ゴロゴロしあたー
炎のメモリアル
劇場で観たかった映画。けっこう上映期間が短かったような。
自宅でDVDで観てやっぱり劇場で観たかったな~と思った。
大爆発の音響が凄くよくできてる。劇場で観たら自分が炎に囲まれたような気分になれたかも。
消防署で突然鳴り響く火災発生のベル音も緊張感が高まってよかったし。

消防士という仕事ぶりがとても真面目に描かれている上、かなりの時間を割いてあるのがちょっと意外っていうか、予想してなかった。
荒筋を全く知らなかったというのもあるけど。
自らの命を省みず他人の命を救うというのは、私にはぜったいにできない。消防士にだって大切な家族がいる。悲しむ人たちがいるというのに、なぜそこまでして?という疑問にホアキン・フェニックス扮する主人公は一つの答えを出しています。
この回答には理由はいらないという説得力をもって。

全体的にパッとしない印象もありますが、よくできた脚本だと思いました。
導入部分のエピソードを上手く使ってるなぁと観ながら感心。
緊迫の消防活動と温かい家庭シーンが交互に描かれておりメリハリがあるし、心理描写がわかりやすくて親切。

ちょっと予想を裏切るラストだったので「へぇ~ハリウッド映画まるだしってわけでもないんや・・・」と思ったのも束の間、その後リーダーが民衆の前で熱く語り始めたので、苦笑い。
ただし、いつものハリウッド映画のようなアメリカの大統領や軍隊幹部ではなく、消防士だったので、げんなり度は低め。
政治色がほとんどないというのもあるけど、やっぱり身近に感じるからというのがその理由かな。

とりあえずこういうシーンを見ると、「タワーリングインフェルノ」のオハラハン隊長(スティーブ・マックィーン!)のセリフが私の中でずっしりと重みを増して降りてきます。
「まったく建築家というやつは・・(略)確実に消火できるのは3階までだ。」
炎のプロである彼らはわかっていながら、人命救助のために明らかに危険な建物内に入っていくんですよね。その勇気に物凄く心打たれます。
炎のメモリアルでもその辺の精神がきちんと描かれていたと思います。

炎のメモリアル
LADDER 49
2004年 アメリカ
監督:ジェイ・ラッセル
出演:ホアキン・フェニックス、ジョン・トラボルタ、ジャシンダ・バレット、ロバート・パトリック
[PR]
by bi_ka | 2006-12-20 23:33 | 映画(感想) 
<< 狩人と犬,最後の旅 ハッピーフィートぐみ >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧