ゴロゴロしあたー
スリーピー・ホロウ
大阪に住んでた頃に梅田のナビオ阪急(当時)で観たんですが、終了間際に焦って夜勤明けのヘロヘロで駆け込んだのが忘れられません。
こういう状況は他にもないわけじゃないけど、何しろずーっと朝もやがかかったような映像だったのがその時の自分とみょうにマッチしててドップリはまりこんだんですよね。寝不足で意識が今にも遠のきそうで頭の中にモヤがかかってたのに映画でもそんな状態とは!!って感じ(笑)
がしかし、作品自体は物凄く面白くて超ツボだったので寝るどころではなく、おなか一杯堪能しました(^^)

手元にDVDコレクションの一つとして持ちたかったけど、いまどき5千円とかいうふざけきった価格設定、しかもおまけ映像もほぼ皆無ということで抗議の意味も含め購入せず我慢してました。
途中で一回値段が下がったけどそれでも4000円弱だったっけ?客をなめとんのかぁ!時代に乗り切れない殿様商売ぶり。こんなメーカーが販売元になってしまった作品たちは不幸としか言いようがない。
で、三度目の正直っていうんですか、7月にやっと廉価版と名乗っても許せる価格まできたので(2500円)買ってしまったー。悲願のDVD・・・(;ω;)

ここから具体的に感想を書いてますが、ネタバレを含んでますので未見の方はやめといた方が作品を楽しめると思います。

確か公開当時は出演者クレジットにクリストファー・ウォーケンの名がなく、シークレットゲスト扱いだったと思うんですが、鑑賞中突然登場した時は超感激!相変わらずキワモノ役ですが、まぁ本作では「いつもいつも作品も役柄も選ばない人だなぁー」とは思わず。出番はそんなに多くはなかったけれど、とっても印象深く重要な役どころ。ヘンな髪型は健在で嬉しかった(笑)

そして主役のジョニー・デップは、病的な役柄を任せたらハマリすぎるところは相変わらずで印象的でした。
が、ヒロインのクリスティーナ・リッチの凄まじい魅力オーラの方が勝っていたように感じました。彼女が出ている時はもうただただその魅力に引き込まれて見つめてるだけ。「バッファロー'66」のリッチも素敵でした。
そしてほぼチョイ役になってしまうけどNY市長としてクリストファー・リーが出演。今でこそ見事に復活したおじいさんですが、この作品に登場するまではけっこう埋もれてしまってたんですよね。往年の怪奇映画の名優っていう過去の遺物になってました。バートン監督としては彼を使えて本望でしょう。
往年の怪奇映画といえば、終盤で登場する風車。これはバートンらしいシンボリックなものですが、そもそもの話でいえば「フランケンシュタイン」にさかのぼるんですよね。

ストーリーはまぁ民話からきているということでオーソドックスな感じはするけど、バートンらしい映像センスと語り口でストーリー自体はほぼどうでもいいと感じてしまう(笑)
バッサバッサと飛びまくる首、女子供でも容赦しない、小道具たちがやたら悪趣味、ある意味好奇心いっぱいの子供がそのまま大人になったような監督の姿が垣間見えます。
首切りシーンもよくできてます。一瞬で焼ききってるという説明通りの演出にくわえ、シャキーン☆という剣の効果音のゾクゾク感がたまりません。
首なし騎士ホースマンのカッコ良さを前面に押し出してるのがよくわかります。本当は悪なんだけどカッコいい。ヒーローものの悪役がカッコいいのと同じ理屈でしょう。愛馬デアデビルを駆る姿や剣と鎌を両手に持つ二刀流など、監督に相当愛されちゃってますな。

そして映像美の中でも究極に美しいと感じたのが騎士の眠る大木。造形はもちろんのこと、ロケーションもいいし、血がにじみでるシーンも、騎士が穴から愛馬とともに発進するところも凄く素敵です。ラストのオチも個人的に大満足で、この上なく気分爽快な上に穴に戻って行く時の血のグッチョリ感に感動すら覚えてしまいます。
その後のデップたちのシーンがあるけど、私としてはこの木のシーンが本当のエンディングだと思ってます。

血といえばデップの母親のシーンはどれも幻想的で不気味な空気が醸し出されていて居心地悪さ抜群でした。それなのに(それゆえかな?)不思議と惹き付けられるシーンでもありました。
この母は確か監督の当時の奥さん?彼女だったと思うんですが、拷問シーン撮影対象にするなんて相当の変態?(笑)関係ないけどこの時の拷問器具はアイアンメイデンと言われる人型の鉄製カプセル。中に無数の針が仕込まれていて、中に人を入れて蓋をすると同時に体中に穴が貫通する仕組みなんですよね。どうも即死ではなく死なない程度に針をつきさすよう調節できるらしいので、おそらく今回の母はそのように調節されてジワジワ殺されたんでしょう。
更に関係ないけど、この世でもっとも過酷な拷問と言われてるのは、高い位置から額の一点に長時間ゆっくりゆっくり水滴を落とされるというものらしいです。名前は忘れたけど、最初はなんてことないのに、次第にただの水滴が物凄い威力を発揮し、額にあたるたびに頭全体に激しい頭痛が走るんだとか。ほんとに関係ないネタでした。

この映画よくゴシックホラーとか言われてるけど、私としてはバートン色のおとぎ話・ファンタジー映画だと思います。しかも遊び心のちりばめられた軽いタッチの。どう見てもホラーではないよ、うむ。

スリーピー・ホロウ
SLEEPY HOLLOW
1999年 アメリカ
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、クリストファー・ウォーケン、クリスティーナ・リッチ、ミランダ・リチャードソン、クリストファー・リー
[PR]
by bi_ka | 2006-08-16 01:11 | 映画(感想) 
<< 失意の銀ブラ でかでかプリン メロン味 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧