ゴロゴロしあたー
ボーン・アルティメイタム
b0047061_21281754.jpg前2作は友人から借りてそれぞれ一回ずつ観てただけなので、細かいところはけっこう忘れてました。
そんなあやふやな記憶でも、豪快なアクションとスリリングな駆け引きだけでじゅうぶん満足できました。
この監督の持ち味でもある手持ちカメラのせいで画面酔いするという噂を聞いていたので、後ろのほうにしようかなと思ってたんですが、気がついたらやっぱりいつものかぶりつき席に座ってました(´∀`)
激しく乗り物酔いするほうですが、今回は案外大丈夫だった!
前すぎてかえって何が何だかわからなくて、視点を定めきれなかったのが良かったのかも。

今回が三部作の最後ということですよね、一応。
オチについてはあっけなかったけど、そこに至る過程のほうがテーマとしては大事な作品だと思うので、そんなにガッカリというか尻すぼみ感はありませんでした。

あのマット・デイモンがカッコ良く見える不思議は今回も健在。
ほとんど喋らず感情もあまり表に出さず淡々と敵の目をかいくぐる、そういうハードボイルドな世界に浸りまくれます。
特に序盤の新聞記者に指示を出すサスペンスシーンは物凄く面白かったです。
まるで観ている自分が操られてるような感覚。
ドンくさい私でもボーンに的確に指示されればCIAや殺し屋の目をかいくぐれそうな爽快さがあります。

終盤、最大の山場ともいえるCIA幹部との直接対決については、予告編で思いっきりネタバレされてたので面白さは半減したかもしれません。
ボーンやCIAが行動を起こし始める前から、あ~ソレどうなるかもう知ってる~(´Д`)ってなっちゃうんですね・・・。残念です。
CIAの局長と紅一点パメラもとってもいいキャラで好きです~。
局長のバカっぽさ、緊迫感でギチギチの本作にはちょっとした休憩になって嬉しい(笑)
パメラは、あんな素敵な女性になりたいーと同性なら誰しもが憧れると思いますね。

終わって客席の照明がついた途端、後ろのほうで「すげー面白かったよね(´∀`)!!!」と若い男性風の声が聞こえてきてなんか微笑ましかった(笑)
豪快ながらもキチっと気持ちよく収まった最終作で、いい余韻に浸れました。

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて。

ボーン・アルティメイタム
THE BOURNE ULTIMATUM
2007年 アメリカ
監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン、デヴィッド・ストラザーン、ジョーン・アレン、ジュリア・スタイルズ
[PR]
by bi_ka | 2007-11-21 21:28 | 映画(感想) 
<< ソウ3 ディズニーシー@クリスマス直前その1 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧