ゴロゴロしあたー
昼顔
b0047061_14342155.jpg北千住の名画座ブルースタジオは現在カトリーヌ・ドヌーブ特集。
メロドラマ系の映画はあんまり観ないんですが、おフランスものは例外的にけっこう面白く感じたりします。
フランスの日常を描いているにも関わらず全てが別世界の出来事のように感じるからだと思う。
そしてドヌーヴが出てるとなればあの可憐なお顔を堪能する為だけにスクリーンで観る価値大有りでしょう!

この一週間、突然のアクシデントで仕事が入りまくり、心の中で決めてた映画鑑賞スケジュールが全てダメになり超ガッカリ。しかもドヌーブちゃんの上映が終わってしまう・・・ということで強行突破の1日2本のハシゴ。この後テキサスチェーンソービギニングに行って来ますた。
ちなみにドヌーブは3人、チェーンソー4人という、土曜とは思えない集客でした。もちろん私を含めた人数・・・。

この昼顔は初鑑賞。大体のストーリーは知ってたけど、こりゃ~一回観ただけじゃよくわからんね。
医者の妻ドヌーヴの妄想と現実の境い目がまるでごっちゃになっていて、吸い込まれるように観入りました。万華鏡のような印象を受けたかな。
テーマっていうかドヌーヴの行動や考え方は理解できなくはないけど、さくーっと観ただけでは深い部分まで考えをめぐらせることができなかった。
これは監督の意図を汲み取る作業をすると面白い映画なんやろうな。細かい演出とか凝ってるし。観終わった後もう一回最初から見直したくなりました。

医者の夫に隠れて昼間のみ体を売るという役柄なので、あくまでも上品で清楚。これがもう輝くほどの美しさ。他の仲間の女性もそれなりに美人だったけど格の違いがありありと。そして見た目は女神のように人間離れした神々しさなんだけど、生き方は非常に人間臭いというか生々しい。
彼女の心の葛藤が夢・妄想として表現されてるんだと思うけど、けっこう痛々しい。妄想に逃げるしかなかった苦しみとか、ある日を境に夢を見なくなったこととか、物凄い孤独を感じる。
蛇足ですが、可憐で美しいドヌーブの痛々しい姿を見る楽しみ方もあるかな(笑)
もっともっと退屈な映画かと思ってたけど、映像の美しさも含め想像以上に良い映画でした。

北千住シネマブルースタジオにて

昼顔
BELLE DE JOUR
1967年 フランス
監督:ルイス・ブニュエル
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン・ソレル、ジュヌヴィエーヴ・パージュ、ピエール・クレマンティ
[PR]
by bi_ka | 2006-11-26 15:04 | 映画(感想) 
<< テキサス・チェーンソー ビギニング テキサス・チェーンソー >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧