ゴロゴロしあたー
シェルブールの雨傘
b0047061_22472190.jpgこの作品、3度目にして初めての劇場鑑賞となりました。
初めて観た時も微妙に笑ったけど、やっぱり今回もところどころでニヤニヤしてしまった。
ミュージカル映画とはちょっと違う独特の雰囲気が妙~な空気を醸し出しまくり。

ささいな日常会話にいたるまで全てのセリフを歌で発してるので、くだらないことこの上ないっていう。
でも登場人物たちは真剣そのものなので、こちらもちょっと襟を正して観ようという気持ちになれるんですね。
残念ながら見事な歌いっぷりは全て吹替えらしいので、俳優さんの口パクにやや不自然なところがあり、ちょっと気の毒。

ストーリーは韓流ドラマとどこが違うの?ってほどメロドラマの域を出てないけど、この映画の魅力はそこではなく映像の美しさにつきると思う。
韓流ドラマのことは全然知らんけど。
主演のドヌーヴの美しさはもちろんのこと、セット、ロケ、背景どこを取っても絵になる素晴らしさ。室内の家具や小物の色使い一つ取っても非常にポップかつセンス良く、この映画がおとぎ話であることを納得させられます。

ドヌーヴ母娘の営む傘屋の内装がまず素晴らしい。当時のフランスの一般的な傘屋さんって実際はどうだったのかは知らないけど、こてこて日本人である私にとっては「フランスなんだからこうでなくっちゃ!」と思ってしまいます。
そしてショーウィンドウの使い方がいいんです。店内でドラマが展開されている最中、窓の外にもちょっとしたドラマを感じさせてくれます。
逆にお店の外を通り過ぎる時の店内の様子も巧みで、窓の向こうにいるドヌーヴが可憐そのもの。

季節感も描かれていて、こういう感覚って日本人としてはとても共感しやすい部分なんですよね。
フランス製作のドラマ作品に面白いものが多いのはそういう理由が含まれてるように思います。情緒があるんですね。

個人的にこの映画に出てくる、男性に頼りっぱなし、男がいないと生きて行けないタイプの女性は大嫌いですが、ドヌーヴだったら許せる・・・(^^ゞ

北千住シネマブルースタジオにて

シェルブールの雨傘
LES PARAPLUIES DE CHERBOURG
1963年 フランス
監督:ジャック・ドゥミ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ、マルク・ミシェル、エレン・ファルナー
[PR]
by bi_ka | 2006-12-12 22:51 | 映画(感想) 
<< ありがとう 地獄の変異グッズ >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧