ゴロゴロしあたー
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
ジム・キャリー節炸裂しすぎ。
自分が登場しているシーンは全て隙間なくビッチリ使ってアピールしまくり。
トータルでの登場シーンは多くもないけど少なくもないという程度だけど、とにかく暑苦しいほどの存在感(^^;
相変わらずマイナスエネルギーを発する強烈パワーはハリウッド随一の存在ですね~。

七変化も楽しめるのでファンだったらお腹一杯満足できそうです。
私は熱烈ファンじゃないけど、まぁまぁ好きというか、他にいないあの個性はとても貴重だと思います。
今回は漁師?のコスプレのジム・キャリーが一番ツボりました。
あの丸太の足で大げさにすっ転ぶ演技とかおかしすぎです。口だけじゃなく体全体を使ってる体当たり演技というか・・・異常なテンションで真剣に見ると疲れます。
だからこの作品ぐらいの出演時間がちょうどいい。

本当の主役とも言うべき子役3人は、あのジム・キャリーと共演してそれほど霞んでませんでした。
演出の頑張りもあったと思いますが、長女がとても可愛くしかも演技もけっこう上手かったです。
少年がちょっと地味というか弱かったかな・・・。あの顔、誰かに似てるとずっとずーっと気になってて、最後のほうで気付きました。堀江淳に似てる!←古い

映像はかなり良かったですね。
どこか胡散臭く安っぽいセットっぽさをかもし出しつつ、決めるところは決めるという、なにげによく出来た技術力を感じました。エンドロールを見るとILM。やっぱりな!

ストーリーはちょっと浅くて物足りなかったけど、秘密結社の存在を匂わせて放置という適当さは逆にリアルに感じました。
メリル・ストリープのキャラ作りが実は作品中一番光ってたように思います。
あと・・・ジュード・ロウどこに出てたんや!と思ってたら声の出演だったらしい。そんなんわかるわけない。
逆に、名前がクレジットされてないはずのダスティン・ホフマンは”出てますよ”的アピールが凄かった。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS
2004年 アメリカ
監督:ブラッド・シルバーリング
出演:ジム・キャリー、エミリー・ブラウニング、メリル・ストリープ
[PR]
by bi_ka | 2008-10-08 22:01 | 映画(感想) 
<< マイノリティ・リポート 武蔵野茶房@汐留 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧