ゴロゴロしあたー
僕の彼女はサイボーグ
相方が観たがっていたので一緒に観てきました。
インディジョーンズの先行上映のせいか劇場は人がいっぱい。お祭り映画は乗っかったもん勝ちやもんね。私はインディは時間があれば人が少なそうな時に行こう。

で、サイボーグ。
ネタバレ含みます。
観る前はオタクの妄想を映像化したオタクのための映画だと思ってたんですが、終わってみるとなんかむなしさで胸がいっぱいになってしまいました。
青年は典型的なオタクではなかったけど、どうしようもない孤独感と社会から切り離された現代の若者像が浮き彫りになりすぎ。
強引にハッピーエンド風味に仕上げてあるけど、最後は蛇足に次ぐ蛇足って感じが強すぎました。あの蛇足は社会から切り離されたまま他人と一切交わることのない生涯だったって印象を軽減するものという感じしかしませんでした。
青年の演技や演出のおかげもあってどん底というほどのものを感じなかったのが救い。

題材とサイボーグ役の綾瀬はるかがこれ以上ないほどマッチしてたので、そこは素晴らしいと素直に思いました。サイボーグというか・・・ロボット?サイボーグっていうとロボコップみたいな、基本は人間ってものだと思うんですが。
細かいことは抜きにして彼女を楽しむ事が目的の映画というなら100パーセントの出来。
可愛らしいのは言うまでもないし、無表情で作り物のような綺麗さもよく出ていました。
綺麗でパーフェクトなんだけどどことなく不気味・・・というマネキン的な感じも常にあったのでそこも良かったです。
あとはプロポーションの立派さ。今時の女優さんやタレントさんはみんな痩せすぎですが、彼女はそこそこ肉付きがよいというか、肩幅が立派だった(笑)
実際にはとても痩せてる部類に入るのかもしれないけど、不健康さは全くなかったですね。胸もでっかいし。一般受けする綾波レイって感じ。

あとほとんどの人が思ったであろう、未来からの出現シーン。なんで全裸とちゃうねん!!!
あそこはカメラワークを駆使して上手く隠しつつ全裸にするべきでしょう。もうガッカリですよね。
出現からチンピラ、デパートで洋服盗みにいたるまで、ターミネーターへのオマージュにあふれていました。というよりパクリすぎ。
その他にも未来に戻る時の演出がバックトゥザフューチャーまんま。猛ダッシュして火花と共に去るとか。ラストの蛇足までの突っ走り感はロビン・ウィリアムスの「アンドリュー・・・」何だっけ?タイトル忘れ(笑)あれを彷彿とさせますし、オリジナリティはとてつもなく低いです。

オリジナリティの部分をあえて挙げるなら、やたら犯罪シーンが多くモラルが低いことと、汚らしく生理的に嫌悪感を覚えるシーンが多いことでしょうか。オリジナリティじゃなく個性的と言ったほうが。
青年の住まいがなぜかペントハウスだったり故郷のイメージが古すぎたり都市破壊があまりにもやりすぎだったり、というあたりはファンタジー映画として納得できましたが、嫌悪感を覚えるシーンが多すぎるのは微妙でした。
神戸の南京町で食い逃げとか万引きとかちょっとどころか猛烈に引きました。犯人爆死も。盗んだケーキを平然とプレゼントすんなやー。

それにしても綾瀬はるかの魅力だけで120分も押し切ったという点だけは本当に凄い。故郷シーンは猛烈に退屈だったのであそこを切り詰めてラストもぶった切って100分映画でもよかったと思います。
あと蛭子さんどこに出てたの???

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて

僕の彼女はサイボーグ
2008年 日本
監督:クァク・ジェヨン
出演:綾瀬はるか、小出恵介
[PR]
by bi_ka | 2008-06-15 19:11 | 映画(感想) 
<< フートンマンダリンシノワホール... お好み焼道とん掘 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧