ゴロゴロしあたー
カテゴリ:映画(感想) ( 454 )
硫黄島からの手紙
かな~り長い映画だったけど、最後まで飽きずに鑑賞できました。
もはやイーストウッドの監督作品にハズレなしで間違いないですなぁ。ただ、ウッド作の中でもこれは平均的なレベルにとどまってると思うけど。

一つ難を言えば、役者のセリフが聞き取れない部分が多かったこと。早口でもきちんと発声できてる人もいたけど、ほとんどがこもっててダメだった。レンタルだから?劇場で観てたら大丈夫だったのかな?
この辺、イーストウッドにはわからない部分だっただろうし、ちょっと気の毒。

二宮のキャスティングは微妙にミスだと思う。観客が一番感情移入すべき人物なのに、家族を残してきて国のために玉砕するしかないというドラマが感じられない。丁寧に描かれているにもかかわらず。事務所パワーで無理やりねじこんだか、という穿った見方しかできず。

お話の内容で気になったのは、渡辺謙の役どころ。こういうアウトローな上司はかえって規律を乱す。独善的な行動は時として悲惨な結果になる。アメリカかぶれだったという設定なら大したもの。
そして米兵捕虜が持っていた母の手紙。あれは皆の前で読むべきものではないでしょう。明らかに士気が下がる。
当時ほんとうにこんな感情に流される指揮官ばかりだったのかと疑問に思ってしまった。

アメリカ人が太平洋戦争を日米両方の視点から描くっていうのは新しくて良いと思います。イーストウッドの着眼点の勝利。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-08 23:42 | 映画(感想) 
ザ・ウォーカー
思ってたよりもいい映画でした。ちまたの噂でイマイチらしいと聞いてたので、ハードルが超低かったのもあるかな。なぜか最後のオチだけ知ってた映画。

世紀末っぽいヒャッハーな世界観はいいですなぁやっぱり。
モヒカンにトゲトゲ装備ではなかったけど、けっこう近いものがあった(笑)
デンゼルの動きはかなり良かったですねぇ。隙のないキレキレアクション。おっさんになっててちょっとショックだったけど。

結局、悪ボスのゲイリー・オールドマンがあの本をそこまで欲しがる理由ってのが理解できなかったけど。
あれ、日本が舞台だったら仏教の本とか・・・古事記とか?聖書ほどの吸引力はなさそうかな。
でも世界の滅亡までいったら、最終的に行き着くところはやはり宗教なんでしょうかね。

一つだけ気になったのが、30年もウロついていたという設定。ゴーウエスト西へ向かえと言われ、いくら広大なアメリカ大陸といえども何往復もできてしまう・・・。ひょっとすると何周かしての当たりゴールだったんでしょうか。
なんとなくマッドマックスが観たくなる映画でした!
[PR]
by bi_ka | 2012-05-06 23:49 | 映画(感想) 
ナイト&デイ
ちょっと劇場で観たかった映画。
期待を裏切らないお気楽娯楽大作でした。予告編を見て、もうちょっとコメディ色が強いのかなと思ってた。

トムクルーズは若い頃より今のほうが断然かっこいいです。実年齢より若く見えるので、人生経験が長くなったぶん今のほうが魅力的ってことでしょう。今後もどんどんかっこいいジジイになっていって欲しいですねぇ。
ヒロインのキャメロン・ディアスは若い頃あんなに可愛かったのに、すっかり見る影もなくなってしまって・・・。まぁ今回は中年カップルでお似合いでしたけど。

ストーリーが思っていた以上に少女漫画チックだったので、こっぱずかしいというか見ててちょっとキツいものがありました。中年男女が海岸で抱き合ってコロコロ転がるとか、ねらいすぎ。
2人のキャラクターはとても良かったですね。特にトムは爽やかイケメンなのにちょっと頭のおかしい役をやらせたらとてもハマる。
昔チャーリー・シーンがパロディ映画を量産してたけど、あれと同じ。

アクションシーンはそんなに多くはなかったけど、きっちり押さえてあって、かっこ良さ大爆発。ちょっとカンフーっぽいアクションもあって、おっ!てなります。
バイクシーンのカーチェイスもよかったです。あと屋根の上を走り回ったり高いところから飛び降りたり、明らかにトム自身がスタントをこなしてる感じのシーンがあって、目が離せませんでした。

おバカ映画好きな私としてはこの作品は中途半端でしたが、娯楽映画ってかくあるべきというお手本みたいな作品でした。劇場で観損ねたミッションインポッシブル4が観たくなりました。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-05 23:48 | 映画(感想) 
シャッター
ジャパニーズホラーのハリウッドリメイク版・・・とずっと思ってた。
オリジナルのタイトルが「心霊写真」っていうのも知ってたけど、まさかタイ映画だったとは、今回リメイクを見て初めて知りました!
ジャパホラーに全然興味がないから起きた勘違い。

主演の女優さんが綺麗でクレバーなので、イヤな気分にならなくていいですね~。アホな行動をしてドツボにはまっていくのって本当にイライラするから。
話の展開はわりと始めのほうから読めてしまうので、あとは細かい設定に納得しつつ観ていくという感じ。

洋画のホラーって日本人の感性とかなりずれてるところが多いけど、本作もやはり洋画寄りで残念でした。
ジメ~ッと精神的にくる映像が少なくて、体力バカでゴリ押しできそうな作り。ハリウッド映画としてはジメってたほうだけど。奥菜の存在だけがジャパニーズホラーの面目を保ってた感じです。可愛すぎてちっとも怖くなかったけど(^^;

心霊写真というアイテムの使い方はおもしろいけど、もっと使い込んで欲しかった。専門家の存在もめちゃくちゃ意味不明。
あとあの心霊雑誌の事務所、あれは明らかに日本じゃないでしょう。韓国系企業っていう設定か?(笑)

全体的に描き過ぎた感が強い。見せない・説明しない作りのさじ加減が微妙でした。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-04 23:15 | 映画(感想) 
永遠のこどもたち
家族がレンタルしてきて便乗鑑賞。存在すら知らなかった映画で、ジャンルさえわからないまま観ました。
オープニングクレジットにデル・トロの名前が。お~メジャーな作品なのか~。でも監督じゃないっぽい。

映画が始まってほどなくしてホラーっぽいとわかった。映像も空気もとてつもなく暗い!よどんでて気が滅入る系。
結局あやしげな洞窟は全然活用されず。洞窟内でのドキドキ映像も作って欲しかった。
霊媒師シーンがすごくおもしろかった。

主人公家族の男の子がかわいかった。父ちゃんがまったくの役立たずだった。
血のつながりはなくともやっぱり母性というのはすごい。そんな映画でした。

坊さんが屁をこいた~だるまさんが転んだ~の遊びは世界共通?だった。
この手の遊びは地味に怖い。通りゃんせとかはないちもんめとかカゴメカゴメとか。今の子はこんな遊びしないのかな?

とても陰気な作風なのに後味はかなりよかったです。でも繰り返しみたい類の映画ではないな・・・。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-03 23:04 | 映画(感想) 
サイレン
阿部寛主演の邦画ホラー。
と思ってたのに、あべちゃんちょっとしか出てへんやんけ。当時予告映像で観たのがほぼ全てといっていい。

家族が借りてきた映画で決して私の趣味じゃないけど、せっかく観るなら前のめりで楽しみたい。
ココリコ田中とか出てることさえ知らんかったー。かなりいい役もらったんや、もうちょっと演技ガンバレ田中。

島の遠景の映像はとてもよかった。赤い空と黒い島の対比も。
でも島内の風景がいまいちだった。露店みたいなとこもただ汚いだけで、もうちょっと練り上げてもよかったと思う。
サイレン音については不快感をもよおす音作り。よく出来てると思うけど、ずーーーーーーっと聞いてるとブチ切れそうになるので、適度なところで音量をしぼるとかして欲しい。チカチカ発光映像も多すぎて、例のピカ○ュウ発作を起こすんじゃないかと思うほどしつこかった。

真の主演の女の子の演技はいい感じだった。若さにあふれかわいい、若いっていいね。それだけに大人の田中の演技が稚拙すぎてしらけるというか。こういう邦画の悪いところ、直して欲しい。唐突に芸人使ったり素人が声優やったり。お金もらって最高の作品を作るっていうプライドはないんか、ふざけんなよ。

あわよくば続編を作ろうとしてるのか、わざと謎を残したのかは知りませんが、凡作すぎて続きはどうでもいいっすな。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-02 23:47 | 映画(感想) 
天使と悪魔
ダ・ヴィンチ・コードの続編。
前作より強引な感じは減ってたけど、なんかグダグダしててテンポがあんまり良くなかった。
トム・ハンクスが不自然なほどピコーンピコーンって謎解きしてたのが減ったからかな。

それにしてもバチカンのお家騒動なんてよく作れたな。
しかもけっこう内部の人物像が詳細に描かれてるし。完璧聖人じゃなくてやけに人間くさい法王なんて、時代のせいなのかしら。

一時間ごとに人が殺されるかもしれないっつうわりに、なんか時間がゆっくり進んでるし、みなさん大して急いでないし、緊迫感を演出するという面で非常に失敗だと思った。
挙句の果てにヒロインがまったくの役立たず・・・。

ユアン・マクレガーが一番輝いてた映画だったけど、その分なんか裏切られた感も強いような。私の感動を返してーーみたいな。
ローマの建築物や彫刻を楽しむ映画として観ればいい感じでした。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-01 23:47 | 映画(感想) 
ソウ ザ・ファイナル 3D
SAWシリーズ最新作で最終作?のSAW7、観終わりました。

これまでの伏線の回収はなんとかやった、って感じで、全作品の中ではもっとも出来が悪いような・・・。
はやりの3Dにしたかっただけちゃうんかと思うほど、急いで作ったような荒い仕上がり。
今までマンネリワンパターンでありつつも、構成が丁寧なところが評価できたのに、それがまるでなかった。時間軸いじりもないし。
途中からホフマンがジェイソンになってるし。ジグソウが草葉の陰で泣いてるに違いない。

登場人物の描写も突込みがたりなくて、本当にイマイチ。
関係ないけどゴードン役のケリー・エルウェスが更に老けててなんか悲しかったな。

3Dで観てないからなんとも言えないけど、刃物が飛んできたり腸が飛んできたりは何箇所かあったけど、全体としては3Dにする意味もない作りでしたな。
オープニングの店先での見世物的なゲームに出てた人たちは、結局なにか本編に絡んでたのでしょうか?
[PR]
by bi_ka | 2012-04-30 19:18 | 映画(感想) 
月に囚われた男
パッケージと裏面の説明がおもしろそうで借りました。
監督はデビッド・ボウイの息子らしい。やっぱりきれいなお顔をしてるのかな。

主役というかほぼ一人芝居オンステージのサム・ロックウェルがよかった。
チンピラとか小物のイメージしかなかったのがちょっと変わりました。
あと、ケヴィン・スペイシーのクレジットがあったのに出てないけど?と思いつつエンドロールを見たら・・・声の出演かよ~。

P・K・ディックの小説にありそうなストーリーは想像してたものと全然違い、そのおかげで途中からグイグイ面白くなった。
てっきり地球帰還の直前にトラブルが発生して、なんとしてでも帰ろうとがんばる映画なのかなとか思ってたら、まさかあんなに悲しいお話だったとは。

映像的なものは最新技術とかそういうのは全くなく、むしろ低予算であるのがよくわかりますが、月に一人ぼっちという孤独感はすごく漂ってる。音楽もいい。
明らかに2001年宇宙の旅に影響を受けているのがわかります。それゆえに、人工知能のコンピュータが反乱を起こすんじゃないかっていう不気味な雰囲気がプンプン。

全体の作りがとても丁寧で、若手監督が芸術家肌の奇をてらった映像を作ろう的なとがった演出などもなく、好感が持てました。
今後は予算アップでへんな方向に走らずがんばってください、息子さん。
[PR]
by bi_ka | 2012-04-29 23:34 | 映画(感想) 
SAW5とSAW6
どんどん製作されて途中でついていけなくなってしまったSAWシリーズ。
レンタルで最初からイッキミ。5と6が初見。
過去の回想シーンが多いのと続けて観たのとで、どのエピソードが何作目かよくわからなくなってしまった。しかも時間軸もめちゃくちゃだし。

あらためて一作目を見て思った。最初はグロ映画じゃなかったんだ。
今もう一回一作目を作り直したら、ぜったいにそのものズバリ、血しぶきでも切断面でも何でも見せちゃいますよーな映像になったと思うな。

それにしても後から後から、よくもまぁこれだけあちこちから関係者を引っ張り出してくるもんだ。ナンデモアリ状態になってしまってズルイ!と思うけど、なかなかうまいことつなげてあったりする。
次でもまた突然新しい人物が登場するのかなー。

6で出てくるアンブレラ保険っていう会社。会社最初のシーンでバイオハザードっぽい音楽が流れる。そしてマット(潜入調査してた兄役)によく似たリーマンまで配置されていた。別人だったけどよく似てた。しかもいい感じで見せ場もあった。あのロシアンルーレットっぽい仕掛けはなかなか面白かった。
マットは気のせいにしても、バイオへのオマージュか関係者でもいるのかなって感じ。

SAW7が最終作なんでしょうか?今流行りの3Dってだけでちょっと地雷臭がする…。
ゴードン先生が出るとか出ないとかって噂もチラホラ耳にします。まぁあまり期待しないで観るとしよう。
[PR]
by bi_ka | 2012-04-27 00:25 | 映画(感想) 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
お気に入りブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧