ゴロゴロしあたー
ソウ
b0047061_22135414.jpg流山でワンコイン上映中だったので観てきました。
けっこう話題になってる映画だというのに今回初見です。
レンタル中とかで一作目を見逃すと続編も見なくなるという悪循環になってしまうんですよねー。

低予算でよく頑張ってる佳作だと思いましたが、期待しすぎたのか、やや物足りない感じがしました。
あちこちで言われてるように「CUBE」の影響は色濃いですが、不条理感とか何だかわからない状況に巻き込まれているという設定だけが似ていて、あとはかなり違っていました。
また、CUBEと決定的に違うのはきちんとしたストーリーになっていて、最終的におさまるべきところにおさまるということ。
それぞれ楽しみ方が全然違う映画でした。

ところでこの映画で一番意外だったのはけっこう有名な俳優を使っているところ。
この点、無名俳優だけを使ったCUBEに軍配が上がるかな。低予算ゆえ自然にそうなったのかもしれないけど。
最近流行りまくりのいわゆるシチュエーションホラーっていうんですか?このジャンルで知ってる俳優さんが出てるのは地味にマイナスじゃないかなぁ。
しかもケリー・エルウェスなんて昔は超イケメン俳優だったのに、なんだかメタボリックないい感じのおっさんになっててショック。
まぁ男前っぷりは健在だったので、エリート医師が狂気に落ちる演技にはたっぷり笑わせてもらいましたが。

笑いといえばホラー系では非常に重要な要素。
この映画でもけっこう何度も笑わせてもらったので、その点では満足です。
テンポよく展開するのでごまかしが効いてるけど、よくよく考えるとおかしな設定が多いのもツボ。
ハッタリで最後まで押し切ったところが評価できる映画。
ほんま、最後にして最大のあのハッタリ演出には大爆笑ものです!
ただし後には何も残りませんでしたが。

残虐度は期待外れもいいところでした。
色んな小道具が登場してその都度ときめくんですが、すぐに落胆しまくり。
スプラッタ趣味はあえて避けた風にも取れるけど、やはり低予算の壁も厚かったんだと思います。
そのものズバリの描写は皆無に等しいけど、そこにいたるまでの緊迫感は上手く出ていました。
来週2のワンコイン上映なのでこちらも時間が取れたら行こうと思います。

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて。

ソウ
SAW
2004年 アメリカ
監督:ジェームズ・ワン
出演:ケリー・エルウェス、リー・ワネル、ダニー・グローヴァー、モニカ・ポッター
[PR]
by bi_ka | 2007-11-07 22:14 | 映画(感想) 
<< カフェモッカ@おおたかの森 お好み焼き本舗@柏・若柴店 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧