生涯、髪を生やすことをはばかられたという(笑)
ユルの代表作は他に荒野の七人もあるけど、こっちの方が断然"らしさ"が出てる。

時代の変化に悩むシャム国王ユル・ブリンナーと、英国から招かれた家庭教師デボラ・カー。
考えも立ち場も違う2人が反発しあいながらもお互い惹かれていく。
こう書くと単なる恋愛映画ではないか、と思われるかもしれない。
ジャンル分けするなら確かに恋愛・ミュージカルになってしまうけど、そんな一言では片付けられない作品であると思う。

映画史上に残る名シーンである、ユルとデボラのダンスシーン。
邦画でも音楽・タイトルが使われた為、知ってる人も多い名曲「Shall We dance?」に合わせたダイナミックなダンス。
作品中もっとも好きなシーン。あっという間に終わってしまって物足りない感じがしてまたいい。

劇中劇のアンクルトムの小屋も素晴らしいの一言。
完成度もさることながら、茶目っ気あり風刺あり、考えさせられる部分も多い。

ちなみにリメイクとしてジョディ・フォスターとチョウ・ユンファのアンナと王様があるが、こちらは未見。

王様と私
THE KING AND I
1956年 米
監督:ウォルター・ラング
主演:ユル・ブリンナー、デボラ・カー
[PR]
by bi_ka | 2004-10-25 00:50 | 映画(感想) 
ねこ大好き
日比谷公園で暮らす猫たん。
b0047061_0404716.jpg

職場から歩いて5分程のところに日比谷公園がある。
お昼休みにたまーに散歩に出かけたりもするけど、最近はさっぱり行ってないなぁ。

どこの公園も同じと思うけど、日比谷公園にも野良猫がいっぱい。
スズメもハトもカラスもうじゃうじゃ。
ついでに謎のおじさんたちも(^_^;

動物の中では鳥が一番好き。
我が家にも3羽いるため猫は飼えない。
そのせいもあって、野良猫を発見するとまっしぐらに向かってしまう。
要するに飢えてるんですな、猫に(笑)

しかし野良猫にもいろいろあって、やたらフレンドリーすぎて不気味なやつもいれば、野性味たっぷり、サバイバラ~なやつもいる。
こちらとしてはボケラーっと日向ぼっこなんかしてる猫たんを、できるだけ近くで見たいわけで。
もっと欲張るなら頭なんかナデナデしてみたいわけで。
ただそれだけの欲求をなかなか受け入れてくれない猫たん、そこもまたいいわけですよ。
こちらが食べ物とか持ってると、足にズリズリ体をこすりつけてきたり、持ってないと悟るとサッサと行ってしまう的確な判断力もまたすばらしい。

こんなに処世術に長けた生き物は猫が最高峰なのでは。
私もこんな風にうまく生きていきたいなー。
[PR]
by bi_ka | 2004-10-24 00:49 | 日記+その他 
ルパンVS複製人間
久しぶりにテレビで観た。
ルパンシリーズで一番好きな作品。
多分、ほとんどの人が「カリオストロの城」を支持するでしょう。

でも私は、断然クローン。
絵柄も好きやし、適度なコミカル感もいい。
何より不二子ちゃんがヒロインなのが一番いいところ。
悪女っぷり超全開。
ピンク色のハーレーも似合ってる。

あとは、作品全体に漂う哀しい雰囲気。様式美に近い感覚。
随所に軽快なギャグを織り交ぜながらも、どことなく哀しい。
オープニングのDNA操作するシーンが、この上なく怪しくて、わくわくする。
マモーは憎めない悪役って感じですな。

とくかく好きな作品なのです。
[PR]
by bi_ka | 2004-10-23 01:05 | 映画(感想) 
ザ・ロック
物凄く大好き!というほどのレベルには達してないけど、ついつい何度も観てしまう映画。
ロックといってもプロレスラーのロック様じゃなく、ショーン・コネリーの。
スコーピオンキングも好きっすよ。
アクション映画の大御所的存在の一つでもあるので、映画好きで観たことない人はほぼいないと思われる。

ここ数年、映画マニアから総スカンをくらってる感のあるジェリー・ブラッカイマが製作なんですが、この映画では凄くいい采配をふるってる。
詳しくは知らないが、共同製作のD・シンプソンのセンスが良かったおかげなのかもしれない。

老ショーン・コネリーが好きな私にとってこの映画は、いわば「アイドル映画」とも言える(笑)
若い頃のぶいぶい言わせてたボンドコネリーはあんまり好きじゃない。
枯れてぎらぎらしたもんがすっかり取れたように見えて、惹かれるのですな。
同じく大好きなオードリー・ヘップバーンと共演した「ロビンとマリアン」あたりからいいダシが出てきたご様子。
ちょい前の「風とライオン」とか、一部で伝説ともなってる「未来惑星ザルドス」あたりでは、まだもう一旗(ボンド並に)あげてやろう!ていうギラついた鼻息が残ってる(あくまでも個人的感想)。

なんかタイトルを「我がアイドル、ショーン・コネリー」とした方が良さげ。
ザ・ロックに話を戻して。
冒頭シーンいいです、うむ。エド・ハリスの神経質っぽい顔つきとかハマってるし。
彼の出番最後はもうちょっとひねって欲しかった。でも無念さが出てたからあれでいいのかな。

そういえばシール隊長役マイケル・ビーンも若い頃は正統派として頑張ってたのになぁ。
いまひとつブレイクしきれなくて、正統派イメージもあってあんな微妙な役どころ。
彼は果たしてコネリーのようにいい年齢を重ねることができるのでしょうか!?

何度も観るとどーでもいい脇役にも目が届くようになって、あらためてキャスティングの妙を感じることもできる。
FBI長官もいいなー。おじさん最高!な映画。
そんな中、主役扱いのニコラス・ケイジは異色な存在。
ステキなおじさま達の中、たった一人の若手。
人生の経験不足が浮き彫りにされつつも、その経験値ゼロゆえの行動力だったり、若さゆえの勇気だったりが周囲から浮いてる感じでうまい。
ニコちゃん、好きじゃないんやけど。顔が。

時々気になるしょーもない疑問。
アルカトラズに人質として収監された一般市民のみなさん、疲れきった表情をしてたけど、トイレはどうしてたんや?
男女ごちゃまぜで放り込まれてたと思うんやけど。
脱力しきってたからなー。とても我慢してたようには見えへん。
しょせん映画ってかぁ。

ザ・ロック
THE ROCK
1996年 米
監督:マイケル・ベイ
主演:ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ、エド・ハリス
[PR]
by bi_ka | 2004-10-21 00:56 | 映画(感想) 
台風中
今日も遅くまで残業だった。
いつ片付くのかもわからない程の仕事の山・・。

台風接近中てことで電車が止まる前に帰らねば・・・でも仕事が・・・。
ネットで運行情報をちょくちょく確認しながら働いてたら、遅延が増えてキター。
明日の為に仕事を残しておこう、なんて自分に言い聞かせて退社。

あちこちの路線で遅延てことは混んでるか?と思ったけど、意外にも空いてた。
なんか嬉しかった。
で今、外はちょっと静かな感じがする。台風どこいった???

それにしてもこの台風一週間後の水曜日じゃなくてほんま良かった。
超楽しみにしてるウィラードのライブがあるんやもん。
もし台風のせいで中止にでもなったら、何を励みに日々頑張ればいいんやろう、なんてな。

ところで駅さいとブログを開設して数日経過。
いまだに機能がようわからん。
この記事で初めてエキサイトブログのHOMEにトラックバックってやつを試してるんやけど、うまくいくかいな???

でもこんな個人的なしょーもない記事、カテゴリ探しても「その他」くらいしか見当たらん。
このようなシロモノをトラックバックたら言うもんにのせて、大丈夫かなー(-_-)
[PR]
by bi_ka | 2004-10-20 23:54 | 日記+その他 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧