ゴロゴロしあたー
ナイトミュージアム
b0047061_2124253.jpg遅ればせながらやっと観た!
予告編流しまくってて、それだけでお腹いっぱいになりそうだった。
予告流し始めの頃はどんな映画か判別しきれなくて、気になってた。
作品的にはファンタジーとかパニック系?でも主演ベン・スティラーってことは、ライトコメディ?みたいな。

結局子供向けライトコメディ路線でした。
子供向けのわりに大人も純粋に楽しめる前向きないい映画やと思ったけど、なんか物足りなかった(^^;
何も考えずところどころ笑えてハー面白かった!そして思い出すほどの内容は特にない・・・。
なんつーか、毒気がまったくなくて、良い子ちゃんは面白みに欠けるよね、みたいな世界。
こういう映画に何を期待してんねん!って自分にツッコミ。

ベン・スティラーは顔が気持ち悪くて好きじゃないっての以外は、どのキャラも可愛らしい造形で好感持ちました。
私としては主役よりむしろロビン・ウィリアムスの安定した存在感と、オーウェン・ウィルソンの胡散臭さが良かったなぁ。
ミッキー・ルーニーも歳の割りに大ハッスル状態で、毒気の足りない本編の中では一番異色に感じた。

CG映像が思いのほかダメっぽくて、わざとチープにしてるフシも感じられて、せっかく大画面での鑑賞を楽しみにしてたので、少々ガッカリさせられました。
ストーリー展開も、もっと冒険心をくすぐって欲しいっていうか、もっともっと面白くなったはずっていう頭が先にあって、なんかもったいない。
そうするとベン・スティラー主演の意味がなくなってくるのかな。

一番笑えたのはタイヤの空気シーン。あのマンガ的な対比が気持ちいいほどにヒット!
今思い出しても笑える(笑)
エジプトのファラオのエピソードも良かった。
異なる2つのイメージを対比させる演出は素晴らしかった。

私自身声に出して笑ったのはタイヤシーンだけだったけど、周囲のお客さんにいたっては誰も笑ってなかった。ガマンしてたのかもしれないけど。
公開からかなり経過してて人数も少なかったってのもあるかな。
コメディとホラーは大人数で観るに限りますな。

TOHOシネマズ流山おおたかの森にて。

ナイトミュージアム
NIGHT AT THE MUSEUM
2006年 アメリカ
監督:ショーン・レヴィ
出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムス、カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、オーウェン・ウィルソン
[PR]
by bi_ka | 2007-04-14 21:25 | 映画(感想) 
<< 流山おおたかの森SC探訪 オール・ザ・キングスメン >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧