ゴロゴロしあたー
ヤングガン
めちゃくちゃ格好良い青春&西部劇。昔から大好きな映画です。チャーリー・シーンも出てるし。地味に待ち続けてたDVDの廉価版がやっと登場したのでゲット。DVD価格破壊が起きてしまってる今となっちゃまるで廉価とは言いがたい価格ですけどね。
お気に入り作品の販売元がどこになるかって映画ファンにとってはかなり切実。いつまで経ってもDVD化すらしてくれないなんて悲劇もあり得ますから・・・。

うーん何度観てもカッコエー!主要人物たちが横並びでポーズを決めるシーンにまずシビれます。DVDのメニュー画面がこの映像で、登場人物一人一人が順番にプチ紹介される仕様になっています。ここで流れるテーマソングも爽やかでいいです。名曲。

まずこの映画で語られることと言ったらやっぱり豪華なキャスト陣ですよね。当時の若手人気スターがこれでもかってくらいに取り揃えられております。
主演のビリー・ザ・キッドにエミリオ・エステベス。これがまた当たり役で。決して強そうには見えない小柄な体格なんだけど、反逆の精神が宿るギラついた瞳。どうしようもない人殺しのチンピラなんだけど、どこか憎めない人を惹き付ける魅力をよく表現しています。
インタビューで「拳銃と乗馬の訓練にかなりの時間を費やした」と言っているだけあって、早撃ちスタイルが超絶かっこええのです。両手に持ってクルクル回したりといった特技も披露してくれてます。左手の方が若干遅れ気味なところはわざとかなぁ?だとしたら芸が細かい。

そしてこの映画で初の兄弟共演となったエミリオの弟チャーリー・シーン。私の大好きな俳優さんですが、当時の人気ぶりがあらためて思い出されました(笑)まさか10数年後あんな風になろうとは当時誰も思わなかったでしょう。だって、この映画でのチャーリーは荒くれグループを束ねるリーダー的役割でみんなからの信頼も厚くかなり理性の働く兄ちゃんって役なんですから。尊敬する牧場主(テレンス・スタンプ)のお葬式で祈りの言葉を読む大役までもらってますから!そういえば「三銃士」でのチャーリーも似たような位置づけのキャラだったっけ。

このエミリオ&チャーリー兄弟は映画の中ではチンピラグループの仲間ですが、ヤンチャでかなりイっちゃってるエミリオに手を焼くチャーリーという関係が興味深いです。まるで逆やん・・・みたいな(笑)時々激しく衝突しあい火花を散らす2人の演技も見ごたえばっちり。

他にはキーファー・サザーランドやルー・ダイヤモンド・フィリップスといったアイドル的存在だった2人も出ています。この映画の中ではキーファーが一番の出世頭となってしまいましたね。「トゥエンティーフォー」ブレイクまでの彼もそこそこ売れてたけど、まだまだ父の存在が大きかったというか二世俳優っていうイメージの方が強かったですが。今では父を超えたといっても過言ではないかも?ちなみにDVD特典のインタビューでのキーファー、異常なほど覇気というか生気がないです(^^;も、もしやドラッグ・・・?ビックリしました。この後チャーリー・シーンとは「三銃士」で再度共演しています。チャーリー同様「三銃士」でもやっぱり似たような役でしたね。

若手メンバー残りの2人はほぼ無名に近い?全く知らない俳優さんだし、他の出演者が豪華すぎて気の毒ですが、それでも驚くほど味のある演技。他の俳優さんたちに決してひけを取っていません。製作段階でのキャラ作りが上手かったのもあるでしょう。繰り返し見返すと本当に全員平等に見せ場があってそれぞれみんな好きになれます。

そう、人をパンパン撃ち殺しまくってるのにあまりイヤな感じがしない・・・というと語弊がありますが、一種の爽快さを感じるのはキャラクターによるところが大きいのでしょう。
ビリー・ザ・キッドを単なるイカれたチンピラとして終わらせていないので、パンパン撃ちまくりにもある種のノスタルジーを感じるし、若さへの憧れのような感覚も覚えます。私がこの映画を初めて観た頃は彼らより若かったのでもうちょっと違ったカッコ良さを感じ取っていたんですけどね。不思議です。

若手スターを支えるベテラン勢もこれまた豪華。テレンス・スタンプとジャック・パランスの存在が好対照。他にも名うての賞金稼ぎのオヤジとか濃いキャラがゾロゾロと。西部劇ファンならニヤリとなる名前がズラズラ登場してますし。
ほぼ紅一点となる中国人女性の存在がやや気になりますが、全編汚らしい男臭さで充満しまくり。カウボーイハットやベスト、腰ベルトといったウエスタンルックの格好良さもかなりのものです。西部劇の面白さを久々に思い出させてくれました。
続編ヤングガン2も廉価版出してくれーーーー。吹替えもキボン。続編もかなり面白いっすよ!

ヤングガン
YOUNG GUNS
1988年 アメリカ
監督:クリストファー・ケイン
出演:エミリオ・エステベス、チャーリー・シーン、キーファー・サザーランド、ルー・ダイヤモンド・フィリップス、テレンス・スタンプ、ジャック・パランス
[PR]
by bi_ka | 2006-05-10 22:22 | 映画(感想) 
<< チロルチョコのパン トースト@Vフォー・ヴェンデッタ >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧