ゴロゴロしあたー
ナイトウォッチ
公開当時、ロシア製の斬新な映像ダークファンタジーって感じで話題になってましたが。
大画面で観てないからかもしれませんが、思ってたよりB級・・・いやむしろC級品でした(^^;
やろうとしてる事は想像できるけど、なんかことごとくハズしちゃってる・・・全体的にそんな印象。

題材的にもここ5年ほどの間に乱獲されつくして何も残ってない状態のものばかり。
共産圏では今ブームが来てるのかと無粋なことを考えたくなるような出来なんですな。
個人的に感じたのは「アンダーワールド」の超劣化版。映像がB級なら役者も語り口も全てがB級。

結構好きなジャンルなので何とか観ましたが、もう本当にイライラしっぱなしだったんです。
とにかくわけがわからない。ストーリーは単純明快なんですが、その場その場の展開が不親切すぎてついて行けません。似たようなところでは「マトリックス」などがそうですが、演出は一級品だったので純粋にストーリー上の謎を楽しむことができたんですよね。
ところがこの映画では演出がダメすぎて何をやってるのか、何をしたいのかが見えない。
例えて言うなら超ドアップで格闘シーンを見せられてるような感じ。

そして人物を見分ける作業が大変だった映画も久しぶりに出会いました。多分キレがない演出のせい。それぞれの人物を印象づけるシーンがないままダラダラ行ってしまったからだと思います。
すんなり見分けがついたのは少年とフクロウ(笑)

背中から剣を出してくる映像は良かったなぁ。他にもエグいシーンが何気にふんだんにあったり、ドロリとした不潔な感じで統一されていたのは良かった。
あとはロシア人の演じるバンパイアはハマりすぎてて凄い。お似合いですなー。
いかにも続編がありそうっていうか作りたい色気を感じましたが、まぁムリでしょう。ロシア本国では受けるかもしれないけど。

ナイトウォッチ
NOCHNOY DOZOR
2004年 ロシア
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演: コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジーミル・メニショフ、マリア・ポロシナ
[PR]
by bi_ka | 2006-10-11 22:29 | 映画(感想) 
<< SPIRIT(スピリット) 大停電の夜に >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧