ゴロゴロしあたー
ヒトラー~最後の12日間~
劇場で観たかったのに、口コミでどんどん拡大公開されるも、うちの近所には来てくれなかった・・・。
ナチス映画にハズレなしって感じ。
面白いというと語弊があるけど、見ごたえありました。

邦題から何となく、ヒトラーと秘書個人にスポットを当てて細かく描いてるのかと思ったけど、それだけじゃなく側近たちを含めたナチスの最後の崩壊も描いてて、ちょっと物足りない感じもした。
せっかくブルーノ・ガンツがいい味を出してたので、ヒトラーをもっともっと深くえぐって欲しかったなぁ。
地下シェルター以外の外の出来事や大虐殺など、周知の事実ということを前提にまるで描かれてなかったけど、側近達のエピソードとかも同様に有名ではあるから、もうちょっと削ってヒトラーに時間を割いて欲しかった。

ブルーノ以外の役者さんではフェーゲライン役のトーマス・クレッチマンを最近よく見かける。
ドイツ人らしいいい顔してると思う。
それ以外の役者さんは知らん人ばっかりだった。

ヒトラーが自殺した直後の演出が良かったな。
直接映さず、部下たちの「ついに終わった」っていう複雑な思いがよく伝わってきた。
ヒトラーと側近たちのセリフや行動を見ていると、よくドイツ自身でこんな客観的に作れたなぁって思う。
そしてよくぞ復興したなぁとも。
同盟国であった日本は、今後こんな映画を製作できる日がくるのかな。

映画製作は無理でも今すぐできそうな教訓は含まれてた。
企業のトップに対して、都合の悪いことでもきちんと報告できる体制作りが大事。

ヒトラー ~最後の12日間~
DER UNTERGANG
2004年 ドイツ・イタリア
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ラーラ、ユリアーネ・ケーラー、トーマス・クレッチマン
[PR]
by bi_ka | 2007-02-25 22:17 | 映画(感想) 
<< 花咲ける騎士道(1952) ショーン・オブ・ザ・デッド >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧