ゴロゴロしあたー
風とライオン
ショーン・コネリー最高!超カッコヨス!
コネリー出演作の中ではこの作品のコネリーが一番好きかも。
日によって変動することはあるけど、間違いなく常にベスト3。
廉価版が出たので私のDVDコレクションとして加わりました。幸せ。

もう最初の登場からして強烈なんです。
黒装束の砂漠衣装大好き(´∀`)
弓なりに反ったアラビアタイプの剣を振り回すコネリー。遠くから馬に乗りピンポイントで狙撃するコネリー。女子供に弱いコネリー。
ヒーローとはこうあるべき。
ストーリーの重さとは裏腹に、ひたすら萌え~萌え~な男臭いアクション映画です。

女子供に弱い少々茶目っ気のあるコネリーはいい感じだけど、そのドラマ部分は正直ちょっとかったるいです。
ここら辺がいまいちハリウッド大作になりきれなかった要因かな。
それでもかったるいドラマを吹き飛ばすほどしびれるアクションシーン、素晴らしいです。
構図や演出はクロサワ映画を思わせる箇所がかなりあり、しかも上手く取り入れられていて、こういうのをオマージュっていうんやなぁって微笑んでしまいます。
技術面においても、馬、火薬、人海戦術、どれを取っても当時のハリウッド映画界の充実ぶりがうかがえます。

立場・考えは違うけどよきライバルとしてセオドア・ルーズベルト大統領が描かれていますが、コネリーの豪傑っぷりに比べるとかなり小さくまとまってしまってる感があり、残念です。
ルーズベルト単体で見るとよく描かれてるし演技もいいので、ちょっと気の毒。
でもこれくらいの方がアメリカ万歳度が薄れていいかもしれません。
ていうか、この時代のアメリカは良かった・・・って思ってしまいました。作品云々じゃなく、そこが一番残念に思ったかも?

風とライオン
THE WIND AND THE LION
1975年 アメリカ
監督:ジョン・ミリアス
出演:ショーン・コネリー、キャンディス・バーゲン、ブライアン・キース
[PR]
by bi_ka | 2007-12-22 20:02 | 映画(感想) 
<< ナショナル・トレジャー/リンカ... 魚屋宗兵衛@有楽町本店 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧