ゴロゴロしあたー
ゾンビーノ
ずっと気になってたゾンビ映画。やっとレンタルで観ました。
期待しすぎてたかな~、でもそれなりに面白かったです。
亜流ゾンビものとしてはよくできてるので、このレベルで文句などとても言えません。

声に出して笑えるところもあったし、ぶっ飛んだシーンも多くはないけど何箇所かあったし。
ほのぼのゾンビ系(そんなジャンルがあるなら)なので、グロ度はいちじるしく低いです。
ゾンビ軍団に襲われてむさぼられるシーンがない、と言ってもいいほどの状況だったのが一番残念でした。
1人もしくは少数に襲われるシーンは風刺が効いていて新鮮でした。

とにかく音楽が超ほのぼの。
街並みもファンタジーの世界のように美しくて、住民の暮らしぶりもとても素敵です。
ゾンビを飼いならして奴隷にしてるからですかね。
絵に描いたような上流の白人社会って感じの風景なんだけど、よく見ると道路脇やら庭先やら、そこかしこに黙々としかもノロノロとぎこちない動きで労働に従事するゾンビ(笑)

主人公の少年もよく健闘してました。
こんな不気味な映画でけっこう難しい役柄だったと思うけど、すごく作品の中に溶け込んでるというかいい意味で違和感を感じる演技。
母親がやけに美人で誰かに似てるな~と思いながら観てたんですが・・・エンドロールでまさかのキャリー・アン・モス。超ビックリ。
まさかこんなB級ちっくなゾンビ映画に出るとは。あの妊婦姿は本物ってことかな。

そしてこの一家の奴隷としてやってきたゾンビが非常にいいんです。
この人の存在で作品レベルがドドーンと跳ね上がってる気さえしてきます。
よく見るとけっこうイケメンっぽかったり、生前どんな魅力的な人間であったかが想像できる、そんなゾンビぶりでした。

ある意味ゾンビ映画に対する一つの回答でもある作品でした。
なんというか、ゾンビのいる世界って命の価値観が大きく変わるんだなぁって、こんな映画で考えさせられちゃった。
自分が死んだらゾンビ化を希望する、そういう生き方もありなんですね~。

ちなみにこの作品のゾンビは「ノロノロタイプ」でした。

ゾンビーノ
FIDO
2006年 カナダ
監督:アンドリュー・カリー
出演:クサン・レイ、ビリー・コノリー、キャリー=アン・モス
[PR]
by bi_ka | 2008-08-28 23:05 | 映画(感想) 
<< igrek MARUNOUCH... ついにDS >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
お気に入りブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧