ゴロゴロしあたー
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
クリストファー・ウォーケン出演作の中でもこれはなぜかイマイチ魅力を感じることができなかった一本。意を決してチャレンジ。おお、思ってたより出番多そうやね、ウォーケン。とニッコリ顔でしたが中盤からぱったり姿を消してしまいました。やっぱりな・・・。でも最近のウォーケンはヘンテコな役柄ばっかりだったから、こういう普通っぽいお父さん役は逆に新鮮。それでもさすがウォーケン、とうならされる一筋縄ではいかないちょっと変わったお父さん像でしたが。

オープニングの影絵のようなアニメが面白くて、追いつ追われつサスペンスフルでどこか007的な印象。実際の内容は軽いコメディって感じで追われるドキドキも追うイライラもさっぱりなかったけど。伝記映画ってことを頭の片隅に置きながら観ると、へぇーふぅーんほぉーって関心できたりなんかして興味深いところ多し。実際には小切手の偽造技術に優れた若者を普通に捜査して逮捕しただけなんでしょう。映画としてかなり味付けが施されてるのでなければかなりウソくさいエピソードも多いし。まぁ面白けりゃ何でもいいんですけど。

ウォーケンだけが目当てではあったけど、やっぱりディカプリオはいい演技しますな。チャラチャラしたハンサム顔な上にラブロマンス大作とも言える「タイタニック」が有名なせいで、かなり過小評価されている俳優さんだと思う。純粋・幸薄そう・孤独・繊細系の演技をさせたら若手の中では相当な位置にいると信じて疑っておりません。あんまり好きな顔ではないけど。
今回は繊細な部分とどこか少年のような憎めない可愛らしさがとても活かされている、物凄い当たり役に思えました。立派な脇役に囲まれた中で猛烈に輝きを放っています。

追う役であるトム・ハンクス。好きではない俳優ですが今回はかなり控え目演技で気にならない存在だったので良かった(笑)この人が主役の時の演技ってもうどうしようもなく押し付けがましく感じるしハナにつくし、我慢できません。ファンの方ごめんなさい。恐らく役作りが物凄いんでしょうねぇ。いつも作り込みを感じます。80年代のコメディ作品、特に「スプラッシュ」での彼は大好きですが、最近のシリアス路線はちょっと受け付けない。これはもう個人的な好みの問題なのでどうしようもありません。が、今回は本当にジャマに感じなかった(^^ゞ
ところでトム・ハンクス演じるFBI捜査官が何度か発してたジョーク(ノックノック・・・ドアをトントンのくだり)はっきり言ってどこが面白いのか全然わからず・・・。

全体の構成としては上手くまとまってるし軽いメッセージ性も感じられるけど、どうも淡々としすぎていて弱い。物凄い山場もちょっとした山場もなく、するすると進行していく感じ。主人公の飄々とした雰囲気を出すための演出なのかもしれないけど、ちょっとムダも多いように思いました。国家試験合格のタネ明かしはあんなに引っ張るほどのものでもなかったし、結婚相手の女性との心のつながりも全然感じなかった。そういえばこの女性の父親役はマーチン・シーンですが、ウォーケン同様どこかキ○ガイっぽい雰囲気があるいい俳優さんですね~。現実の息子は本当のキチ○イですかな(笑)ウォーケンとは若い頃に「デッドゾーン」でも共演してますね。今回は直接2人同時に出演するシーンがなくて残念でした。

60年代が舞台ですが建物・衣装・音楽など、徹底していて完璧にその世界にのめりこめます。これは凄い。おとぎ話風の映像を狙ってる風にも感じます。家のテレビでくつろぎながら観て楽しめる軽い口当たりの映画でした。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
CATCH ME IF YOU CAN
2002年 アメリカ
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、クリストファー・ウォーケン、マーチン・シーン
[PR]
by bi_ka | 2006-04-05 08:04 | 映画(感想) 
<< ブロークバック・マウンテン バカルー・バンザイの8次元ギャ... >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
お気に入りブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧