ゴロゴロしあたー
チャップリンの殺人狂時代
b0047061_2237353.jpg喜劇王チャップリンの長編作品の中ではかなり笑いが少なく、文学的な香り。
久しぶりに観て、オーソン・ウェルズ原案であることを初めて知りました!
どこまでウェルズ案でどのあたりからチャップリンの思想が込められてるのかっていうのが気になるところ。

職業としての殺人を、時にはドタバタを交えつつ描いており、紳士的なふるまいのチャップリンの裏側に空恐ろしいものを感じます。
30年間真面目に勤めてきた銀行員が、殺人に転職してもやはり淡々とスマートに仕事をこなす。
あちこち何人もの有閑マダムを相手にスケジュールは常にビッシリ。
マメマメしさが笑えると同時に、現代の働きすぎサラリーマンとちょっと重なる部分もあり、あくまでもビジネスとして殺人を繰り返しているチャップリンというキャラクターを受け入れやすい。

毒薬の実験台探しの時にたまたま出会う女性とのエピソードは深い。
ちょっとした小ネタでクスリと笑える部分とジワーと心に何かが芽生えてくる部分が絶妙に混ざっていて、有名なラストのセリフと同じくらいにこの映画で重要な位置を占めてると思う。

ラストの「一人殺せば殺人で何百万人も殺すと英雄」っていうセリフ。
裁判でしれっとこともなげに語るチャップリンが圧倒的。
その彼が断頭台に向かう後姿には、物凄く色んなメッセージがこめられてると思います。
その全てを理解したい、受け取りたいと思うけど、なかなか難しい・・・(^^;

北千住シネマブルースタジオにて。

チャップリンの殺人狂時代
MONSIEUR VERDOUX
1947年 アメリカ
監督:チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン、マーシャ・レイ、マリリン・ナッシュ
[PR]
by bi_ka | 2007-03-14 22:37 | 映画(感想) 
<< チャップリンのゴルフ狂時代(の... 夢庵 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧