ゴロゴロしあたー
博士の愛した数式
旅行前に観たのでけっこう記憶が薄れつつあるけど、この映画の博士のように記憶が80分しかもたないというわけではないので、なんとかたぐりよせつつ感想アップ。

全体的に淡々としてて派手さはないものの、優しさにあふれた作品だなぁと思いました。
多分俳優さん(寺尾と深津)がいい演技をしてる部分が大きいんでしょう。
あまりにも淡々としているのでたまーにちょっと集中力が途切れかけたけど、寺尾の飄々とした演技でなんとか持ちこたえました。

ルートの授業シーンはちょっと微妙だったかなー。
大人2人の演技に比べるとどうしても見劣りするというか、わざとらしすぎるというか、ステレオタイプすぎるでしょう、あれは。けっこう観ていてきつかった。
なんか不自然な空気が漂ってたように感じたし。

ほとんどが博士の自宅のシーンなので、ポスターでよく見かけていた桜のシーンとか、屋外の映像が妙に解放感があって心地良かった。ただし季節の移り変わりとか時間の流れがほとんど感じられず。これは博士のキャラ設定とか考えるとわざとそうしてるのかな?

深津はやたら爽やかでひたすらいい人だったけど、イヤミな感じがなくとても自然でした。
一つ突っ込むとしたら、あんたはもっと派手な職業につけるはずってことですか(笑)

博士の記憶についてはいつもいつも朝のシーンからのスタートという感じで、日中混乱する様子があまりなかったのがちょっと物足りないかな。80分しか覚えていられないんだから、けっこうあれこれ忘れ去ってて支障があるはずなのに、その辺物凄く触れていなかったし活かされてもいなかった。それなら80分じゃなくてもっと長いスパン、1日分の記憶しかもたない設定にでもしておけばいいのに。

あとどうでもいい細かいことかもしれないけど、博士が「数」という文字の筆順を間違っていたのが物凄く気になった。わざと?

博士の愛した数式
2005年 日本
監督:小泉堯史
出演:寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子
[PR]
by bi_ka | 2006-10-21 18:15 | 映画(感想) 
<< ブラック・ダリア コアラのいたずらキッチン >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧