ゴロゴロしあたー
恐竜小僧(ジュラシック・ボーイ)
もんのすごい映画があったもんです。
こんな凄い映画の存在を知らずにいた自分が悲しいくらいの衝撃でした(^^;
深夜映画ってーのは、ある意味期待以上のC級映画に出会えるところが好き。

C級と書いてはみたものの、この「ジュラシック・ボーイ」については栄誉あるZ級の烙印を押してさしあげたい。
案外出会えないもんですよ、Z級なんて。
94年作ってことで、そんなに古い映画でもない。
当時劇場で観た人の反応はどうだったんやろ、って気になって調べたら劇場未公開だったらしい。
やっぱり(笑)

簡単なあらすじ・・・っていうかそんな大層なもの、ほぼないに等しい作品。
主人公は恐竜大好きな10歳くらいのクリフォード少年。
↑この説明だとどこにでもいそうな、ごく普通の男の子って感じですが、これがトンデモナイ!
クソガキという言葉をはるかに超越した、凄まじくむかつく子なんですな。
作品中でもお前は悪魔の子だ、ダミアンだ、などとののしられますが、まさにそう。
いわゆるイタズラっこってやつですが、このイタズラがもはやイタズラの範囲ではない。

ある日父の仕事の為、家族で移動中だったクリフォード一家。
少年のイタズラに困り果てた父は、ほとんど交流のない弟(少年の叔父)にわが子を押し付けて仕事に向かいます。
子供好きの恋人がいる叔父、点数稼ぎにイイかも!なんてホイホイ預かってしまうわけです、悪魔の子を・・・。
そしてここから叔父の人生および人格の崩壊が始まるわけ。

ちなみにダミアンクリフォード君を演じるのはどう見ても40歳は超えたおっさん。
七五三みたいなスーツを着こんで恐竜のおもちゃに話しかける姿は、嫌悪感を感じつつも一見の価値あり?
少年と叔父のノリというか掛け合いは、もしや・・・?と思った通りサタデーナイトライブ出身によるものでした。

観てる間中、奇妙な引き笑いしっぱなし(笑)
一寸先の展開が期待通りの壊れっぷり。いい意味というか悪い意味というか。
この奇妙な空気の漂う感じ、観た人でないとわからない。
観終わった後の居心地の悪さは何物にも代えがたいくらい(笑)
キワモノ映画好きな人は死ぬまでに一度は観ておくべきでしょー。
でも二度は観たくない感じ(´∀`;)

恐竜小僧(ジュラシック・ボーイ)
CLIFFORD
1994年 米
監督:ポール・プラハーティ
主演:マーティン・ショート、チャールズ・グローディン
[PR]
by bi_ka | 2005-01-24 23:43 | 映画(感想) 
<< ふあほあ チロルかくぎりいちご >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧