ゴロゴロしあたー
スウィーニー・トッド
b0047061_224461.jpgバートン、デップ、ヘレナボナムカーター。
いよいよマンネリ化してきたのかワンパターン臭がちょっとハナにつき始めたのか、どうも微妙な作品でした。
劇場で観てたらもっと雰囲気出て楽しめたのかなぁ。

徹底したグレイ調の映像は雰囲気がすごくあるんだけど、やりすぎっぽく感じました。
人物以外全部CGかよって思うくらいのところもあって、やや興ざめ。
それに加えて主演の2人、デップとヘレナ。
顔面白塗りしすぎ、爆発ヘアスタイル気になりまくり。ドリフのコントみたいでもう・・・。
スリーピーホロウみたいなのを期待してただけに、残念でした。

ミュージカル映画として特に頑張ってるわけじゃないにしても、もうちょっといい楽曲があっても良かったのではと思う。
デップは思ったより上手く歌ってたし。でも判事役のアラン・リックマンはイマイチだった。
そういえば白塗り度も低めだったっけ。さすがにデップ&ヘレナの突き抜け具合には付き合いきれなかったのか。

残酷描写は一般公開の有名俳優大作ではまぁよくやったと言えるレベル。
カミソリでザックリなんて普通ならカメラをそらすのに、わざわざドアップにまでしちゃったり、色んなテクニックを駆使してザクザクやって楽しんでましたな。
予告編では床屋イスがガクンとひっくり返る仕掛けまでしか映してなかったので、その先のシーンにけっこうしびれてしまった。
まさかあんな地下にまっさかさまとは。脳天からガツーンと何回も何回も。

一番最初にパイが登場した時の演出が一番良かったです。
あんなにマズそうなパイの描き方はそうそうないと思った。
少年が普通にがっついてたのを見てちょっとドキドキしたほどにやばそうなパイだった。
あの少年がキャラとしては一番よかったなぁ。もっと活躍させてあげて欲しかったです。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET
2007年 アメリカ
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン
[PR]
by bi_ka | 2009-04-28 22:21 | 映画(感想) 
<< 4月31日まで!! 金のなる木 >>



映画の感想を書いています。新旧ジャンルを問わず映画大好き。Z級からハリウッド超大作まで(・∀・)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
映画(感想) 
 ├目次・あ行~さ行
 ├目次・た行~は行
 └目次・ま行~わ行
映画(感想以外) 
日記+その他 
おやつ&B級グルメ 
おでかけ&地域&旅行
音楽 
本 
ゲーム 
プロフィール
以前の記事
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
デンジャラス・ラン
from ここなつ映画レビュー
『大脱走』は脱走を描いた..
from 映画のブログ
プルートで朝食を/時代の..
from 映画感想 * FRAGILE
柏最後の映画館
from 増田新の写真日記
アイアンマン 鋼鉄の騎士..
from RISING STEEL
ウルヴァリン:X−MEN..
from RISING STEEL
パンズ・ラビリンス
from RISING STEEL
アバター−映画感想:20..
from デコ親父はいつも減量中
ディープ・ブルー
from こわいものみたさ
岡半 本店
from 食べ歩き.jp
タグ
(106)
(71)
(68)
(52)
(50)
(45)
(44)
(41)
(28)
(26)
(25)
(25)
(21)
(20)
(18)
(16)
(15)
(15)
(13)
(12)
フォロー中のブログ
the borderland 
samuraiの気になる...
怠け者の右手
Dalmatian Do...
小六のB級A画館
ポカリと酒と建築と
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧