ゴロゴロしあたー
20世紀少年<最終章>
第一章と二章は劇場で観たけど、最終章はけっきょく劇場まで行けませんでした。
で、今になってやっとレンタルで観た!
ネタバレ含みます↓

劇場公開当時、ともだちの正体が原作と違うとかなんとか噂で聞いてたけど、結局どうなんだろうあの終わり方は。
確かに違うとも言えるし原作通りとも言える。ていうか・・・フクベエが子供の時に本当に死んでた設定になっててショック。
ともだちの正体設定に関して言えば、原作のほうがドラマチックだと思う。映画版は、カツマタ君が少年時代から現在にいたるまでイケメンなのが特にダメ。あのレベルの美少年、完璧に勝ち組でしょうが!

エンドロールの後、バーチャルアトラクション(VA)でケンヂがカツマタ君に会いに過去にいくシーンがあるけど、あれはかなり微妙だと思う。リアルタイムで原作を楽しんできた私としては、VAの設備は本当にバーチャルなだけのツールとして受け取っていたので、映画ラストでさも本当にタイムスリップしたかのような設定になっているのは、それまでの物語を全て否定しているように感じていやだった。
仮にタイムマシンじゃなく単なるバーチャルマシンである設定ならば、なおさら少年カツマタに会いに行く意味がないよ。ケンヂの自己満足にしか見えないあんなシーン入れるなよー。

人間誰しも、過去に戻ってやり直したい苦い体験をしているはずで、本当にやり直してしまうなんて興ざめもいいところ。
色んな体験をして成長していくのが人間なのに、最終章のケンヂは最初から最後まで何がやりたかったんだか、よくわからないヘンな人止まりだった。少年カツマタに会いに行ったのも、決して謝罪したいからじゃなく、自分の為だったんじゃないかね?偽善者め!

そして2章でもっとも輝いていた小泉がまるっきりの脇役、その他大勢になり下がってて残念だった。カンナより目立ってたもんねぇ、さすがに最終章でも主役を食ったらまずいか。
でもボウリングの女王姿ちょっとでいいから見たかったな。

原作の中でもかなり好きなキャラだった万丈目。高須とのあれやこれやもキレイさっぱりカットされてたなぁ。挙句の果てにあの死に様。ロボットに押しつぶされてるのに誰も駆け寄ってくれないという。最後までチンピラレベルの扱いで、けっこう良かった(笑)

あと、撮影時にエキストラを募集していました。http://bika.exblog.jp/9511572/
なるほど、終盤のあのロックコンサートのシーンだったわけですな。早起きがいやとか言ってないで、やっぱり参加しておけばよかった。

[PR]
by bi_ka | 2012-07-26 23:20 | 映画(感想) 
<< まりも● ネイキッド 狩猟解禁 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧