ゴロゴロしあたー
DOOM(ドゥーム)
b0047061_22545863.jpg金券ショップで前売り券をゲットしてワクワクしてた期待のB級アクション映画!最初からいきなり縮小気味の公開でなかなか観に行く時間がなく焦りまくり。いよいよシネパトスだけとなった時にはもうダメかもと諦めモードにもなったけど、頑張ってわざわざ休日に行ってきますた!
できるならシネパトスは遠慮したいと思ってたけどこの際しゃーないです。ここは職場から歩くのも電車に乗るのも微妙な場所にあるのでどうしても行きづらい劇場なんですよね。ここを避けたい理由は・・・まぁそれだけじゃないけど(^^;

わざわざお休みの日に職場近くまで出かけた甲斐があって、そりゃもう大・大・大満足(・∀・)
すっごい面白かったー。期待通り、いや期待を上回る出来。どこを取ってもやりすぎ感の漂う愛すべきB級映画です。最近ちょっと上品系ばっかり観てて満足度は低かったからな~ああスッキリした。

そもそもB級映画ファンである以前に根っからのゲーマーでもあるので、この元ネタのゲームももちろんやったことがあります。何の機種で遊んだんだっけなぁ・・・3DOだったかな?スーファミの次世代が登場してきたあたりから、いわゆる洋ゲーと言われる非常にシビアでコントローラーを破壊したくなるゲームがいっぱい移植され始めたんですよね。他の洋ゲーもいくつか遊んだけど、このドゥームはシビアとか暗いとかそういう理由ではなく、あの独特の自分視点がどうにも合わなくて最初の方ですぐにやめてしまった悲しい記憶があります。ちょっと操作するだけでオエーと吐き気が・・・。もともと3D系ゲームは酔いやすい体質だけど、ドゥームだけはおそらく当時ほとんどの人がダメだったのではと思われ。日本人は繊細やし~。おそるべし洋ゲー。

で、この映画を作った人たちもこのゲームが大好きなんだろうな~という思いがビシビシ伝わってきて、妙にツボを心得ているというのか、同じゲーマー魂を感じずにはいられませぬ。
オープニングの地球の「UNIVERSAL」ロゴが火星になってるところからいきなりテンションピキューン!そこからCGを駆使した「DOOM」のタイトルロゴが出現した時点でもうメロメロ。序盤のコトの始まりエピソードもめちゃくちゃいい。サスペンス、スピーディ、残虐、ありきたり風ドラマ・・・全てが凝縮されてて、すっかり鷲掴みにされちゃいました。

そして今回の主役だと思い込んでいたザ・ロックの後ろ姿が登場するんですが、これが意味も脈絡もなくハダカ。アニキ向けサービスとしか言いようがありませんが、しょっぱなからこのぬかりのない大サービスっぷりに期待が高まります。
ちなみに主役はロック率いる特殊部隊のメンバーの一人、ロードオブザリングのエオメル王子でした。確かにチラシとか見たらエオメルが一番にクレジットされてたけど・・・中盤あたりまで本当にロック主役だと思って疑ってなかったし。つーか、ロックは今回なかなか難しい役に挑んだなぁと思ったし、彼なりの新境地を開いたのではないかと思います。なのに・・・ラジー賞ノミネートって。スタローンみたいに協会から何かの烙印でも押されてしまってる人なのでしょうかね。

特殊部隊メンバーの描写がとても優れていて、B級とバカにしてる人侮ってはいけませんよフフフ、と思わせるほど。人数が多いにも関わらずきっちり個性が描き分けられているし、名前も覚えやすいし、それぞれの活躍シーンがかなりあります。というか個性的な死にっぷりと言うべきでしょうか。出陣の際、それぞれが好みの武器を手に取るシーンがあるんですが、あれいいですねー。ゲットした瞬間に武器がわざわざ「アンタのコードネームは○○だよ」って教えてくれるんです。しかもやたら大げさな武器ばかり。全員がバズーカ砲並の銃器を抱えて出動って・・・みたいな。とにかくツボです。だってねぇ、ゲームやってる時見た目重視・威力重視の武器選ぶに決まってるもんねぇ。大は小を兼ねるというより小でじゅうぶん済むんですけど、っていう状況でも無意味に大。

そういえば厳重に守られたケースの中に意味ありげに究極武器が収納されてるんですが、この武器を見つめるロックの目の凶悪なこと!銃社会バンザイ!うぉぉこれ使いてぇぜぇハァハァ・・・そんな感情がジュージュー音が聞こえそうなほど伝わってきます。そしてお約束通りそれはロックの手中におさまるんですが、超かっちょえー。なんやそれ!と突っ込みまくりの破壊力。原理がよくわかりませんがとりあえず弾補充型のようで撃ちまくりではなく制限があるらしい。って、どんな弾が入ってんのよ、あれ。発砲シーンを見る限りではロケット弾みたいな印象を受けたけど、カートリッジ型のようなシステムにも見えるし。

全般的に銃撃戦もそれなりですが、クライマックスの肉弾戦は物凄い見ごたえでした。唐突に肉弾戦が始まったので一瞬びっくり、その後すぐにニヤリ。やっぱりロックを起用するからには肉弾戦っすね。つうか、この格闘かなり速い!たまにワイヤー使ってる動きもあったけど普通に地面で殴り合ってる時の動きがシャープでパンチの速さに目を見張ってしまった。ロックの相手をつとめたアンタすごいよ、よく頑張った。あともう10分ぐらい見ていたかったなぁ。
とにかく終始ニヤニヤニヤニヤもう顔がゆるみっぱなし。電流デスマッチでは思わず声が漏れてしまいました(笑)場内5人程度なので我慢してたけどみんな笑ってなかった・・・。

それからこの映画を語る上でぜったい外せないのが、ゲーム画面を模した一人称視点映像。これがあるという噂は聞いていたので色々想像はしてたけど、うわよくまぁこれだけ冒険したなぁって思うほどの作りで嬉しかった。この一人称モード視点に切り替わってからはもはや映画ではなく大画面で他人のゲームプレイを見てる状態と何ら変わらんモードに。次から次へと目の前に現れるモンスターを殺戮していく醍醐味。飛沫となって飛び散るモンスター。おおお、いわゆるこれは無敵スーパープレイってヤツっすか!気に入ったっす~。

エンドロールなんてまるでゲーム画面そのもの。ポリゴン調の3D画面を進んで行くところに出演者達のクレジットが出現。それを敵に見立てて撃ちまくるという爽快さ。少ない観客が誰一人として席を立たなかった(笑)
この映画、過去の傑作SFやホラーなんかをあれこれ混ぜ合わせて作ったような雰囲気はあるけど、ゲーム視点映像だけは後にも先にもないオリジナルとなりそう。今後似たようなのが作られたらそれはそれで驚くし。
ちなみにエイリアン、バイオハザード、ゾンビ、スターゲイトといった作品が咄嗟に頭に浮かぶ作品です。

銀座シネパトスにて

DOOM ドゥーム
DOOM
2005年 アメリカ
監督:アンジェイ・バートコウィアク
出演:ザ・ロック、カール・アーバン、ロザムンド・パイク
[PR]
by bi_ka | 2006-04-26 23:02 | 映画(感想) 
<< DVD買いまくりさぁ SL広場グランドオープン >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧