ゴロゴロしあたー
カテゴリ:映画(感想) ( 454 )
ナイン 9番目の奇妙な人形
ティム・バートンが製作に携わっているアニメ。DVDで鑑賞。

内容などまったく何も知らない状態で観たので、ブキミな人形の謎が気になって観てたけど、すぐに飽きが・・。
実際には短いアニメのはずなのに、なぜかやたら長く感じて、集中力を欠いてしまった。世界観はかなりいい感じで練られてると思うけど、序盤で気になってたあれやこれやの謎が期待してた以上のものでなかったのが原因かなぁ。

あと暗い。落ち着いてるというか地味というか、華がないというか。バートン作品はいつも暗いけど、もうちょっと娯楽性をもたせてるというか。キャラクターもイマイチだった。
主人公のナインがまったく空気の読めないど厚かましいヤツだったのもなんかいやだった。
完全に自分の好みと合わないアニメでした。
[PR]
by bi_ka | 2012-06-25 23:01 | 映画(感想) 
キック・アス
ずううううううっと観たかった映画。ここ最近で一番気になってたので、鑑賞できて大満足。
思ってたより良心的な作りで、クレイジーな感じが物足りなかったけど、なかなかすばらしい娯楽映画。

サム・ライミのスパイダーマン一作目の序盤20分ほどの内容が、キック・アスのほぼ全編といった感じ。
凡人ピーター・パーカーのエピソードが好きな人にはこの映画とっても合うでしょう。
特にこれといった特技もないけど、正義感だけは人一倍良い強い主人公は好感度大です。チンピラの喧嘩の仲裁中、ギャラリーが携帯で動画を撮り続けるところは面白いけどとても不気味。日本でも最近こんな感じらしいから、とってもリアルですね~。

ヒーロー願望の強いニコラス・ケイジ、ついにバットマンになってしまった・・・。ゴーストライダーをやったとは言え、決して正統派ヒーローとは言えなかったもんね。こんなに愛してるなら、本物のアメコミヒーローも一回くらい演じてもらいたかったな。もう年齢的に無理でしょうが。

ヒットガールは文句なしに可愛かったなぁ!最初は狙いすぎやろ。。。と思ったけど、嫌味のないキャラで、ひょうひょうとしたニコラスとのペアということもあって、すっごく魅力的。スピンオフができそうな勢い。
みんなが大好きなほうのアメリカ!(オバカで善良な人々、ジャイアン的?)って感じがパンパンに詰まった映画だと思いました。
[PR]
by bi_ka | 2012-06-15 23:49 | 映画(感想) 
紀元前1万年
劇場公開当時ちょっと見たいかなぁって思って、けっきょく見なかった映画。
やっぱりエメリッヒ監督の映画は大味な大作を見たい時の期待を裏切らない!
メリハリに欠けるし登場人物もいまいち魅力がないんだけど、最後まで頭をからっぽにして楽しませるテクニックはすごいです。深く考えたら負け。

エジプトのシーンはかなり良い。見る価値あり。
大量の奴隷がアリのようにうごめいてるシーンなんて壮大で、これぞスペクタクル。
壮大な設定に加えてストーリーも古代のロマンにあふれてるんだけど、主要人物たちが残念すぎました。原始人みたいなキャラって、一歩間違うと滑稽。その一歩にかなり近いところまで踏み誤ってしまったって感じ。
もっともっと野性のカッコよさみたいなものが出ればよかったなぁ。そういう映画が見たいなぁ。メル・ギブソンの「アポカリプト」がまさにそんな映画だったのをふと思い出しました。
[PR]
by bi_ka | 2012-06-14 00:32 | 映画(感想) 
サイレント・ワールド セカンド・アイスエイジ
家族がレンタルしてきたのを便乗で鑑賞。なんでこんなのを借りてきたのか。
本編が始まる前の予告編集が猛烈にいっぱい入っていて、どれもこれもクソ映画ばっかり。ていうかアルバトロスやんけ。
アルバトロス映画、私が借りるとバカにするくせに・・・。私アルバトロス好きですよ?でもゾンビとか怪獣とか、完全にネタに走ってるクソ映画が好きなだけで、こういう一見まじめに作ってて駄作っていうのは許せない。

期待通りチープなのはさておき、どうも編集に違和感がある。テレビ映画なんじゃないかと思うけど、調べるのも面倒なほどのクソ映画。
完全にデイアフタートゥモローのパクリ映画だけど、作り手が違うだけでこうも変わりますか!

一点だけ良かったのは、子供がとてもお利口さんなこと。
子供が足を引っ張ってイラつく映画が多いのに、本作では登場人物中もっともマトモ。イイ子。勝手にどっか行ったりしない。子供という材料を上手く料理できなかっただけかも('A`)
[PR]
by bi_ka | 2012-05-30 23:12 | 映画(感想) 
28日後...
続編の28週後だけ先に劇場で観てて、今回1作目を鑑賞。
予想通り一作目を観てなくても続編OKな作りだったんだな、とあらためて思いました。
何のウイルスがどういう状況で発生したのか、というのだけが収穫。でもゾンビ映画なんだから、そんな事どうでもいいですよね。

主役がキリアン・マーフィーって途中まで気づかなかった。相変わらずカメレオン俳優。
髪の毛を切ってこざっぱりしたところで、お?とようやく気づいた。そして、ああまたダニー・ボイルとのタッグ作品だったか!と納得してめっちゃスッキリ。

音楽が大変印象深いですなぁ。続編もそうだったけど、一作目のほうが追い詰められ感が半端ない。
序盤の廃墟シーンがとても良いです。詩的。

お話の内容は思ってたのとかなり違ってました。
パニックものというよりはロードムービー?自分探し?っぽい。終盤はもはやゾンビ映画ですらなく・・。これが隠されたテーマなのかしら~。
って元々ゾンビ映画ではなかったのかもしれません。私の思い込みかも。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-29 23:17 | 映画(感想) 
ソルト
アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイアクション映画。

今さら感ただよう東西冷戦時代ネタか~。スパイ映画は冷戦時代が一番おもしろいとは思うけど、やっぱり古臭いというか陳腐ですな。
今の悪者トレンドはやはり中近東!核戦争なんていう壮大な情報戦争じゃなく、自爆テロ系。局所的。
もしくはネオナチのほうがまだリアルに感じたかな。アンジーがロシア人役やるならドイツ人でも何でもありでいいでしょう。

アクションシーンは・・・もっさりしてて凄腕スパイって感じはなかった。周囲がバッタバッタ勝手にぶつかって倒れていってくれたというか。カメラワークでスピード感を出そうとしたけどアンジー動けず、みたいな。
序盤の自作爆弾を作るシーンは面白かった。専門:爆弾、得意技:近接戦、みたいな紹介があったっけ。その後、爆弾スキルはあんまりいかされてなくて残念。ロシア副大統領暗殺の時仕掛けてただけかな?

レンタルDVDにもう一つのエンディングっちゅうのが入ってて観たけど、どっちでもいいや、みたいな。
本来のエンドのほうがアクション大作っぽい終わり方でした。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-16 23:52 | 映画(感想) 
シティ・オブ・ゴッド
なかなか良い映画だという評判を聞いていたので、観てみたいと思ってた映画。
人の命がゴミ同然。日本に生まれてよかった~。

構成がしっかりしてて重厚感のあるドラマ。
個人的に人の見分けがちょっとつきづらくて大変だった。特に少年時代は登場人物が多い上にみんな同じ顔に見えた(^^;
顔面が黒いから見分けが困難ってのもある・・・。

出演者がみんな無名の人たちなので、とてもリアルに感じます。演技めちゃめちゃいいんじゃないの!?人生投げてるくせに生命力にあふれてる感じとか、普通の役者に出せるもんかね。
小学生くらいの子供たちもたくさん出てたけど、あの子たちなんなの。もしかしてホンモノの人たち?現地調達のエキストラ?

ラテン系のせいなのか、重いテーマなのに意外と軽快な作風。
おもしろかったけど、繰り返して見たい類の映画ではなかったです。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-14 23:04 | 映画(感想) 
ゴシカ
ハル・ベリーのホラーもの。
おそらくタイトルはゴシックホラーから来てるんでしょうな。精神病院が舞台なのもいい感じ。
ところが、何もかもが妙に中途半端で、ホラーとしてもミステリーとしても微妙でした。

ハル・ベリーの頑張り演技が空回り。
ロバート・ダウニーJrなんかも出ちゃってますが、こちらも微妙。もっといい立ち回りというかキャラ設定があったでしょうに、と思う。

良かったというか面白くなりそうなワクワク感があったのは、ハル・ベリーが事故を起こすところまで。

設定もアラが目立ちますね。最後はキョトーンって感じ。
幽霊の存在が認められて裁判に勝ったということでよろしいので?
[PR]
by bi_ka | 2012-05-12 22:12 | 映画(感想) 
ドッペルゲンガー
役所広司主演の邦画。家族が借りてきて便乗鑑賞なので、前情報とか何も知らず。
最後までどういう見方をすればいいのかわからなかった(^^;

ドッペルゲンガーを見たら死ぬという都市伝説は有名ですが、この映画そんな噂なんかそっちのけ状態。
かなり早い段階で役所ドッペルが出てきてビックリ。しっかりした一人の人格まで持ってる始末。
役所の一人芝居というか、ドッペル側のチョイワルが新鮮だったな。

どんどん話が展開していって二転三転、落としどころがわからないまま映画が終了。
最後までお尻がモゾモゾするというかなんとも落ち着かない作品でした。
とても低予算っぽいけど、邦画はこういうのをもっと作ればいいと思う。ハリウッドのマネは似合わない。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-10 23:24 | 映画(感想) 
シャーロック・ホームズ(2009)
ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウがコンビのホームズ映画です。

こ、これは・・・想像していた映画と全然違ってちょっとショックでした。
スタイリッシュで真面目、硬派な推理探偵ものと思ってたら、まさかのオフザケ映画。しかもホモ臭さが半端ない。
ホームズがカンフー映画よろしく武闘派でひっくり返りそうに・・・。ダウニーjrの演技もパっとしないというか、手抜き?
ワトソンってもっとモッサリしたおやじのイメージだったのに、えらく垢抜けちゃって。

キャラ設定や映画の方向性なんかは新しい切り口でもいいと思いますが、全体の作りが平板な感じがしてとーっても退屈でした。
たいした盛り上がりどころもないまま終わってしまって、満足感がなく、すぐに忘れ去られそうな映画って感じ。

近代ロンドンのセットは悪くなかったです。
[PR]
by bi_ka | 2012-05-09 23:36 | 映画(感想) 



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
お気に入りブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧