ゴロゴロしあたー
大停電の夜に
群像劇としてはまぁまぁよく出来てると思いました。
恋愛メインっていうのが好みじゃないのでやや長く感じたけど。
やっぱり群像劇っていうのは人生そのものがテーマとして筋が通ってないと弱い。観てる間は楽しめても後に残らないんですよね。

そして大人数のわりにそれぞれの関連性や見分けが容易についたのは、知ってる俳優が多くいたおかげと、老若男女わりとバラエティに富んでいたからでしょう。あとペアで登場してる人たちは覚えるのがラクで良いと思います。

クリスマスイブの夜に東京が大停電になり、その間に起こる数々のエピソードってことですが・・・。
なんだかこの設定が全くといっていいほどいかされていないのがもったいない。
みんな全然寒そうじゃないし、未曾有の大停電だというのにウソのように落ち着き払ってるし。原田知世とトヨエツの印象が突出してるような気がして、この2人の印象がそのまんま映画のイメージにつながってるのかなぁと。

全体的におとぎ話風の作りなのに、不倫が題材の大きなウエイトを占めているのがなんだかなーって感じ。どれだけ自分を振り返ってみたり相手を気遣ってみても、所詮やってることは不倫ですから・・・。エレベーターの中で井川がまさか自分が不倫をするなんて・・・ってセリフを言ってるけど、いやいやいかにも不倫しそうなタイプですよってツッコミ。おそらく彼女は今後もきっかけがあれば同じことを繰り返すでしょう。そんな感じの演技にしか見えなかったもん。

井川の演技はそんな感じですが、それ以外の俳優さんたちも白々しいセリフのオンパレードで見ていてきつかった。いかにも演じてるっていうか、あんまり本音として感じられないっていうか。おしゃれなおとぎ話を狙ってのセリフだったのかもしれないけど、あまりにも寒かったよ。景色は全く寒く感じられなかったのに。

一個だけいいなぁと思いながら聞き入ったのは宇津井と淡島千景の会話シーン。戦後も停電が多かったうんぬんという部分にだけぬくもりを感じたような気がした。
淡島は全体的に良い演技だったな。たたずまい・表情が私のハートにグッときました(笑)

そして、、、ブレンディコーヒーが飲みたくなった自分がちょっと悔しい。

大停電の夜に
2005年 日本
監督:源孝志
出演:豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、宇津井健、吉川晃司
[PR]
by bi_ka | 2006-10-11 22:25 | 映画(感想) 
<< ナイトウォッチ ケルベロス >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧