ゴロゴロしあたー
キャリー
アマゾンのDVDセールで超格安でゲットできました。もちろん新品!
スティーヴン・キング原作の映画化作品の中では5本の指に入る出来。
しかもキングの処女作で映画化デビュー作。
私はもちろん原作を先に読んでから映画を観ましたが、物凄く満足したのを覚えています。
その後の映画化は見事にB級路線に行ってしまうことが多くなってしまったけど。

一応ホラー系のジャンルになるけど、青春ものとしてもよくできています。
デ・パルマ監督のヒッチコック的手腕もあますところなく発揮されていて、ほとんど退屈することもありません。
ショッキングなシーンではサイコのバイオリンもどきのシュイン!って音が入るし、人物じゃなくカメラをグルグル回すところもヒッチゆずり。アップや遠景のショットの切り替え方も影響もろ出し。
スローモーションでの長回しの使い方も非常に上手いです。この辺は黒澤監督の影響?有名なところではアンタッチャブルの階段シーンかな?
映像に関する才能をお持ちのようで、デ・パルマ監督の作品は毎回カメラワークと凝った映像が楽しめます。

当時まだまだ無名だった若手俳優さんがたくさん出ています。
一番の出世頭ジョン・トラボルタがめちゃくちゃ若くてどことなく可愛らしいです。
DVDについていたメイキングでキャスティングのエピソードが語られています。
スターウォーズと合同オーディションが行われたそうです。詳細は語られなかったけど、もしかしたらナンシー・アレンがレイア姫だったのかも?でもそうするとロボ・コップのナンシーは存在しなかったかもですね。

主演のキャリー役シシーは大絶賛される名演技ですが、当時は他に候補の女優さんがいたそうで、誰よりも自分がキャリーにふさわしいと根性で役を勝ち取ったみたいです。
候補女優さんが誰だったのか気になるけど、それを知っても結局シシーでよかったと思えそうです。
意外と見ごたえのある映像特典でした。

キャリー
CARRIE
1976年 アメリカ
監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:シシー・スペイセク、パイパー・ローリー、ナンシー・アレン、ジョン・トラボルタ
[PR]
by bi_ka | 2009-05-31 19:11 | 映画(感想) 
<< すぎのやリピート サフラン柏の葉店 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧