ゴロゴロしあたー
美女と野獣(1991年)
b0047061_1971062.jpgディズニーアニメの中で一番好き。
DVDも出た途端速攻買いですよ。スペシャルリミテッドエディション。
おまけ映像とか追加されたミュージカルシーンとかプチゲームとか色々入ってるけど、ついつい本編を繰り返し観てしまうんですね。それくらい好き~。

ヒロインのベルが可愛らしいのと王子様であるビーストが獣であるというのがやっぱり好きな理由ですが、ベルのキャラ設定、性格が今風っていうか自立した賢い女性であるというところに凄く惹かれます。
ディズニーアニメに限らず昔の女性像ってかなり保守的で王子様に守ってもらうだけ、自分では何も努力してなくてあっさり幸せになるっていうパターンが多い。
それはそれでいいと思うんだけど、やっぱり自ら切り開いている人の方がいきいきしているわけで、憧れであったり好感度であったりというのが格段に違ってきます。
ひたすらゴロンと横になってチューを待ってるだけでは今の時代誰も迎えに来ないっすよ(笑)

衣装も素敵。ディズニープリンセスの1人として数えられるベルですが、プリンセス軍団の中で一番センスいい衣装っていうか好み。けっこう胸元ががばっと開いてたりするんですが、黄色の印象もあってかそれほどいやらしい感じもなく、ビーストの青い衣装とバッチリ合ってます。すっごい洗練されたカップルっていうか。
まぁビーストが人間に戻ってからはちょっとガッカリしてしまったりするけど、きっとそれは衣装のせいではなく王子様の顔のせい(´・ω・`)

ミュージカルシーンもふんだんにあってアニメなのにカメラ目線ばしばし送ってきてあまりにも不自然で笑えます。ミュージカルのヘンテコな部分をわざと取り入れてる感じ。
当時、劇団四季の美女と野獣も観に行ったんですが、実際に舞台を観てなるほどなと思うほどミュージカル的見せ場を意識した作画であることがわかります。
四季の公演では、酒場でのガストンを讃えるビールジョッキのミュージカルシーンが印象的かつ効果的でした。
セリーヌ・ディオンの歌うテーマソングが有名で名曲ですが、本編でポット夫人が歌う同曲の方がずっとずっと素敵だと思う。歌のテクニック云々ではないと思わせてくれます。

ガストンといえばめちゃめちゃカラッポでイヤ~なやつとして描かれてるけど、ベルを除く登場人物たちはみんな彼のことをハンサムガイだって言ってるんですよね~。これが凄まじい違和感で、そんなんベルじゃなくってもプロポーズ断るやろ!って思うんですが。特にガストンの舎弟は一体全体なんでそんなに虐げられていいように使われてるのにくっついてるの?って疑問だらけ。
マジでアメリカ人にとってはこういうのがモテるのか?と本気で誤解しそうですが、案外ブラックジョークなのかも。誰よりも太い首・腕、セクシーな胸毛、割れたアゴのラインとかあれこれ褒めちぎってるのは、アメリカの人々も実は気色悪いと常々思ってるゆえんでしょうか?
まぁビーストが人間になった姿も負けないくらいキモイんですけどね・・・。
リアル路線を盛り込むのはいいけど、ハリウッドスターとかの男前俳優さんたちを参考にするにしても、明らかに盛り込みどころを間違ってると思う(^^;

ディズニーには動物ものとかでお客さんを集めるのもいいけど、もっとクラシカルなアニメも作ってもらいたいな。王子様・お姫様・魔法使い・呪い、そしてめでたしめでたしっていうやつ。

美女と野獣
BEAUTY AND THE BEAST
1991年 アメリカ
監督:ゲイリー・トルースデール
[PR]
by bi_ka | 2006-11-04 19:09 | 映画(感想) 
<< 明日に向って撃て! 今日の都内は魔の週末なんか? >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧