ゴロゴロしあたー
キャプテン・ウルフ
肉体派ヴィン・ディーゼルが血迷ったのか大人の事情なのか、ドタバタコメディ、ベビーシッター系ディズニー映画に出てしまいました!
劇場で観るほどでもなさそうと思って当時はスルーしたけど、オープニングのアクションシーンはまぁまぁの迫力。

海上でのジェットスキーアクションとかはぜったいにスキンヘッドの別人がやってるやろう!って感じの不自然さだったけど、その辺のぬるさがまたいいっていうの?
そういうスタントアクションは別にしても、体当たり格闘系アクションはそこそこ見せ場もあるので、コメディ度100パーセントというわけでもなく従来のヴィンファンもちょっとだけ救われ感。

しかもやや強引な持って行き方でシャワーシーンという名のサービスカットも(笑)
シュワちゃんとかもそうだけど、こういう筋肉美を武器にしてる俳優さんって見せたがりが多いのかなぁ?それかその筋のファンの熱い要望にこたえてくれてる?まぁ両方ってところかな?

お話自体はなんてことないありきたりなもので、想像を超える部分もなく超安定。
軍しか知らないカタブツがガキんちょ軍団に振り回されつつ、勧善懲悪的な展開になっていくだけ。
型通りのネタ満載だけどそこそこ笑えて、私はけっこう楽しめました。たまにはこういうのもいいかな程度に。
ただヴィン・ディーゼルの演技はどうなんでしょー。もともと演技が上手いのかどうかよく知らないけど、この映画の演技は常に違和感があったな~。
そもそも違和感ありきの映画なのでこれでいいのかしらと自分を納得させてみたり。

共演のお子様たちは可愛さも演技も超無難。ペットのカモが一番可愛かった。
レンタルDVDだったけどちょっとしたオマケ映像が入っていて、ヴィンがカモから耳をかじられるシーンで、ビクビクしながら待機してるところ超笑った(笑)

今後の彼はどこに向かうのでしょう。
筋肉B級アクション俳優としてカルト街道を突っ走って欲しいけど、こういう作品に出るってことは一般受け狙い?
ドルフ・ラングレンやらヴァン・ダムを見習っておくれよ~。

キャプテン・ウルフ
THE PACIFIER
2005年 アメリカ
監督:アダム・シャンクマン
出演:ヴィン・ディーゼル、ブラッド・ギャレット
[PR]
by bi_ka | 2007-06-30 18:37 | 映画(感想) 
<< キラー・アンツ 巨大殺人蟻の襲撃 300(スリーハンドレッド) >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧