ゴロゴロしあたー
輪廻
まわるまわるまわるーーーーー。
この変なテーマソングが頭の中を回って止まりません。
劇場で予告編を観てる時も回りまくったけど、レンタルで観た後布団に入ってからも回りまくって正直ウンザリ。

主人公の優香、あんまり好きじゃないんですが、けっこういい演技してた感じ。
普段よりブサイクじゃなくそこそこ可愛かったし。
某エステのCMに出てる優香のサイアクさ加減に比べたら神レベルだった。
タレントでここまで演技ができたらたいしたもんでしょう。

展開については途中で早々と読めてしまった。予告編の映像バレも今思えばひどかったと思う。
拘束具にくるまって放心した優香の映像とかダメでしょう、見せたら。
あの映像のおかげで途中展開からラストにいたるまで軽く予想できてしまう。

映像は凝ってますよ感がバリバリ出てて、雰囲気で押せ押せ状態。
相変わらず日本家屋の不気味さを上手く取り入れてあると思う。ふすまアイテムは絶対に外せませんね。やや翳りつつある日光がふすまに斜めに射す映像なんて、昭和っぽいというか、ホコリの匂いまで感じ取れそうなほど。
他にも光の使い方には気を使ってるなと思ったけど、ど素人の私が気付くほどあからさまでハナにつく箇所もなくはなかった(-_-;

閉鎖したホテルの通路にチラリと見え隠れする人影の映像なんかは、ちょっとシャイニングっぽい。
こういうチラリズムは凄く良いと思うんですが・・・やりすぎ演出が多すぎて萎えてしまう。
チャイルドプレイも真っ青のチャッキーもどき人形もやりすぎ。終盤チャッキーを通り越してゴーストバスターズのマシュマロマンかと思ったよ。
死んでしまう人々も劇画調っていうんですか。芝居がかりすぎでちょっと苦笑い。わざと芝居がかった演技にしてるのかもしれないけど、その効果よりも違和感の方が大きい。
せっかく優香が恐怖演技で頑張ってもこんな演出じゃあな~。まわるまわるからまわりー♪みたいな。

オチが読めてからは、本筋を観ながらも頭の中ではそれまでの伏線に思いを馳せたりなんか。上手く張ってあってなるほどなーと思いながらまったり観る余裕のあるのんびり展開。
ミスリードを狙ってる鼻息が荒すぎる箇所もけっこうあって微笑ましい。

個人的に、8mm映像を見るあるおやじがあまりにも落ち着いているのが一番気味が悪かったな。

輪廻
2005年 日本
監督:清水崇
出演:優香、椎名桔平、香里奈、杉本哲太
[PR]
by bi_ka | 2007-01-08 17:20 | 映画(感想) 
<< ナイト・オブ・ザ・スカイ チロル入れ >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧