ゴロゴロしあたー
ドッジボール
ベン・スティラーのおバカコメディというのとジャケット写真を見て衝動レンタル。
ベン・スティラーが珍しく敵役な上に、見た目もちょっと普段と違って新鮮。普段の彼の容姿はどちらかというと爽やか好青年で、個人的にちょっと気持ち悪いものを感じてたんですが、今回はそれがかなり和らいでいて見やすかった。
あと肉体改造が凄いですねー。コメディ俳優としてのプロ根性を見た!

主演のヴィンス・ボーンはちょっと微妙だったような・・・。やる気のなさはよく出てたけど、最後の最後まで憮然とした表情のまんまで爽快感がちょっと少なめ。一言で言うと面白みのない人のまんまでした。
ベン・スティラーが強烈すぎたのかな(^^;

ダメダメな下流の人たちがドッジボール大会で一攫千金を狙うというよくあるスポ根ものですが、スポーツに疎い私でもこれは大丈夫!と思ってました。
が、なんとルールが違いすぎ。ボールが同時にいっぱいあります!両メンバーが壁に手をついていて試合開始とともに中央にたくさんあるボールに向かって突進。激しい奪い合いの末ぶつけまくるという、何とも大味で暴力的でアメリカらしいスポーツになってました(笑)
しかも自分のボールで飛んできたボールをカットしたらセーフって、なんかずるいでしょう~。ひたすらちょこまかと逃げまくる緊迫感がなくなってましたね。ボールを持ってない時は逃げまくってたけど、この時はまさにドキドキものでしたけど。

スポ根ものに大切な試合展開がすんごーい適当だったのは驚きを通りこして力が抜けてしまいました。
ウソのように勝ち上がる主人公達。ウーン(^^;
ベン・スティラー側の方がよほど頑張ってたような気がします・・・。
他の敵グループが色んな国の特徴をとらえてて面白かったですけどね。

パッケージにチャック・ノリスの名前があったので、いつどこで出るの?と楽しみにしてたら、出ました。一瞬だけ(笑)
さすがチョイ役のわりに大切に扱われてるな~って感じ。すでにおっさんと言うよりはおじいさんに片足を突っ込んでてショックだったけど。

エンドロールの後にベン・スティラーのオンステージがあったけど、これはちょっと私にはくどすぎて面白くもなんともなかった(´・ω・`)
本編はわりと笑えて気軽に楽しめました。

ドッジボール
DODGEBALL: A TRUE UNDERDOG STORY
2004年 アメリカ
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ヴィンス・ヴォーン、ベン・スティラー、クリスティーン・テイラー
[PR]
by bi_ka | 2006-10-09 19:51 | 映画(感想) 
<< ナショナル・トレジャー 銀河ヒッチハイク・ガイド >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧