ゴロゴロしあたー
ザ・カップ 夢のアンテナ
チベット仏教の修行に励む少年達のありのままの日常を描いた、心温まる映画でした。
僧侶とはいえ同じ普通の人間なんだと思わされたり。出演者はほとんどが本物の僧侶だそうで、映画素人。それがこの映画ではとてもいい効果となっています。

日々の修行の中にも小さな楽しみを見出しつつ、とてもおおらかな環境の中にいる修行僧たち。授業中に先生にバレないようにコソコソ手紙のやり取りをしたり、寮生活で夜中にこっそり抜け出して街に出かけたりといった類の、誰しもが共感するエピソードをとても自然に描いています。本当に私たちと変わらないんだなぁって、ストイックに厳しい修行に励むイメージがガラリと変わりました。

そういう人間らしさを感じる土台が上手く演出されている中に、ストーリーの核となるサッカーのワールドカップという一大イベントを持ってきています。このワールドカップのテレビ中継が楽しみでしょうがない修行僧たち、決勝戦をなんとしてでも見たい思いからあれこれ画策するわけです。
ある種台風のようなものだなーと感じました。非日常というか台風の接近にワクワクドキドキ、ちょっと気分が高揚するけど、通過してしまうと再び平凡な日常。

ダイジェスト的に修行の様子も見せてくれますが、とても荘厳で伝統を感じます。チベット仏教の教えも巧みに盛り込まれていますが、人間の本質的な部分を説いているので全然違和感を感じません。「人はみな物欲や何かしらしがらみがある。それら煩悩を捨て去るには他人を愛することである」宗教の違いを超える根本的な考えだなーなんて、普段宗教には全く関心がない私でもちょっと心に響きました。

映画に出演している僧侶たちは今でも日々の小さな楽しみを感じながら修行に励んでいるんでしょうね。物欲だらけの超ナマケモノの私には想像もできないくらい人間として充実した人生なのかもしれません。

ザ・カップ夢のアンテナ
PHORPA
1999年 ブータン・オーストラリア
監督:ケンツェ・ノルブ
出演:ジャムヤン・ロドゥ、ネテン・チョックリン、ウゲン・トップゲン
[PR]
by bi_ka | 2006-02-05 22:29 | 映画(感想) 
<< ポップコーン・オブ・ゾロ カスピタ!日比谷 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧