ゴロゴロしあたー
S.W.A.T.
劇場公開時に観たくて逃してた一本。結局レンタルで見たんですが新作料金から安くなるのが早かった(笑)
バイオハザードのミシェル・ロドリゲスが出てるのもあって楽しみにしてたんですが、彼女の良さがいまいち生かされてなかったような。
もともと銃器オタクだというミシェルなだけにさぞカッコいいところを堪能できると思ってたのに、結局は女性としてのサブ的役割でしかなかった。監督のアホー。

作品全体の印象は予想通り大味アメリカ~ンな娯楽映画でした。
しかもけっこう雑な作りで微妙に惜しい。もうちょっと頑張れば良質なアクション映画にもなれたと思うし、逆にもうちょっとハジけてれば愛すべきB級映画にもなれたのに。

敵もスワットもやたらめったら撃ちまくりで、日本人からするとかなり違和感あるんですが、あそこまで突き抜けてると爽快感すら感じてしまいます。
アメリカというお国柄がよくわかる映画だなぁと思ったんですが、現実もあんな感じなんでしょうかね。
日本だと凶悪犯相手に発砲することが許されず殉職していく警察官が後を絶たないわけですが。人命は地球より重いとは言っても、さすがに時と場合によるでしょうよ。この辺の判断力・決断力が日本の官僚たちには欠けてると思う。あと責任感も。

そして冒頭と終盤の戦闘シーンは期待してた通りの特殊部隊ものとして楽しめたんですが、中だるみがひどかった。
訓練シーンも興味深くはあったけど妙に和気藹々と楽しげで、いまいち説得力がないっちゅうか。実際にはあんなぬるい訓練姿勢ではやっていけないはず。
あと、随所にハンディカム風のちょっとザラついた映像が挿入されてました。これってドキュメンタリーぽいものを狙ったのかな?それにしてはセンスなさすぎでジャマなだけっていう印象。

関係ないけどコリン・ファレルはこれから活躍の場が広がるんですかねー。個人的にとーっても気持ち悪くて受付けない顔なので、あんまり見たくない・・・。

S.W.A.T.
2003年 アメリカ
監督:クラーク・ジョンソン
主演:サミュエル・L・ジャクソン、コリン・ファレル、ミシェル・ロドリゲス
[PR]
by bi_ka | 2005-10-05 22:29 | 映画(感想) 
<< ロイズチョコレートプリン ワニの在庫日本一 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧