ゴロゴロしあたー
イントゥ・ザ・サン
半分諦めかけてたんですが、仕事そっちのけで観てきました!ギリギリ最終日前日の15日木曜日。終わりかけのわりにお客さんは入ってました。根強いファンに支えられる映画って感じがして良いですねー(^^)
そして映画は思ってたより出来が良かった。もっとグダグダのひどいのを期待してたんですが、意外とこじんまりまとまってたし、出演者も粒ぞろい。
典型的セガール映画の日本版って感じでした。親日家のセガールが日本のファンの為に作ってくれた映画なのでしょう。ありがとう、セガール(笑)
期待通りセガールが一方的に強く、最後には結局大暴れして一件落着。これですよこれ。

ストーリーはほぼないに等しい、というか深く考えちゃいけない系です。大筋がなんとなーくあって、あとはあやしげな日本語を駆使する空気の読めないガイジン(セガール)がガイジンの期待するニッポンの風景の中で浮きまくってる姿を楽しむ映画。
これ、一歩間違うと日本人の反感買いまくりになる可能性大ですが、セガールも日本人スタッフもわかった上でやってる空気が伝わってくるので、全然気になりません。むしろ楽しめちゃいます。

ところでセガールのあやしげな日本語、というか大阪弁(十三出身)は実際にはもっと上手なはずなので、今回はわざとあやしく演じてたような気が。鑑賞前にあちこちでセガールの日本語が聞き取れないとか何言ってるかわかんねー!って感想を見かけましたが、思ってたより悪くなかったし。それより入れ墨の彫り師の日本人兄さんの方が早口で何言ってんのかわからんかったよ。

あとヒロイン役のナヤコ。この人はどうやらセガールに抜擢された無名の女性らしい。セガールは何を考えてこの人を起用したのでしょうか。どうしようもない素人演技にくわえ、英語の発音が悪かったのか容姿だけの出演しかさせてもらえなかったのか、全編通して口パク。ひどいっす。ただしこのヘボさ加減と空気の読めない変なセガールのバカップルはお似合いでした。ユビキリゲンマーン♪とか嬉しそうに。今時高校生カップルでももうちょっとマシな付き合いしてると思うけど(笑)

とにかく目だって「ヘン」なところばかりでストーリーもないに等しいんですが、どうでもいいような細かい部分はけっこうこだわってたようでした。小物関係とか小ネタとか。序盤ブルース・リーの燃えよドラゴンのワンシーンを思わせる箇所があったり、ロケ地もなかなかの選択だったり。小ネタの域を超えてるような気がするセガールの実の娘のシーンもあったっけ。
タイトルにもあるサン(太陽)。時々真っ赤に燃える夕日のシーンが直接的・間接的に出てきてたり、ちょっと古き良き時代の映画な雰囲気も。懐かしい仁侠映画の世界。

とにかく日本=太陽の国っていうイメージを好意的に描いてくれてて嬉しかった。日本側の配役にもそれがあらわれてて、やたら豪華なキャスティング。寺尾聰と伊武雅刀は本人的には完成作品を観て「やっちまった・・orz」とガックリきてしまったかもしれませんけど(笑)2人ともやたら重みのある真剣な演技で、この映画では浮いてるんですよね、見事に。セガールとの全くかみ合わない演技が笑えます。でもいいんですよ、出演してるだけで作品の質がグーンと上がってますから。この2人の価値は計り知れない効果をもたらしてると思います・・・思いたい(^^;

ジャンル的にはアクション映画だと思うんですが、アクション自体はわりと少なめでした。途中のチラホラと、ラストの大掛かりなアクション以外はほとんどなかったです。が、やっぱりセガールのアクションは重みがあって品の良いカッコ良さというか様式美を感じるいいものがあります。今回は刀での格闘でしたが、アップを多用しつつテンポある展開。悪役大沢たかおとの対決シーンは美しかったんですが、もうちょっと長かったら良かったなぁ。障子とかお箸とか小道具の使い方もこじゃれてました。

ところで客層は予想通りおじさんが多かったんですが、場内ガサガサ(おつまみ食べてたとか?)する音以外はおしゃべりもなく作品の空気もあって一種けだるい空間でした。ところが最後の方でセガールが大声で「バキヤロー!」と叫んだところでついにどこかのおじさんが「ブブッ!!」と吹いたんです(笑)その途端みんなそれまで我慢してたものがこみあげ、つられていっせいに爆笑。この時凄い一体感を感じてしまった。ああ、みんな同じこと思ってたんやなぁ・・・(笑)
映画館で観ることができて本当に良かった・・・。

有楽町スバル座にて。

イントゥ・ザ・サン
IN TO THE SUN
2005年 アメリカ
監督:ミンク (←誰やねん)
出演:スティーブン・セガール、大沢たかお、寺尾聰、伊武雅刀、山口佳奈子
[PR]
by bi_ka | 2005-12-17 21:03 | 映画(感想) 
<< ALWAYS 三丁目の夕日 胡同文華@銀座コリドー街店 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧