ゴロゴロしあたー
予言
もういいよこの手のジャパニーズホラー。
だったら借りてくるなって話やけど、私はあくまでも便乗鑑賞。映画と名のつくものが手元にあれば観ずにはいられない。

それにしてもタイトルからはおよそ想像してなかった内容。
タイトルに騙された。完全に。
そもそも最初に三上博史やと気付かへんまま、公衆電話ボックスで妙な新聞の切れ端を見た時ん~?と。
・・恐怖新聞みたいやな・・・

そのまましばらく淡々と観てて、どう考えても恐怖新聞?
でもちょっと設定とか違ってるっぽい。
恐怖新聞って小さい頃にパラパラ~と何回か軽く読んだだけやけど、鬼形礼っていう名前でピンときた。やっぱり恐怖新聞やん!
今時っぽいタイトルつけてずるいー!

あちこちツッコミたいポイントはいっぱいあったけど、何よりも全く恐怖演出がなかったのに驚いた。
ジャパニーズホラーっていうジャンルから外れた映画なんかな?
ただの不思議系映画が撮りたかっただけ?
鬼形礼の家のロケはちょっと良かった。ここもツッコミポイントてんこ盛りだったけど、静かな不気味さはかすかに漂ってた。良かったのここくらいかなぁ。

あとは三上がイキイキと演じてるところが見所?
いつの間にこんなキワモノ俳優になってたんやろ。
驚きの形相がもう笑えて仕方ない。つのだじろうと言うよりはむしろ楳図かずお漫画。

それにしても恐怖新聞の時代はもうセピア色の彼方の出来事。
どうせタイトルをおしゃれっぽくするなら、今の時代、もうちょっと電波系のアイテムにした方が良かったんじゃない?でもそうすると類似映画がもうあったっけ(笑)それか時代設定を過去にすれば良かったのにな~。

あと三上よ、現代文の教師なら漢字(欠席の席っていう字)の書き方っていうか筆順間違えたらあかんで。スタッフの誰も指摘せんかったんけ?

予言
2004年 日本
監督:鶴田法男
出演:三上博史、酒井法子
[PR]
by bi_ka | 2007-01-21 18:38 | 映画(感想) 
<< 不法侵入にゃ アローン・イン・ザ・ダーク >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧