ゴロゴロしあたー
ムンク?邦画かい。こんな映画あったんや~ふぅーん。
って感じで相方が借りてきた映画を便乗して鑑賞しました。

以下ネタバレ含みます。
これっぽっちも内容やジャンルを知らずに見たんですが、これがよかったかも。
見ていくうちにどんどん印象が変わりました。
最初はミステリー?ちょっとメロドラマ含む刑事ドラマ?犯人自分オチのサイコ?幽霊?ああよくあるジャパニーズホラー?でもなんか違う・・・猛烈に笑えるんですが、なにげにコメディ?結局ファンタジーかよ?
みたいな、一粒でいっぱいおいしいような、淡々とした作風のわりに雑然としたごちゃまぜ映画でした。

とにかく幽霊の描き方が変わってましたねぇ。
恐さなんてこれっぽっちも狙ってないのがよくわかります。
ドアをあけて普通に出て行ったかと思えば、ウルトラマンみたいに颯爽と都会の空を飛び去って行ったり。
あー、普通に触れてる!ってちょっとした衝撃みたいなのもありました。
物陰から半身だけ見せてこっちを見つめてる葉月、かわいくって仕方なかったよ(´∀`)
口元は隠れてるんだけど微妙にしゃべってるのがわかる隠れ具合が絶妙。

なんでしょう、この美的感覚。
内容はどうしようもなく陳腐だったし、見せ方やカメラワークも玄人すぎて気になってしょうがないほど鑑賞の妨げにはなったけど、絵的なものがおもしろかったです。
奥行きとか立体的に見せることに心血を注いでるっていうか、芸術家ってほんま変わった人なんやーって思いますね。
カメラの引きとか移動にものすごい特徴あります。

自宅のショボイ環境でも音のこだわりを感じました。
この映画で唯一恐いと思ったのが地震の音響。
地震を扱った映画はたくさんあるけど、この作品では突出して恐怖を感じました。なんでかな?古くて狭い家屋を揺らしたところがポイントなのかなぁ?厳密には地震じゃなくてポルターガイストだから?
ライティングも、これまた鑑賞のさまたげになるほど凝っておりました。

オダギリジョーが自分の役割以上の過剰演技をしてたのがイヤだった。
全体的にジメっと沈みぎみの演技をしてる中で、一人浮きすぎ悪目立ちしすぎです。
男性出演者の演技がいまいちだったのと、やはり映像9割って感じの力の注ぎ具合で傑作になりえなかった意欲作どまりって感じでした。


2006年 日本
監督:黒沢清
出演:役所広司、葉月里緒菜、小西真奈美
[PR]
by bi_ka | 2008-04-09 22:59 | 映画(感想) 
<< 猫カフェ行ってきた いくらなんでもやる気なさすぎ >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧