ゴロゴロしあたー
キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃
近所のレンタル屋さんのパニック映画コーナーを片っ端からやっつけてる最中。
たまたま取ったこの映画には、なんと懐かしい人が出ていました。
C・トーマス・ハウエル。
アウトサイダーとかヒッチャーとか、80年代にけっこうアイドルっぽい存在だった彼も、当然ながらおっさんになってました。

ためしに彼の出演作を調べてみたら見事なまでにB級俳優になってた。
なんか悲しいようなどうでもいいような微妙な気持ちに・・・。
とにかく生活のためなのか、やっつけ仕事っぽい雰囲気をかもし出しつつも、やはり一時は売れっ子だったこともあって、しょせん周囲のザコB級俳優とは一線を画す存在感。
単なるチンピラ清掃員役でもどことなく頼もしい感じが出てるのも嬉しい限り。

B級パニック大好きの私としては及第点どころかけっこう満足のいく出来。
巨大蟻のちゃちぃCGも微笑ましいし、チャチな人形蟻相手に死闘を繰り広げるB級俳優を眺めるのも楽しい。
何よりも個性的な登場人物が低予算のわりにたくさん出てるところがいいじゃないですか。
特に雑誌社のやり手ババアと特殊部隊のボスは強烈すぎ。こういうクレイジーキャラ大好き。
展開的にはさほど意味のない性格付けだったりするところがまた良し。

オサレ雑誌の目玉となる人物を誰にするかって会話で、ブラッド・ピットだと物足りないしジョニー・デップだと行き過ぎってところに時代を感じさせてくれていいですな。
何十年も経ってこれを観た時にちょっとした楽しみになりそう。
って、何十年後にこの映画を観る人がどれだけいるか知りませんがね。

ネタバレになっちゃいますが、巨大蟻をやっつける手段が超強力バルサンってところが最高にツボ。
ビルに閉じ込められて逃げ遅れた人たちが焦るけど、カウントダウンしようが別に大爆発するわけじゃないっていうチープさがなんともはや。
大佐がアリと記念撮影しつついい気になってるところなんて、人喰いアメーバを彷彿させます。しかもいつバクッ!と襲われるのかと結構ドキドキしました。

キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃
GLASS TRAP
2004年 アメリカ
監督:フレッド・オーレン・レイ
出演:C・トーマス・ハウエル、ステラ・スティーヴンス
[PR]
by bi_ka | 2007-07-04 21:38 | 映画(感想) 
<< プレステージ キャプテン・ウルフ >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧