ゴロゴロしあたー
ケルベロス
タイトルとパッケージ写真を見て衝動レンタル系。
こういうB級ものって発見した時に速攻で借りておかないと観るチャンスがなくなるんですよ。
こういう作品の中には大当たりもあるので、できれば逃したくないチャンスなのだ!

本作については大当たりとは言わないまでも小当たりっていうか、失敗作ではないと個人的に感じました。
肝心のクリーチャーケルベロスの映像が超B級品なのでそれだけでクズ映画と決め付けてしまう人もいるかもしれません。今の時代確かにそれは間違いじゃないかも。
でもそれ以外のセットはなかなか頑張って作ってありますよ。
墓地の遺跡とかそこからつながる狭い洞窟とかなかなか雰囲気があってよろしい。

なんといっても凄いのは脚本。最初から最後まで徹底して超セオリー通り。
いわくつきの鎧発見、その研究の第一人者である博士が殺され、その弟子のヒロインがわけがわからないまま拉致され、そこに現れる謎の男性。なぜかちょっと小汚いがよく見ると正統派ハンサムのその男性と気の良さそうな手下たち。もちろん手下たちはヒロイン・ヒーローのために命を投げ出しますよ。対する悪役は鎧を盗んでスーパーパワーを手に入れやりたい放題。
何のひねりもありません(笑)
新鮮味がない変わりにとてもとても安定した展開で、案外楽しいんですよ、これが。やっぱり昔から使い古されてきた題材というのは本当に面白いものだということですよ。

ケルベロスの映像はいかにも合成って感じで、言ってしまえばハリーハウゼンの時代と大差ないです(笑)
なので人々が襲われるシーンは必ず遠方ショット。近くで見せる時は大暴れしててじっくり見せない工夫までしていて涙を誘います。
更にその心意気を買いたいのは、サービスショットてんこ盛りなところ。ケルベロスに喰われまくりシーン満載ですよ。まぁ丸呑みとか上から覆いかぶさってガブガブが多いので、ここでもまた工夫してるのね・・・と冷静な目で観てしまうのが悲しいところでもありますが。

あとは「うわやっちゃった!」って思ったのが、スプラッタ映画ではお約束の若者たちの夜のキャンプシーン。もちろんいちゃいちゃしてる時にグァー!とくるのも忘れちゃいません。こういうちょっとしたサービスの積み重ねがまた嬉しいじゃないですか。
ちなみにヒロインが早見優(若い頃)によく似ていていやみのない美人っぷりだったのもポイント。

ケルベロス
Cerberus
2005年 アメリカ
監督:ジョン・ターレスキー
出演:エマニュエル・ヴォージア、グレッグ・エヴィガン、セバスチャン・スペンス、ガレット・T・サトウ
[PR]
by bi_ka | 2006-10-10 22:21 | 映画(感想) 
<< 大停電の夜に ナショナル・トレジャー >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧