ゴロゴロしあたー
ジャンパー
予告編がものすごく力が入ってた割りに、実際には微妙なバカ映画って感じ。なーんにも考えず映像をながめて楽しめました。
ヘイデンとサミュエルの対決・・・スター・ウォーズの現代版?って感じの楽しみ方もできてお得。

映像技術は素晴らしかったです。文句のつけようがない。
ものすごく自然に合成されてて、本当に瞬間移動してるみたい。
ただ、もうちょっと消えたり現れたりの瞬間映像に一工夫あればよかったな。常にブツ切り感が漂ってたのもちょっと違和感ありました。

ヘイデンは相変わらず神経質で根暗そうであんまり性格がよくなさそうな役柄でピッタリはまってた。演技は一本調子でどうにもこうにもって感じですが、見た目でだいぶ得をしてる。
脚本がお粗末なのでどの登場人物にもまるで深みがありませんが、ヘイデンはあの容姿でけっこう補ってるものがあるかな。
この映画で一番ツボったのが、あまりにも自分勝手な主人公キャラ。
鑑賞前はてっきり、特殊な能力を持つ人間としての苦悩とか描かれてると思ってたのに、まるで皆無。微塵も描かれておらずむしろ爽快。
特殊能力バンザイ!僕、超特別な人間だから!ひゃっほう!すごく共感。
銀行から一生返す予定もないお金を拝借したり世界中で遊びまくり。いつかそんな生活にむなしさを感じる時がくるのかしら・・・いやいや全くないようです。
テレポート能力を持ったら何をしようか・・・ひたすらそんな夢がいっぱい詰まった映画でした。

ジェイミー・ベルはややむっさい風貌でガッカリしそうになりましたが、思わず一番おいしい役柄でした。
特殊能力お気楽堪能キャラヘイデンと対照的に、重いものを背負ってストイックに生きるやたらカッコいい人でした。アクションシーンもほぼ全部ジェイミーが持っていったし。一人勝ち。

地下鉄の銀座を出たら渋谷だったっていうのも、ひそかにジャンプしてるという隠れた小ネタっぽくて楽しめました。
確か日本の街中とかの映画ロケは許可が下りなくて大変らしいので、おそらくゲリラ撮影をしたんでしょう。背後にいる通行人がみんなヘイデンたちをジロジロ見ながら歩いてました。
ていうか知ってたら見学に行ったのに!!!

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて

ジャンパー
JUMPER
2007年 アメリカ
監督:ダグ・リーマン
出演:ヘイデン・クリステンセン、ジェイミー・ベル、サミュエル・L・ジャクソン
[PR]
by bi_ka | 2008-03-16 16:11 | 映画(感想) 
<< ドリームマッチ2008@有明コ... 有明コロシアム!お台場! >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧